連載中【長編】ツボミ ドラマ

環境が変わったふたりの少女が もがいて苦しんで親友になっていく青春学園ドラマです。
凛音 38 0 0 01/28
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

■登場人物
笹原 矢恵(17)……ロングヘアーの病弱的な青白さを持つ、心を閉ざした一匹狼。
佐倉 瑠美(17)……アイドル級のかわいらしさを持つ、素直で純粋かつ友達想い。
...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

■登場人物
笹原 矢恵(17)……ロングヘアーの病弱的な青白さを持つ、心を閉ざした一匹狼。
佐倉 瑠美(17)……アイドル級のかわいらしさを持つ、素直で純粋かつ友達想い。
速水 千鶴(17)……瑠美の友達、グループのやさしいお姉さん的存在。
長谷 砂雪(17)……瑠美の友達、少しおっちょこちょいのムードメーカー的存在。
笹原 静江(49)……矢恵の叔母、一人息子を溺愛中。
笹原 稔(23)……静江の息子、矢恵の従兄。
中木 涼平(故10)……矢恵の兄、やさしく温厚で、妹想い。

〇 青空
ナレーション「あたしたち、大きくなっても、お友達でいよーねっ」
ナレーション「ずっと、ずーっと一緒に……」
ナレーション「るみちゃん」
  ツボミのままの花、中央に咲いている。

〇 真っ暗
  大人女性のシルエットのみ、映し出す。
ナレーション「……さようなら」
ナレーション「あなたのせいで、私は……」
ナレーション「えっ?」
ナレーション「さようなら」
  大人女性のシルエット、徐々に消えていく。
ナレーション「ま、待ってよ、ねぇ、お願い。待ってよぉ!!!」
  ツボミ、中央で赤く染まっている。

タイトル「ツボミ」

〇 自室(現在)
  顔が青ざめた感じで勢い良く起き上がる高校2年生の少女・矢恵(17)。
  身体を両手で抑えながら、
矢恵「はぁ、はぁ、はぁ……」
  カーテンから朝の光が差しむ。
矢恵「夢……か」
  ベッドの隣に置いてあるデジタル時計をちらっと見る、矢恵。
時刻「6時50分」
矢恵「……」

〇 リビング
  制服姿の矢恵以外、誰もいない。
  テーブルの上に、1枚の紙とラップがかかった状態の軽食(パン1個とか、サラダとパン1個とか)が置かれている。
  矢恵、その手紙を片手で取り、無表情で見つめる。
手紙「今日も遅くなります。 余計なことしないように 静江」
  少し間をとった後、手紙をグシャっとし、そのままゴミ箱に捨てる、矢恵。
  矢恵、鞄を持ち出ていく。

〇 教室
  生徒が続々と入ってきては、挨拶を交わす。
瑠美「おはよー」
千鶴「あっ、おはよー」
  足音が聞こえ、むぎゅーと後ろから瑠美を抱きしめる。
瑠美「きゃあっ!」
砂雪「おはよ、瑠美♡」
瑠美「さ、さっちゃん……」
千鶴「もう、砂雪! 朝から何やってるのよ」
砂雪「ごめんごめん。今日の瑠美の後ろ姿もかわいいなぁって思ってさ」
  砂雪、瑠美から離れる。
瑠美「そんなことないよぉ~……」
砂雪「あははっ。あ、それより今日から転校生がくるみたいだね」
瑠美「えっ、ウチのクラスに?」
砂雪「うん」
千鶴「なんで、知ってるの?」
砂雪「昨日の帰り、たまたま先生たちが話してるのを聞いちゃったの」
瑠美「そうなんだ。男の子? 女の子?」
砂雪「なんとか、ヤエさんらしいから、女かな?」
瑠美「……ヤエ?」
千鶴「ん、知ってる子?」
瑠美「いや、たぶん知らない子だと思うけど……」
瑠美M「小さい頃、仲良かった子とおんなじ名前……元気にしてるかな?」
ナレーション「ガラッ」
  教室のドアが開き、担任の先生が入ってくる。
先生「さあ、ホームルームはじめるぞ!」
生徒たち「はーい」
  返事しながら、自席に戻る生徒たち。
  全員が座ったタイミングで、
先生「起立!」
  生徒、立ち上がる。全員立ち上がったタイミングで
先生「礼!」
  生徒、マチマチにお辞儀をする。
先生「着席」
  生徒、マチマチに着席。
先生「えー、家庭の事情で、今日からこのクラスに新しい仲間がやってきたぞ。今から、紹介するからみんな、仲良くするように。では! 笹原、どうぞ」
ナレーション「ガラッ」
 ストレートロングヘアーの黒髪で、
  全体的に痩せていて病弱そうな白さの笹原矢恵、入ってくる。
 先生の隣に立つが、軽くうつむいている矢恵。
先生「笹原矢恵さんだ。自己紹介を頼む」
  矢恵、目線はみんなを見ていない。
  どこか遠いところ見ている。
矢恵「あ、はい。……笹原です」
先生「ん、それだけか?」
矢恵「……はい」
先生「そうか。まあ、緊張もしてるだろうし、いいだろう。では、笹原の席は……佐倉の前が空いてるからそこで。佐倉、仲良くしてあげろよ」
瑠美「あ、はい……」
  矢恵、言われた席に向かうが、瑠美の顔を間近でみて、足が止まる。
矢恵「……え?」
瑠美「ん?」
矢恵「あ、あなた。佐倉さんって言ったわね。もしかして瑠美……ちゃん?」
瑠美「そうだけど、なんでわたしの名前を……って、矢恵ちゃん!?」
矢恵「やっぱり、そうなんだ。雰囲気変わってなかったから……すぐわかったわ」
瑠美「わあっ!!  わたしは全然わからなかったよぉ。でも、あのときの矢恵ちゃんなんだね!」
矢恵「え、ええ……」
瑠美「しかも、同じクラスになれてうれしい!! これからよろしくね」
矢恵「こ、こちらこそ」
  瑠美、握手を求める。
  矢恵、瑠美の手を握ろうとするが、
矢恵「……っ!」
  瑠美の手を握らず、席に着く矢恵。
  以降、後ろを振り向かない矢恵。
瑠美「え?」
瑠美の心の声「って、あれっ。笹原さん? 」
チャイムが鳴る。

〇 教室(お昼休み)
   瑠美、前に座っている矢恵の肩をたたこうとするが、矢恵スーっと立ち上がる。
瑠美「矢恵ちゃん! 良かったら一緒に……」
矢恵「ごめんなさい。行くところあるんで」
  矢恵、カバンを持って教室を出ていく。
瑠美「えっ」
  千鶴と砂雪、不思議そうに顔を見合わせる。
  瑠美、下を向いて落ち込む。

〇 屋上
  矢恵、音楽を聴きながら、ぼーっと外を見ている。
  矢恵、座っている。

〇 車中(過去)
  運転席に大人男性、助手席に大人女性。
  後部座席に男女の子どもが座っている。
  後部座席の男女の子ども、流れている曲を楽しそうに歌っている。
涼平「ボク、この曲すっごい好きなんだっ!」
矢恵「あたしも~!」
涼平・矢恵「やさしさと~♪」
  運転席と助手席の父母、その姿を見てニッコリ微笑んでいる。

〇 真っ暗(過去)
ナレーション「ドンッ!!!」
  救急車の音、鳴り響く。
ナレーション「あなたのせいよ……」

〇 屋上(現在)
矢恵「……っ!」
慌てて、イヤフォンを取る矢恵。

〇 教室(夕方)
ナレーション「ガラッ」
  先生、入ってくる。
先生「ホームルームはじめるぞ。みんな、座れー」
生徒たち「はーい」
  先生の後ろから矢恵が現れ、自席に座る。
瑠美「あっ」
  矢恵、後ろは振り返らず。
瑠美「……」
  ×    ×    ×
  矢恵、鞄を持ち、立ち上がる。
瑠美「あ、あのっ!」
  矢恵、気づかない振りをして教室を出ようとする。
瑠美「ちょっと待って!」
  瑠美、矢恵の腕をつかむ。
矢恵「……っ!!」
  矢恵、瑠美の手を払う。
瑠美「えっ?」
矢恵「触らないで!」
瑠美「ご、ごめん」
矢恵「……お願いだから、あたしにかかわらないで」
瑠美「でも!」
矢恵「もう昔のあたしじゃないの」
瑠美「矢恵ちゃん……?」
矢恵「ごめんなさい」
  矢恵、瑠美の目を見ず、走って教室を出る。
  瑠美、矢恵の後ろ姿を悲しそうな表情で見るだけでその場から動けず。
  千鶴と砂雪もふたりの様子を困惑そうに見ている。

〇 住宅街(夕方)
  矢恵、電信柱に支えられながら息を整える。
ナレーション「ブルブル~♪」
  矢恵の携帯が鳴り、鞄から携帯を取る。
着信画面「親戚の兄」
矢恵「……はい」

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。