考古学のストーリー ファンタジー

遺跡を発掘するたびに、ストーリが始まる。
荻野潤一 64 0 0 03/19
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

私は、遺跡を発掘した
この遺跡は、思い出がある。

遺跡には、作られた経緯や、飯を作っていた。
不思議な思い出が噴出した。

遺跡には、空中の浮いてるのや、海底遺跡があ ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

私は、遺跡を発掘した
この遺跡は、思い出がある。

遺跡には、作られた経緯や、飯を作っていた。
不思議な思い出が噴出した。

遺跡には、空中の浮いてるのや、海底遺跡がある。
地上にも、遺跡がある。

写真が出てきて、遺跡が出てくる。
私はタイムスリップした。

その遺跡に、SFが降り注いだ。
私は、杖をつきながら、遺跡を見つけた。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。