無闇に撮ったら厳禁 ドラマ

綾女は西島と男性が話している所に遭遇し、命を狙われていると思い込み、逃げ惑う。それ を追い掛ける西島と男性。加えて、大城にも浮気現場の写メを撮ったため、迫られるが、大 城は実は別の狙いで狙っている。
こたろう 8 2 0 04/30
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人 物
春日綾女(17)新宿高校二年生
西島丈(40)警視庁公安
大城光(17)綾女の友人の彼氏。畑中組構成員
公安の男性

○代々木公園・桜並木前(夜)
   街 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人 物
春日綾女(17)新宿高校二年生
西島丈(40)警視庁公安
大城光(17)綾女の友人の彼氏。畑中組構成員
公安の男性

○代々木公園・桜並木前(夜)
   街灯に照らされる道。
   そよ風が吹き、桜の花びらが散る。
   春日綾女(17)、スマホを桜並木に向ける。
   一枚、撮影する。
綾女「うん、ばっちり、夜桜も綺麗」
   スマホの画面には桜並木と散った花びらが表示されている。
   綾女、嬉しそうにスキップして、道を進む。
   カップルが座るベンチが見える。
   男性は大城光(17)。
   綾女、そのベンチの遠くで足を止める。
   綾女、目を凝らし、
綾女「あいつは…加奈子の彼氏じゃないか?隣の女、誰?」
   綾女、木の後ろに隠れ、スマホをカップルに向ける。ズームさせ、撮影する。
   綾女、撮影した画像を見て、
綾女「加奈子に送信と。悲しむだろうな…」
   綾女の後ろの茂みで忍び声が聞こえる。
   綾女、それに気づき、後ろで振り向く。
  西島丈(40)と男性、険しい表情で向かい合っている。二人は黒いスーツ。
   綾女、木に隠れて、聞き耳を立てる。
西島「そうだ…春日綾女を…れ」
   綾女、耳に手を当て、耳を済ませる。スマホを握りしめる。
綾女「(小声で)なぜ、私の名前が?それにしても聞き取れないわ」
西島「…捕まえ…殺…せ…」
綾女「え?殺される!?」
   綾女、青ざめる。後退りする。
綾女「に、逃げなきゃ」
   綾女、枝を踏み、パキッと音がなる。
   西島と男性、綾女に注目する。
西島「春日綾女!?」
   綾女、涙目になり、後退る。
西島「おい、春日綾女を確保しろ」
男性「おう」
   男性、綾女に走り、詰め寄る。
   西島、走り出す。
   綾女、必死に逃げる。スマホを握りしめながら。

◯代々木八幡商店街・大通り(夜)
   人達が疎らに歩いている。
   綾女、人を避けながら、走る。スマホは握りしめられている。
西島「すいません、通してください」
   西島と男性、人との間を掻い潜り、走っている。
   綾女、振り返り、絶望な表情。足を速める。
   西島、息を切らしながら、
西島「春日綾女、止まれ!」
綾女「誰が止まるか」
   綾女、角を曲がる。

◯同・狭い通路(夜)
   綾女、辺りをキョロキョロと見渡す。
   暗い路地が目に留まる。直様、路地に入る。

◯同・裏路地(夜)
   綾女、トラッシュコンテの後ろに隠くる。スマホを握りしめ、じっとする。

◯同・狭い通路(夜)
   西島と男性、路地前に足を止め、辺りをキョロキョロと見渡す。
西島「ちっ、どこ行った?」

◯同・裏路地(夜)
   綾女、陰から顔を少し出し、息を殺す。

◯同・狭い通路(夜)
   西島、一瞬路地を見る。

◯同・裏路地(夜)
   綾女、顔を隠し、目をぎゅっと瞑り、スマホを握りしめる。

◯同・狭い通路(夜)
   男性、道の先を指差し、
男性「あっちに行ったのかも」
   西島、路地の中と先の道を交互に見る。
西島「あぁ、行くぞ」
   西島と男性、道の先に走っていく。

◯同・裏路地(夜)
   綾女、壁に凭れ、緊張が解かれたように安堵をする。立ち上がり、路地から顔を出し、キョロキョロと見渡す。ゆっくり路地から出る。

◯同・狭い通路(夜)
  綾女、スカートの埃を手で叩く。
  綾女、西島達が向かった先と反対方向に走ろうとする。
大城「やぁ、こんなところでどうしたの?」
   綾女、ビクッと体が跳ねる。素早く後ろを振り向く。
   大城、笑顔で手を振って立っている。
   綾女、安堵する。
綾女「(深く息を吐く)何だ、あんたか」
   だが、綾女、直様真顔になる。
綾女「今はあんたと相手している暇ないの。(手を振って)危ないからどっか行って」
   笑顔のままの大城。
大城「まぁ、そう邪険としないで。君に用事があるんだ」
綾女「わ、私に?」
大城「そう、厳密には君のスマホの方だけどね」
綾女「えっ?」
   綾女、抱えるようにスマホを胸の前でギュッとする。そして、後退る。
   大城、少しづつ迫る。
大城「さっき公園でちかちゃんと居たのを写メ撮ったでしょう?それ消してくれる?」
綾女「ふん、それは聞けないね。ただ、私の親友に送ってからなら、そのお願い聞いてあげてもいいけどね」
   大城、笑顔でゆっくり迫る。
   綾女、後退る。
   大城、ゆっくり迫る。
   綾女、後退る。だが、壁に背がぶつかる。
綾女「し、しまった」
   大城、壁に腕でドンと打ち付ける。
大城「(笑顔で)さぁ、スマホを渡して」
   大城、スマホに手を伸ばす。
   綾女、大城の股間を蹴る。
大城「うっ」
   大城、股間を押さえて、怯む。
   綾女、大城を掻い潜り、走り出す。
綾女「へっ、自業自得だわ」
西島「おい、見つけたぞ」
   西島と男性、走ってくる。
   綾女、驚き、一瞬怯む。
綾女「げっ、グズグズしすぎた所為で見つかった」
   綾女、必死で走る。

◯閑静な道路(夜)
   綾女、息を切らせ、必死で逃げる。後ろを振り返りながら。スマホを手に握る。
   西島と男性、息を切らせ、追い掛ける。
綾女「もう、何で私を狙うのよ」
西島「おい、もう…止まってくれよ…」
綾女「誰が止まるもんか」
西島「無理矢理にも確保してやる」
   男性、足を躓き、転ぶ。
   西島、足を一瞬止めるが、
男性「俺に構うな、早くいけ」
西島「すまん」
   西島、走り出す。
   綾女、角を曲がる。
◯曲がった先の閑静な道路(夜)
   綾女、足を滑らし、地面に倒れ込む。表情を歪む。
西島の声「おい、待てよ」
   綾女、角を見つめる。
綾女「ま、まずい…」
   綾女、立ち上がろうとするが、膝を押さえる。膝は血で滲んでいる。痛みを我慢しながら、立ち上がり、足を引き摺り歩く。
   足音が近づいてくる。
   綾女、焦る顔。目を瞑る。だが、路地の中から手が伸び、綾女の腕を掴む。
   綾女は引き込まれる。
   西島、角を曲がってくる。
西島「逃さねえ…ぞ…」
   通路には誰もいない。
   西島、足を止める。
西島「足が速い奴め」
   西島、走り出す。
◯同・狭い路地(夜)
   暗闇にしゃがむ大城と綾女。綾女の手を握る大城。通過する西島。
大城「行ったみたいだな」
   綾女、手を払い除け、後退る。スマホを胸の前で握る。
綾女「お礼は言わないわ」
大城「(笑顔で)ははは、助けた訳ではない
から」
  大城、近づき、スマホに手を伸ばす。  
大城「邪魔者は居なくなった」
   綾女、後退る。
綾女「あんた、しつこいね。あの写メは消させないわ」
大城「あの写メに用はない。まぁお前は抵抗せず、早く渡せ。今なら命だけは取らないでおこう」
綾女「は?何を言って?」
   大城、手を伸ばすが、西島に手を掴まれる。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。