忘レ者 恋愛

シナリオセンターで提出した課題作品です。 元々は小説で書いている物を実験でシナリオ化しました。 テーマは「失恋」 主人公のもとに10年後の相手に送れる「はぁとふるレター」が届いたことから始まります。
薄明 4 0 0 12/25
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人物

森稔(33)(23)靴屋店長、アルバイト
東雲(石川)藍子(30)(20)主婦、大学生
早川みずほ(38)靴屋店長
森小絵(68)稔の母親
進奏美(21)靴屋ア ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人物

森稔(33)(23)靴屋店長、アルバイト
東雲(石川)藍子(30)(20)主婦、大学生
早川みずほ(38)靴屋店長
森小絵(68)稔の母親
進奏美(21)靴屋アルバイト




○靴屋・店内(夜)

蛍の光が鳴る中、店内をモップ掛けする森稔(33)。

(携帯の着信音)
携帯画面には「母親」の文字。

森「もしもし母さん?」

小絵の声「もしもし稔?今仕事中かい?」

森「ああ、そーだね。もうじき閉店時間だから、締め作業してるだけだから、大丈夫だよ」

小絵の声「そう?」

森「で、どうしたの?」

小絵の声「ああ〜最近帰って来ないから、次はいつ帰ってくんのかなって?」

森「帰ってくんのかなって・・母さん、俺のアパートから実家まで車30分も離れてないのに、そんな頻繁に」

小絵の声「そうだけど、お父さん死んでから家に一人やろ?退屈でなんよ」

森、モップ掛けする手を止めて箱積みされた婦人用スニーカーを見つめる。

森「靴大分くたびれてない?今度新しいやつ持ってくがてら帰るよ」

小絵の声「本当かい?じゃあまたいつ来るかわかったら、ラインして頂戴?」

森「うん、わかった。じゃあ切るよ?」

小絵「ああ待って待って、今日、あんた宛に手紙が来てたよ?なんか〜石川藍子さんって人から」

森「・・・・え?」

森、その場に佇む。

○森家・リビング

森小絵(68)がテレビを見ている。
リビングの扉が開き、森が入ってくる。

小絵「おかえり」

森「ただいま」

ローテーブル上には大あんまきが乗せられた皿と、すぐ側には封筒が置かれている。

森「あ、俺の好きな大あんまき用意してくれたんだ、ありがと。それ?俺に届いた手紙って?」

森、手紙から目が離せなくなる。

小絵「そうそう、こっちにあんた宛の郵便が届くなんて珍しいし、どっかで見覚えのある名前だな〜って」

小絵、森に封筒を手渡す。

森、封筒の石川藍子の名前と『はぁとふるレター』の文字を見つめる。

森N「それは、僕が昔に置いてきた苦しい記憶の端くれだった」

○靴屋・店内(夕)

バックヤードから進奏美(21)が出てくる。

奏美「じゃあ店長、休憩行ってきます」

森「今日暇だから、いつもよりゆっくりしてきていいよ」

奏美「やった!店長、いくら暇だからってサボらないでくださいね?」

森「わかってるよ。ほらほら行ってらっしゃい」
奏美、店を出て行く。


× × ×


ガランとした店内。
森、カウンター内でパソコンで作業している。

森「はぁ〜終わった・・・」

森、ガランとした店内を見渡しながらポケットに手を突っ込む。

森、ポケットから手紙を取り出して、カウンターに置く。

森(33)N「石川藍子。彼女に初めて会った時、俺は直感でこの人と付き合うのだと確信した」


(時計の音)

○(回想)同・店内

T 10年前
レジカウンター内に早川みずほ(38)、カウンターにもたれ掛かるように森稔(23)、石川藍子(20)が楽しげに談笑している。

みずほ「あんたら今度の休み、せっかく休み合わせてるんやから、どっか行きや?」

森「そのつもりなんですけど、まだどこがいいか悩んでて」

みずほ「藍子さんの行きたい場所に連れてってあげるやわ」

藍子(20)「私は・・どこでもいいですよ?稔さんと一緒なら」

森「も〜どこでもいいは一番悩むって〜・・・」

みずほ「ほんなら、明治村行くやわ?あそこで『はぁとふるレター』っていう10年後の未来に手紙出せるのがあるで、お互いになんか手紙出してくるやわ」

森N「当時、付き合って1年という節目をどう過ごすか悩んでいた僕らは店長の勧め通り、明治村に行くことにした」

○(回想)博物館明治村・宇治山田郵便局舎内

ゆっくりと時を刻む古時計。
机の上に置かれた二枚のはあとふるレター。

森・藍子、横並びで同じ姿勢で悩んでいる。
藍子の髪にはスターチスの髪飾りが付いている。

森「なんか実際書くってなると、悩むよな」

藍子「そうだね。未来、それも10年後のことだもんね」

森「10年後かぁ、俺らどうしてるかな?」

藍子、目を丸くして森をジッと見る。
照れる森。

森「・・うん。決めた」

森、便箋にペンを走らせる。

藍子「え、なに?」

藍子、隙間から覗き込もうとする。

森「見るなよー、10年後!」

藍子「いいじゃん、ケチッ」

戯れ合う森と藍子。

森N「二人の関係はいつまでも続くんだと夢みたいなことを思っていた。その一年後、俺たち別れた」

○靴屋・店内(夕)

便箋を恐る恐る開く森。

森「俺の知らない彼女の気持ちがここに残されてるのか・・」

森、(文)を目で追って行く。
次第に震えだす便箋を握る手、目が赤くなってくる。

森「藍子・・すげぇな・・全部お見通しじゃん」

店の入り口で森を見つめる水玉の白いワンピースを着た東雲藍子(30)がえくぼを作り、立っている。
藍子(30)が森に近づいてくる。

藍子「すいません。ヒールが折れてしまって、靴を見立てて欲しいんですが」

藍子、思わせ振りに笑う。

× × ×

藍子、椅子に座り、森が選んだ靴を
試着している。

森「そのワンピースにはこの白のパンプスがお似合いかと思います」

藍子「じゃあこれにします」

× × ×

レジで会計をする藍子。
足には新品の白いパンプス。

藍子「気に入りました、ありがとうございます」
森「喜んでもらえて何よりです」

藍子「昔とちっとも変わってなくて、安心しました。最後に会えて良かった」

森「ん?」

藍子、首を振り店を出て行く。
森、藍子の後ろ姿を見送りながら、アイビーの髪飾りに目を奪われる。

奏美、藍子と入れ替わりで店に入ってくる。

奏美「休憩ありがとうございまーす。店長、今のお客さん綺麗な方でしたね」

森「本当、優しげで素敵だよな。また来て欲しいな」

奏美「へいへい、独身男の黄昏ですね」

森「うるさいよ。ほら、早くエプロンしてきて。棚替えするから」

奏美「えー!」

○森の車・車内(夜)

虚ろな目で遠くを見ながら運転する森。

森、脳裏に手紙の文面が過ぎる。

藍子N「稔へ。未来の稔のそばには誰が居ますか?私は居ますか?私ね、思うの。たぶん、未来の稔のそばには私は居ない気がする。嫌だけど。稔、短気で意地っ張りだから、喧嘩は絶えないし。でも、もし未来で再会できたらもう一度私の名前を呼んでほしい。私は稔のこと、ずっと待ってるはずだから。私の名前はあなたの声で呼ばれたんだからね?」

○(回想)靴屋・店内

藍子(33)の後ろ姿、アイビーの髪飾りが揺れる。

森N「いつも付けてるその髪飾りの花って何?」

藍子「これはね、スターチス。いつまでも変わらない心って花言葉なの」

○森の車・車内(夜)

森、ハンドルを強く握り、ゆっくりブレーキをかける。

携帯の画面をジッと見つめる森。

森「待ってくれるんじゃなかったのかよ・・・、なんで俺・・もっと藍子のこと大事にできなかったんだろう」

森、ハンドルを強く叩く。

(雨の音)

森、咽び泣く。

森「藍子・・」

森N「アイビーの花言葉、結婚・永遠の愛。
時間はいつだって残酷だ。気づいた時にはもう追いつけないくらい僕らを引き離す」

(カーナビの時計の日を跨ぐ音)

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。