超絶人気アイドルと俺の日常は、おにぎりがにぎりたくって仕方がない! 日常

【あらすじ】 坂本章は学生でアイドルのプロデューサー兼マネージャー。佐倉菜花は超絶人気アイドルの山吹さくら。2人は恋人同士。 6月18日、深夜。近所のスーパーにて。 気まぐれにお弁当を作ると言い出したさくら。 坂本は早くお家に帰りたい。キスがしたいからだ。 さくらだってキスがしたい。 だが、さくらはどうしても愛情たっぷりのお弁当を作りたい。 そこで坂本も巻き込んでお弁当のおかずを決めることに。 坂本は、ポスターを見て咄嗟に『おにぎり』を提案した。
世界三大◯◯ 108 0 0 09/02
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

【人物一覧表】
主人公
坂本 章(18)……学生・アイドルのプロデューサー兼マネージャー

佐倉 菜花(18)……超絶人気アイドル・坂本の恋人

【本編】

◯近所 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

【人物一覧表】
主人公
坂本 章(18)……学生・アイドルのプロデューサー兼マネージャー

佐倉 菜花(18)……超絶人気アイドル・坂本の恋人

【本編】

◯近所のスーパー・食品売り場(6月18日・深夜)

(ナ)「おやおや、お2人さん。こんな遅くにお買い物ですか?」

   人もまばらで閑散としている。
   さくら、食材をあれこれと選ぶ。
   それを見て腕を組み指をトントンとしている、坂本。

坂本「さくら、まだなの?」
さくら「坂本くん。そんなに急かさないでよっ」
坂本「いい加減決めなよ!」
さくら「そんなに簡単に言わないでよ。どれも美味しそうだから悩むのよ」
坂本「お弁当なんて作んなくてもいいじゃん。時間がもったいないよ」

   さくら、身体をのけぞらせながら、

さくら「(大声で)なっ、なんてことを言うの!」
坂本「(けむたそうにして)おっ、大袈裟だよ。そんなにしなくても!」
さくら「いいえ。これは由々しき事態よ、坂本くん!」
坂本「どっ、どうしてさ……。」
さくら「いい? お弁当には愛情がたっぷりなわけ。分かる?」
坂本「まぁ、なんとなくは、分かるよ……。」
さくら「だったら、お弁当を買うってどう言うことよ?」
坂本「美味しいってことだろう?」
さくら「(大声で叫ぶように)ちがーう! 今、すごい失礼なこと言ったよ!」

   言いながら身体を固くして縦に伸ばす、さくら。
   服の中でぷるんと揺れるさくらの胸。
   坂本、身を退け反らせながらもしっかりとさくらの胸を見ながら、

坂本「ごめん、冗談。さくらの手作り弁当も美味しいよ!」
さくら「ふむふむ。美味しいだけ? 他に感じることはない?」

   坂本、左掌を右拳でポンと叩きながら、

坂本「あー、それが愛情ってことか!」
さくら「(あきれて)もう。気付くのが遅いわよ!」
坂本「(頭を掻きながら)ごめんごめん」

   腕を組む、さくら。

さくら「ったく。人が折角、愛情たっぷりのお弁当を作ろうってのに」
坂本「(しょぼくれて)俺は早く家に帰ってキスがしたかっただけなのに……。」
さくら「(バツが悪そうに)そっ……そうだったの。それは、そうかも……。」

   坂本、元気を取り戻す。

坂本「(どや顔で)だろう? だから早く帰ろうよ!」
さくら「だったら、坂本くんも協力して!」
坂本「(驚いて)えっ?」
さくら「どんなお弁当がいいか、アイデア出してよ!」
坂本「それは……ネタバレしちゃうやつじゃん」

   腰に手をまわす、さくら。

さくら「いいじゃないのそれくらい!」
坂本「えーっ。お弁当箱を開ける瞬間が楽しみじゃなくなっちゃうよ」

   腰から上を曲げ身を乗り出すような姿勢になる、さくら。
   さくら、右手人差し指を立てて坂本に向けて振りながら、

さくら「つべこべ言わないの! 早くキスがしたいんでしょう!」
坂本「うっ、うん。ん、あれ!」

(ナ)「坂本くん、何かを見つけたようですね」

   ポスターに気付く、坂本。
   ポスターには『6月18日はおにぎりの日!』とある。

坂本「おにぎりの日! そうだよ、おにぎりにしよう!」
さくら「えっ、いいの? そんな簡単なので」
坂本「だって、今日はおにぎりの日だっていうから」
さくら「じゃあ、それにしましょう」

(ナ)「なるほど。どうやら2人でおにぎりをにぎることになったようですね」

   2人、食品売り場をまわる。

さくら「坂本くん。具は何が好き?」

   坂本、腕を組んで、

坂本「そうだな。塩、かな」

   坂本の方に振り返る、さくら。

さくら「何よ、それ!」
坂本「だって、美味しいじゃん!」
さくら「分かるけど。折角だからもっといいのにしようよ」
坂本「(考え込んで)そうだなぁ。じゃあ、鮭かな!」
さくら「うんうん。他は?」
坂本「(考え込んで)海老天?」
さくら「それだと、別のものになっちゃうわ」
坂本「いいじゃんか。天むすもおにぎりのうちじゃない?」
さくら「そうかな。『むす』だから、おむすびなんじゃない?」
坂本「えっ? そもそもおにぎりとおむすびって同じじゃん!」
さくら「違うわよっ! おむすびの日だってあるんだから!」
坂本「(えらく驚いて)マジか! 別にあるんだ……。」

   スマホをいじる、さくら。
   さくら、画面を坂本に見せながら、

さくら「そうよ。ちなみに天むすの日もあるわ! ほらっ」
坂本「(白目で)そんな……バカな……。」

(ナ)「日本の食文化、奥が深いですね」

◯佐倉のホテル・キッチン(夜)

   テーブルの上には食材が並ぶ。
   手前左から鮭の切り身、ツナ缶、マヨネーズ。
   奥左から鰹節、醤油、塩、梅干し、のり。

さくら「今日は鮭を焼いて、ツナマヨを和えるところまで」
坂本「うん。明日にはささっとにぎってお出かけだね」

   腰に手を当てる、さくら。

さくら「(どや顔で)あゆまりお姉さんとあの子さんの分も作るわ」
坂本「(笑顔で)そうだね。俺もロールケーキ作ろうかな」
さくら「(顔を引きつらせて)やめて! 社長までついてきちゃうわ」
坂本「本当だ。それは、それだけは避けたいっ!」

   腕を組む、さくら。

さくら「でしょう。だからロールケーキはなしよ」
坂本「分かった。けどさくら、俺、とんでもないことに気付いちゃった!」
さくら「(怯えながら)なっ、何よ……。」
坂本「明日って、おにぎりの日じゃないよね……。」

   さくら、固まって、

さくら「(驚きを隠せないと言った表情で)なっ……。」
(ナ)「2人は、今日も平和のようですね」

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。