時の鐘 コメディ

江戸時代、鐘撞役人たちは 南蛮由来のからくり時計が町民を惑わしていることを知る このままで自分たちの仕事がなくなると、恐れた役人たちは……
ノラ 76 0 0 10/03
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

登場人物

清次郎 (35) 鐘撞役人
平蔵 (32) 鐘撞役人
からくり右左衛門 からくり技師
托鉢僧
住職

○日本橋石町・右左衛門の家・前
   ぼろ長屋の ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

登場人物

清次郎 (35) 鐘撞役人
平蔵 (32) 鐘撞役人
からくり右左衛門 からくり技師
托鉢僧
住職

○日本橋石町・右左衛門の家・前
   ぼろ長屋の前にたくさんの人だかり。
   町民の目の先には、からくり時計。
   右左衛門、自慢げに時計を披露。
   からくり時計の針が牛の刻を指す。
   町に響く鐘の音。
   
○同・時の鐘・中
   矢倉の上で鐘を叩く清次郎(35)
   隣にいる平蔵(32)

○同・右左衛門の家・前
   町に響いている鐘の音。
   からくり時計の下についている箱が開かれ、
   小さな鐘撞き人形が出てくる。
   鐘撞き人形は鐘の音に合わせ、鐘を撞く。
   高まる歓声、唸る声。

○同・時の鐘・前
   木造りの鐘楼前。
   清次郎と平蔵が腰かけている。
清次郎「まったく腹立つねぇ」
平蔵「何がだい?」
清次郎「からくり右左衛門の野郎だよ」
平蔵「ああ」
清次郎「南蛮時計を是見よがしに、ひけらかしやがって……」
平蔵「俺らも使ってんだろ」
   平蔵は懐から懐中時計を出す。
平蔵「こいつはピタリと時を教えてくれるし、近頃は俺らも重宝してるじゃねぇか」
   バツの悪そうな清次郎。
清次郎「そ、そうじゃねぇ。あいつぁからくり時計で町民を惑わしてやがんのさ」
平蔵「そうかねぇ。なかなかのからくり細工だったぜ。右左衛門の腕もたいしたもんだ」
清次郎「おめぇなぁ」
平蔵「いやいや、ありゃ良く出来てる」
清次郎「いいか、良く考えてみろ」
平蔵「?」
清次郎「町民たちが時計なんてもんに現を抜かし始めたら、俺たちゃどうなる?」
平蔵「……」
清次郎「どいつもこいつも時計を持っちまったら……俺たちゃどうなる?」
平蔵「お祓い箱だ!」
清次郎「そうだ」
平蔵「そりゃ困る!」
清次郎「そうだろ?」
平蔵「どうしよう……」
清次郎「鐘撞きが本当の金尽きになっちまう」
平蔵「はは、うまいこと言う」
清次郎「笑い事じゃねぇんだよ」
平蔵「でも、どうすんだい?」
清次郎「あの如何わしいからくり時計をぶっ壊しちまうんだよ」
平蔵「そんな事やったら、町民から袋叩きだ」
清次郎「じゃあ黙って、餓死するかい?」
   平蔵、少し考えて
平蔵「やっぱ駄目だ。おっかねぇ」
   平蔵、走り去る。
清次郎「おい!」
   鐘撞き役人がやってくる。
役人「おい、交代だ」
   清次郎の顔は険しい。

○同・一石橋
   平蔵、川を見ながら、考え事をしている。川に石を投げる平蔵。
   橋の近くを見ると、托鉢僧が立っている。

○同・道~右左衛門の家
   思いつめた様子で、道を歩く清次郎。
   清次郎、右左衛門の家の前まで来る。
   清次郎の懐には金槌。
清次郎「いるかい?」
   右左衛門が出てくる。
右左衛門「なんだ、鐘次郎じゃないか」
   清次郎は無言で右左衛門を見つめる。

○同・一石橋
   念仏を唱えている托鉢僧。
   托鉢僧の隣に座っている平蔵。
平蔵「……つう、わけなんだよ」
   念仏を唱え続けている托鉢僧。
平蔵「壊しちまった方がいいのかね?」
   平蔵を無視して念仏を唱える托鉢僧。
平蔵「俺、この先どうなっちまうんだろう?」
   托鉢僧は念仏を唱えているだけ。
平蔵「あんた無口だねぇ」
   托鉢僧、お辞儀をして、念仏を終える。

○同・右左衛門の家・中
   右左衛門と清次郎がいる。
   清次郎、険しい顔でからくり時計を見ている。
清次郎「で、鐘撞き人形はいつ出てくるんでぇ?」
右左衛門は笑いだす。
右左衛門「大方、そんな事だろうとは思った」
   ドキっとする清次郎。
清次郎「な、何がだい?」
右左衛門「これを壊しにきたんだろ?」
清次郎「ま、まさか」
   清次郎は声が裏返る。
右左衛門「いいだろう」
   清次郎、きょとんとした顔。
右左衛門「ただし、六ツ刻まで待てよ」

○同・玉円寺・本堂・中
   住職と平蔵がいる。
平蔵「俺ぁどうしたらいいんですかねぇ?」
住職「世は諸行無常、これは生滅の法でございます」
平蔵「俺には難しい事は、さっぱり」
住職「物事に永遠などはなく、ただ一切は移りゆくのみという事です……」
平蔵「じゃあ、どうしょうもねぇって事?」
住職「古きは去り、新しきを迎える、それが世の常……」
平蔵「古きは、黙って死ねって事かい?」
   平蔵の悲しい顔。

○同・右左衛門の家・前(夕)
   集まる町民たち。
   その目線の先には、清次郎と右左衛門、
   そしてからくり時計がある。
   清次郎は右左衛門に耳打ちをする。
清次郎「本当に壊しちまっていいのかい?」
右左衛門「披露し終わったらな」
   清次郎、悪い笑み。光る金槌。
町民A「おい、まだかー?」
   町民のヤジが飛ぶ。
右左衛門「今しばらく。その前にちょっと」
   町民がざわつく。
右左衛門「ここに居られるのは、鐘次郎くん。
 日頃より、この日本橋に時を知らせてくれる、天下の鐘撞き人その人!」
   清次郎、怪訝な顔で右左衛門を見る。
右左衛門「このからくりには、一つ本物には及ばないものがございます。それは何か?」
   首をかしげる町民たち。
右左衛門「それは鐘の音色でございます」
   おとなしく聞いている町民と清次郎。
右左衛門「あのような天上の音色は、いくら私でも作る事が出来ない!」
   目を丸くして驚く清次郎。
右左衛門「彼の撞く鐘の音こそが、この鐘撞き人形に命を与えている!」
   呆然の清次郎。
右左衛門「彼あってのからくり時計!」
   歓声に沸く町民。
町民A「そうだ、いいぞ。鐘次郎!」
町民B「おめぇがいなきゃ、始まらねぇ!」
町民C「よっ、鐘撞き屋鐘次郎っ!」
   清次郎への声援。
   照れるが、まんざらでもない清次郎。
   夕焼けに染まる町。
   からくり時計が酉の刻を指す。
   鐘の音が響く。
   からくり時計の下箱が開かれ、小さな鐘撞き人形が出てくる。
   鐘撞き人形は鐘の音に合わせ、鐘を撞
   く。
   大喜びの町民。
   右左衛門は笑って清次郎を見る。
   清次郎も少し微笑む。
右左衛門「このからくりは、おめぇさんを見
 て作ったんだ」
清次郎「わ、悪い気はしねぇな……」
   笑う清次郎と右左衛門。
   鐘を撞く、からくり人形。
   日本橋に響く鐘の音。
   からくり人形に振りかざされる金槌。
   金槌が何度も振り下ろされる。
   音をたてて破壊される、からくり時計。
   固まる右左衛門、清次郎、町民。
   金槌を振り下ろしたのは平蔵。
平蔵「黙って死ねるか!」
   平蔵は興奮している。
平蔵「へへ、やったぞ」
   平蔵は笑って、清次郎を見る。
   怒った町民たちが、罵声を浴びせなが    
   ら、平蔵を袋叩きにする。
   右左衛門は固まったまま動かない。
平蔵「た、たすけてくれ」
   平蔵は清次郎に助けを求める。
   清次郎、ハッと我に返り、町民に混じって平蔵を殴る蹴る。
   わけがわからない様子の平蔵。
   日が暮れていく日本橋。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。