サンタさんがいつまで経っても「金と権力」をプレゼントしてくれやしない ドラマ

「サンタさんへ ことしのクリスマスは、ぼくに『かねとけんりょく』をください。」 この物語は、幼少期よりそう願い続けた男・吉野恵楠(えっくす)の50年の半生である。
マヤマ 山本 44 1 0 12/01
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

<登場人物>
吉野 恵楠(7)(57)小学生~サッカー選手~総理大臣
川口 真澄(16)(58)吉野の恋人、妻
吉野 未知子(27)(43)吉野の母
小平 天馬(27)(4 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

<登場人物>
吉野 恵楠(7)(57)小学生~サッカー選手~総理大臣
川口 真澄(16)(58)吉野の恋人、妻
吉野 未知子(27)(43)吉野の母
小平 天馬(27)(43)吉野の父
吉野 讃汰(3)(37)吉野の息子、秘書
中神 秀(12)(15)吉野の同級生
城山   (12)(15)同

教師
顧問
司会者
引越し業者
店員
客A
客B
通訳
チームメイト
サポーター
現地記者

監督          声のみ



<本編>
○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。クリスマスツリーを彩る絢爛なイルミネーションや、サンタクロースの恰好でケーキやチキンを販売する人達。

○アパート・外観(夜)
   家賃の安そうなアパート。

○同・同(朝)

○同・一〇三号室・寝室(朝)
   眠っている吉野恵楠(7)。名前の読みは「エックス」。また、この時点での苗字は「小平」だが便宜上、「吉野」と表記する。
   目を覚ます吉野。枕元に置いてある靴下を確認するも、中身は空。落胆。
   靴下の下に置かれていた手紙には「サンタさんへ おかねとけんりょくをください こだいらえっくす」の文字。

○メインタイトル『サンタさんがいつまで経っても「金と権力」をプレゼントしてくれやしない』

○アパート・外観
未知子の声「そう、サンタさん『お金と権力』プレゼントしてくれなかったんだ」

○同・一〇三号室・居間
   座卓を囲む吉野、小平天馬(27)、吉野未知子(27)。尚、未知子の苗字もこの時点では「小平」。
未知子「残念だったね、恵楠」
   頷く吉野。
小平「なら、来年はもっと良い子にしなきゃな」
   頷く吉野。

○同・同・寝室
   机に向かう吉野。ノートには「どうしたらおかねとけんりょくがもらえるか」と書かれている。

○小学校・外観

○同・教室
   テストを返される吉野。点数は百点。

○アパート・一〇三号室・台所(夜)
   夕飯の準備を手伝う吉野。
    ×     ×     ×
   小平や未知子の肩をもむ吉野。

○通学路
   歩いている吉野。小銭を拾う。

○交番
   先の小銭を届け出る吉野。

○小学校・教室
   硬筆をする吉野。
    ×     ×     ×
   作文を書く吉野。
    ×     ×     ×
   絵を描く吉野。

○アパート・一〇三号室・寝室
   完成した硬筆、作文、絵が壁に貼られている。いずれも金賞を示す紙が付いており、そのそばには「金賞 小平恵楠」と書かれた賞状もある。

○通学路
   歩いている吉野。捨てられた子犬を見つける。

○神社・境内
   子犬に餌をやる吉野。
    ×     ×     ×
   子犬を新しい飼い主に引き渡す吉野。

○小学校・教室
   取っ組み合いの喧嘩をする生徒達の間に入り仲裁する吉野。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   枕元に靴下を置く吉野。傍らには「サンタさんへ 金とけん力をください 小平えっくす」と書かれた手紙。

○同・外観(朝)

○同・一〇三号室・寝室(朝)
   目を覚ます吉野。枕元には大きなプレゼント。開けるとそれはモノポリー。
吉野「……」

○同・同・居間
   モノポリーで遊ぶ吉野、小平、未知子。サイコロを転がす小平。
小平「七か。一、二、三、四、五、六、七。この土地の権利者は……また恵楠か」
   吉野に(ゲーム用の)お金を支払う小平。吉野の手には多数のお金。
未知子「凄~い、恵楠。大金持ちだね」
   全く楽しそうじゃない吉野。お金を放り、背を向ける。
小平「おい、恵楠。何だ、その態度は」
未知子「ちょっと、パパ……」
小平「俺が働いて稼いだ金で買ってきてやったゲームだぞ。何か文句あるのか!?」
   小平にサンタさんへの手紙を放る吉野。
小平「欲しいものが貰えなかったのは、恵楠の努力が足りなかったからだろ?」
   小平の方に振り返る吉野。
小平「なら、聞くぞ? 恵楠は金と権力を手に入れて、何がしたいんだ?」
吉野「(思案して)……」

○同・同・寝室
   机に向かう吉野。ノートには「どうしたら~」の続きに「お金とけん力でなにがしたいか」と書かれている。

○アパート・外観

○同・一〇三号室・浴室
   風呂掃除をする吉野。

○小学校・外観

○同・教室
   教壇に立つ教師。
教師「では、学級委員に立候補してくれる人」
   目を伏せる等、あからさまにやりたがらない生徒達。ただ一人挙手する吉野。
教師「はい。では、小平君に決定」
   拍手する生徒達。
   立ち上がり頭を下げる吉野。

○アパート・前
   掃き掃除をする吉野。

○小学校・前
   募金箱を持ち、赤い羽根募金を募る吉野。吉野の胸にも赤い羽根。

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   勉強をする吉野。喧騒に気づき振り返ると、居間で揉める小平と未知子の姿。

○小学校・教室
   城山(12)らにイジメられている中神秀(12)。中神を庇うようにその間に割って入る吉野。
    ×     ×     ×
   中神に頭を下げる城山ら。教師とともに仲介人のように間に立つ吉野。満足そうにうなずく。
    ×     ×     ×
   机や教科書に落書きをされている吉野。
吉野「……」
   その様子を遠巻きに見て笑う城山らと、申し訳なさそうに見ている中神。

○通学路
   財布を拾う吉野。

○交番
   財布を届け出る吉野。奥の壁には指名手配犯のポスターが貼ってある。

○繁華街
   ゴミ拾いのボランティア活動に参加する吉野。ふと顔を上げると、視線の先に指名手配犯の姿。

○(フラッシュ)交番
   指名手配犯のポスター。

○繁華街
   指名手配犯に気付く吉野。

○アパート・一〇三号室・居間
   テレビから指名手配犯逮捕のニュースが流れる中、激しい夫婦喧嘩をする小平と未知子。

○警視庁・警視総監室
   賞状を受け取る吉野。

○アパート・一〇三号室・居間
   賞状を手に帰ってくる吉野。
   荒れた室内。泣いている未知子。座卓の上には離婚届。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・外観(朝)

○同・一〇三号室・寝室(朝)
   警視総監賞の賞状が壁に貼られている。
   目を覚ます吉野。枕元の靴下を確認するも空。その下に置かれていた手紙には「サンタクロース様 金と権力を下さい 吉野恵楠」と書かれている。

○中学校・前
   「入学式」と書かれた看板の前で写真を撮る吉野(12)と未知子。

○同・教室
   真面目に授業を受ける吉野。

○同・校庭
   サッカー部の練習に参加する吉野。尚、中神や城山もいる。
    ×     ×     ×
   顧問の前に集まる吉野、中神、城山ら一年生たち。
顧問「ディフェンダーをやりたい者」
   誰も手を上げない。
顧問「おいおい、ディフェンダーがいなきゃサッカーできないぞ?」
   挙手する吉野。
顧問「お、吉野。やってくれるか」

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   机に向かい勉強する吉野。居間を振り返ると家計簿を前に頭を抱える未知子。引き出しから部費に関するプリントを出す吉野。再び引き出しにしまう。

○同・外観(朝)

○住宅街(朝)
   新聞配達をする吉野。

○アパート・一〇三号室・台所(朝)
   朝食を作る吉野。

○中学校・外観

○同・教室
   誰もいない教室。花の水を替え、黒板をきれいにする吉野。

○同・校庭
   サッカー部の朝練習に参加する吉野。先輩と競り合うも吹き飛ばされる。

○同・教室
   眠る生徒が多数いる中、真面目に授業を受ける吉野。

○同・廊下
   城山らがサボる中、真面目に掃除をする吉野。

○同・校庭(夕)
   サッカー部の練習に参加する吉野。先輩と競り合い、競り負ける。

○アパート・外観(夜)

○同・一〇三号室・浴室(夜)
   風呂掃除をする吉野。

○同・同・台所(夜)
   夕食の準備をする吉野。

○同・同・居間(夜)
   仕事を終え帰ってくる未知子。座卓の上にはラップされた夕食と「お疲れ様」などと書かれた手紙。

○公園(夜)
   サッカーの自主練習をする吉野。

○中学校・校庭
   サッカー部の練習に参加する吉野。先輩と競り合い、競り勝つ。
   それを見ている顧問。
顧問「ほぉ……」
    ×     ×     ×
   顧問から一三番の背番号が入ったユニフォームを渡される吉野。

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   机に向かい勉強をする吉野。

○中学校・教室
   テストを返される吉野。点数は百点。
   席に戻る吉野。机の中には他にも百点のテストが多数。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・一〇三号室・寝室(朝)
   空の靴下を見つめる吉野。
吉野「……」

○中学校・外観
中神の声「え? どうやったら金と権力が手に入るか?」

○同・教室
   席で談笑する吉野と中神。
中神「吉野君って、面白い事考えてるね」
   そこにやってくる城山。
城山「おいおい、吉野のヤツ、中学生にもなってまだサンタさん信じてんだってよ」
   笑う生徒達。
吉野「……」

○同・校庭
   サッカー部の練習に参加する吉野。城山のファウルすれすれのプレーにより倒される。
城山「一人だけ背番号貰ったからって、調子に乗んなよ、サンタ野郎」
吉野「……」

○同・図書室
   パソコンで「サンタクロース 実在」で検索する吉野。

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   机に向かう吉野。ノートには「どうしたら~」「~なにがしたいか」の続きに「サンタクロースは実在しない? → 証明できない」と書かれている。

○中学校・校庭
   サッカー部の練習に参加する吉野。城山からのファウルすれすれのプレーにも屈しない吉野。
   その様子を見ている顧問。
顧問「ほほぉ……」
    ×     ×     ×
   顧問から三番の背番号が入ったユニフォームを渡される吉野。

○同・外観

○同・校門
   登校する生徒達を迎えるように並び立つ吉野と中神。吉野の肩には「吉野恵楠」と書かれたタスキ。
中神「この度、生徒会長に立候補した吉野恵楠君です。皆様の清き一票を……」

○同・廊下
   張り出された投票結果。吉野が圧倒的な得票数を獲得した旨が載っている。

○通学路
   並んで歩く吉野と中神。二人の視線の先、車道に飛び出した子供と、そこに走ってくる乗用車。
中神「危ないっ!」
   車道に飛び出し、間一髪で子供を助ける吉野。子供の親が駆け寄り、吉野に頭を下げている。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・一〇三号室・寝室(朝)
   空の靴下を見つめる吉野。壁には警視総監賞の賞状が一枚増えている。

○サッカー場・外観

○同・グラウンド
   サッカーの試合が行われている。ディフェンダーとして活躍を見せる吉野。腕にはキャプテンマーク。
    ×     ×     ×
   試合終了のホイッスル。泣き崩れる城山や中神らに整列を促す吉野。
    ×     ×     ×
   試合後、顧問とともに多くの高校関係者に囲まれる吉野。

○住宅街(朝)
   新聞配達をする吉野。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・一〇三号室・居間(夜)
   特待生(学費免除)の書類と共に包装されたプレゼントを未知子に渡す吉野。
未知子「ありがとう、恵楠」
   吉野を抱きしめる未知子。

○同・同・寝室(朝)
   空の靴下を見つめる吉野。

○電車内
   通学する吉野(15)。高校の制服姿。

○高校・外観

○同・グラウンド
   サッカー部の練習に参加する吉野。激しい練習についていくのがやっとといった様子。
    ×     ×     ×
   転がっていくボールを拾いに行く吉野。マネージャー姿の川口真澄(16)がボールを拾う。
真澄「はい、どうぞ。新入生君」
   吉野に放る。真澄に見とれ、ボールをキャッチし損ねる吉野。その様子を見て笑う真澄。
真澄「ちょっと、ちゃんと捕ってよ~」

○電車内(夜)
   疲弊しきった様子で座席に座る吉野。そこに乗車して来る老人。立ち上がり、席を譲る吉野。

○高校・グラウンド
   他校との練習試合に出場する吉野。活躍。その様子を見ている真澄。
真澄「いいぞ~、新入生君」
   さらに気合の入ったプレーをする吉野。

○サッカー場・グラウンド
   公式戦に出場する吉野。大活躍。

○高校・外観
   「祝! 全国大会出場 サッカー部」と書かれた横断幕。
   雨が降っている。

○同・昇降口
   傘を持ってやってくる吉野。恨めしそうに雨を見ている真澄。真澄に傘を渡す吉野。
真澄「え?」
   雨の中、駆けていく吉野。
真澄「吉野君……」

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   机に向かい勉強する吉野。くしゃみ。

○高校・外観
真澄の声「コレ、ありがとね」

○同・部室前
   傘を吉野に渡す真澄。
真澄「ねぇ、今度お礼したいからさ、LINE教えてよ」
吉野「(困ったように)……」
真澄「え、まさか、スマホ持ってないとか?」
   頷く吉野。
真澄「え~、どうすんの~?」
吉野「……」

○倉庫・外観

○同・作業場
   仕分け作業のバイトをする吉野。

○繁華街
   給料袋を手に歩く吉野。赤い羽根募金活動をする一団が目に入る。
    ×    ×    ×
   空の給料袋を手に歩く吉野。胸には大量の赤い羽根。

○同(夜)
   クリスマスイブの夜。

○アパート・一〇三号室・寝室(夜)
   靴下と二通の手紙(「金と権力が欲しい」と「川口先輩のハートが欲しい」)を前に悩む吉野。悩んだ末「金と権力」の手紙を靴下に入れる。

○同・同・同(朝)
   空の靴下を見て悔しがる吉野。

○国立競技場・グラウンド
   高校サッカー全国大会が行われている。悔しさをぶつけるように無双の活躍ぶりを見せる吉野。

○高校・外観
   「祝! サッカーU―17日本代表 吉野恵楠君」と書かれた横断幕。

○国立競技場・グラウンド
   日本代表のユニフォームを着てピッチに立つ吉野。

○アパート・一〇三号室・居間(夜)
   帰ってくる吉野。咳き込む未知子に気付き、背中をさする。
未知子「あ、恵楠。お帰り、ありがとう。ごめんね、大丈夫だから……」
吉野「……」

○同・同・寝室(夜)
   退学届を手に持つ吉野。
真澄の声「え、吉野君が辞めた!?」

○高校・グラウンド
   他の部員とともに監督に詰め寄る真澄。
真澄「で、吉野君は辞めて何を?」

○記者会見場・前
   「府中カピターレ東京 新入団選手発表記者会見」と書かれた看板。

○同・会場
   新入団選手として他の選手達とともに壇上に立つ吉野(17)。

○ホームスタジアム・外観

○同・グラウンド
   プロの公式戦に出場する吉野。活躍。

○練習場・前
   サポーターからのサインや写真撮影の要請に丁寧に対応する吉野。

○ホームスタジアム・グラウンド
   プロの公式戦に出場する吉野。相手の決定機を防ぐ。サポーターから吉野コール。

○小学校・校庭
   クラブ主催のサッカー教室に出席する吉野。丁寧な指導。

○病院・病室
   慰問活動をする吉野。
    ×     ×     ×
   献血をする吉野。

○ホームスタジアム・グラウンド
   試合終了のホイッスルが鳴り、喜ぶ選手達。その中に居る吉野。
    ×     ×     ×
   優勝のシャーレを掲げる主将。その後ろに居る吉野ら選手達。

○アワード会場
   正装した選手達。その中に居る吉野。
司会者「ベストヤングプレーヤー賞は、府中カピターレ東京、吉野恵楠選手です」
    ×     ×     ×
   壇上でトロフィーを受け取る吉野。

○アパート・一〇三号室・寝室
   家具などが無くなっている。
   サッカーの選手名鑑を見ている吉野。自身の欄、「今欲しいものは?」の項目に「金と権力」と書かれている。
   空の靴下を見つめる吉野。
   そこにやってくる引越し業者。
業者「あの、もう出てもよろしいですか?」
   頷く吉野。

○同・前
   住人たちに引越しの挨拶品を渡してまわる吉野と未知子。

○マンション・外観
   十階以上の高層マンション。

○同・吉野家・居間
   アパートとは比べ物にならない程広い室内。誇らしげな吉野と、感激のあまり涙ぐむ未知子。

○練習場・前
   サポーターたちから求められるサインや握手に応じる吉野。その中に居る真澄。握手した時、初めて真澄に気付く吉野。
吉野「(驚き)!?」
真澄「吉野君、久しぶり」

○繁華街
   デートをする吉野と真澄。手を繋ぐかどうかで逡巡する吉野。
真澄「まったく、もう……」
   自ら吉野の手を握る真澄。

○ホームスタジアム・グラウンド
   スタメン発表。吉野の名前が出るだけでサポーターから大歓声。

○繁華街
   デート中の吉野と真澄。数歩歩くごとに握手やサインや写真を求められる吉野。全てに対応する。

○マンション・吉野家・寝室(夜)
   高卒認定試験の合格証や複数の警視総監賞の賞状が貼られている壁。
   机に向かう吉野。ノートには「どうしたら~」「~なにがしたいか」「~証明できない」の続きに「プレゼントは何歳まで?」と書かれている。

○パソコン画面
   「サッカー日本代表 19歳吉野ら初選出」の見出しと吉野の画像が付いた記事。

○海外のサッカー場・グラウンド
   日本代表の一員として『君が代』を歌う吉野。
    ×     ×     ×
   試合終了のホイッスル。スコアボードは「0―0」。
   複雑な表情を浮かべる吉野。

○同・ロッカールーム
   清掃する日本代表選手達。その中に居る吉野。

○川
   子供が溺れ、流されている。野次馬が多数見守る中、川に飛び込む吉野。

○パソコン画面
   「サッカー日本代表・吉野恵楠。川で溺れた少年を助ける」の見出しと、吉野が子供を抱えて岸に上がる画像が付いた記事。
    ×     ×     ×
   ツイッター。吉野による「拝啓 サンタクロース様。今年こそ、金と権力をください。敬具」というつぶやき。それに対し「毎年恒例だなw」「サンタさん、いい加減あげたって」「サッカー日本代表で年俸うん千万、もう十分じゃね?w」等といったコメント。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○ホテル・客室(朝)
   目を覚ます吉野。隣では真澄も眠っている。枕元に置かれた靴下を確認するも、空。落胆。
    ×     ×     ×
   目を覚ます真澄。吉野の姿はない。
真澄「あれ、恵楠……?」

○パソコン画面
   「サッカー日本代表・吉野恵楠(19)。現役引退を表明。」の見出しと吉野の画像が付いた記事。

○マンション・吉野家・寝室
   壁に貼られていた多数の警視総監賞の賞状が全て破かれている。
   机に置かれたノート。全てにバツ印が付いており、最後に書きなぐるように書かれた「どんなに良い子にしてたって、サンタさんは来てくれなかった」の文字。

○居酒屋・外観(夜)

○同・中
   店内のテレビで府中カピターレ東京の2部リーグ降格を伝えている。
   それを見ている客たち。
客A「おいおい、東京2部落ちだってよ」
客B「吉野がいなくなってから、一気にダメになっちまったな」
   席を立つ客A、B。そこにやってきた吉野(23)と肩がぶつかる。尚、吉野は髭も髪も伸び放題で、面影がない。
客A「痛っ。気をつけろよ」
吉野「……」

○パチンコ屋
   パチンコをする吉野。台を叩く。

○キャバクラ(夜)
   両隣の女性の肩に手を回す等、豪遊する吉野。

○競馬場
   観戦する吉野。馬券を破り捨てる。

○飲み屋街(夜)
   フラフラと歩く吉野。前方に立つ小平(43)にぶつかる。
小平「痛ぇな。どこ見て歩いてんだ?」
   そのまま歩き去ろうとする吉野。その肩を掴む小平。
小平「現実、見てねぇみたいだな。恵楠」
   驚き振り返る吉野。
小平「父親の顔、忘れちまったか?」
   にっと笑う小平。

○居酒屋・外観(夜)
小平の声「母さん、死んだぞ」

○同・中(夜)
   向かい合って座る吉野と小平。テーブルの上には大量の空き皿と空きジョッキ。
小平「川口さん、って言ったっけ? お前の彼女が最後まで面倒見てくれたんだと」
吉野「……」
小平「ふん。真面目一辺倒で生きてきたくせに、『サンタさんがいない』って思い知った途端にグレるなんて、反抗期の中二か」
吉野「……」
小平「まぁ、お前の気持ちはわからんでもない。親の俺は金も権力もなかった。母さんやお前に苦労もかけた。だから『金と権力』を欲しがった。わからんでもない。わからんでもないけどな」
   吉野の胸倉をつかむ小平。
小平「なめんなよ? 良い子にしてれば誰かが何とかしてくれる? サンタさんが『金と権力』をくれる? ふざけんな」
   二人の周囲がざわつく。
小平「この世界を、テメェにとってより良い世界にするために、わざわざ誰かが動いてくれるとでも思ってんのか? そんなお人よし、いる訳ねぇだろ!」
   そこにやってくる店員。
店員「お客様、店内でもめ事は困るのですが……」
小平「ふん」
   手を離す小平。
小平「『誰かが何とかしてくれる』の『誰か』ってのは、ペガサスだ」
吉野「?」
小平「存在しねぇ。空想上の生き物だ。ペガサスも、誰かも、サンタクロースも」
   目を伏せる吉野。
小平「確かに、テメェの所にサンタさんは来てくれなかった。だから何だ? 『誰もサンタクロースをやってくれなかった』って嘆くのか? 何で誰かがテメェのためにサンタクロースやってやんなきゃなんねぇんだ? そうだろ?」
吉野「……」
小平「世界で、たった一人だけだ」
吉野「?」
小平「この世界をテメェのためにより良くしようとしてくれるヤツは、世界でたった一人。テメェ自身だけだ」
吉野「(ハッとして)」
小平「存在しない『誰か』じゃねぇ。テメェがやれ。テメェが何とかしろ。テメェが世界を変えろ。『サンタさんが来てくれない』って嘆くんだったら、テメェがサンタクロースをやれ」
   酒を飲み干し、立ち上がる小平。
小平「お前は恵楠。エックスは変数だ。お前次第で答えは、世界はいくらでも変えられる。忘れんなよ」
吉野「(何か言おうと口を開き)」
小平「(吉野を制し)何も言うな。中途半端な父親として、せめてもの罪滅ぼしをしただけだ。自己満足の、な」
   出ていく小平。
吉野「……」
   しばし考える吉野、やがて意を決し立ち上がる。店を出ようとして店員に止められる。
店員「お客様、お会計を」
   店員に渡された伝票を二度見する吉野。

○墓地
   吉野家の墓の前に立ち手を合わせる吉野。髭も髪も切ってさっぱりしている。決意したような目つき。

○マンション・外観

○同・吉野家・居間
   未知子(43)の遺影のある仏壇の前で真澄に土下座する吉野。
真澄「もういいよ。とりあえず、無事でよかった」
   顔を上げる吉野。
   そこにやってくる吉野讃汰(3)。
讃汰「ママ~、もうお話終わった?」
真澄「うん、終わったよ~」
吉野「?」
真澄「ほら、讃汰。パパに挨拶して」
吉野「(驚いて)!?」

○トレーニングジム
   激しいトレーニングをする吉野。

○河原
   走る吉野。

○公園(夜)
   サッカーの自主練習をする吉野。

○練習場・グラウンド
   入団テストを受ける吉野。
    ×     ×     ×
   クラブの会長と握手をする吉野。

○パソコン画面
   「府中カピターレ東京 元日本代表・吉野恵楠選手の復帰を発表」の見出しと吉野の画像が付いた記事。

○ホームスタジアム・グラウンド
   2部リーグの試合に出場する吉野。攻撃にも参加し、ゴールを決める。サポーターから吉野コール。

○居酒屋・中(夜)
   店内のテレビで府中カピターレ東京の1部リーグ昇格を伝えている。
   それを見ている客たちの中に居る小平。

○練習場・グラウンド
   ファン感謝祭が行われている。
   サンタクロースの扮装をし、プレゼントを配る吉野。

○同・居間(夜)
   テレビでサッカー日本代表のメンバー発表記者会見の様子を観ている吉野、真澄、讃汰。
監督の声「……藤沢、村山、吉野」
   ガッツポーズをする吉野。
真澄「代表復帰、おめでとう。ほら、讃汰も」
讃汰「パパ、おめでと~」
   讃汰の頭をなでる吉野。

○ヨーロッパ某国・街並
通訳の声「(現地の言葉で)はじめまして。日本から来ました、吉野恵楠です。」
   テロップで同じ文字が出る。

○同・記者会見場
   通訳らと並んで会見に挑む吉野。
通訳「(現地の言葉で)歴史あるこのクラブに移籍出来て、非常に光栄に思います」
   テロップで同じ文字が出る。

○同・サッカー場・グラウンド
   試合に出場する吉野。活躍。

○同・同・前
   チームメイトやサポーター、現地記者たちのインタビュー映像。音声は日本語で吹き替えられている。
チームメイト「吉野は素晴らしい選手だ。世界最高のDFの一人だと思うよ。一緒にプレー出来て嬉しいよ」
    ×     ×     ×
サポーター「吉野の加入は、ディフェンスラインに安定をもたらしたよね。もう吉野が居ない状態が考えられないね」
    ×     ×     ×
現地記者「『今度のワールドカップで、もしかしたら日本代表は優勝候補の一角に数えられるかもしれない』と言っても、今は誰も笑わないだろうね」

○国立競技場・グラウンド
   日本代表の一員として試合に出場する吉野。腕にはキャプテンマーク。チームメイトを鼓舞している。

○ヨーロッパ某国・吉野家・外観
   豪華な庭付き一戸建て。

○同・同・キッチン
   一緒に料理をする吉野と真澄。この頃から口元にひげを蓄えだす吉野。

○同・同・ダイニング
   食卓を囲む吉野、真澄、讃汰。

○同・同・庭
   サッカーに興じる吉野と讃汰。その様子を縁側で見守る真澄。

○同・街
   歩いている吉野。道行く人達から「ヨシノ」と声をかけられ、求められるがままに握手やサイン、写真撮影に応じる吉野。

○同・サッカー場
   試合に出場する吉野。腕にはキャプテンマーク。試合終了のホイッスルが鳴り、喜びを爆発させる吉野ら。
    ×     ×     ×
   シャーレを掲げる吉野。

○同・吉野家・外観(夜)

○同・同・子供部屋(夜)
   ベッドで眠る讃汰。枕元に置かれた靴下。音をたてないように入ってくる吉野。包装されたプレゼントを靴下の中に入れる。
   扉の外で待つ真澄と目を合わせる吉野。ともに笑顔。

○同・同・リビング(朝)
   貰ったプレゼントを吉野と真澄に自慢げに見せびらかす讃汰。

○雑誌の紙面
   吉野のインタビュー記事。「僕はバロンドールが欲しいんじゃない、『吉野恵楠賞』を創りたいんだ」の見出し。
    ×     ×     ×
   「総理大臣になってほしい人ランキング」が紹介された記事。ダントツ一位で吉野が選ばれている。
    ×     ×     ×
   「『世界のヨシノ』が年俸30憶を蹴って国内復帰を決めた理由」と書かれた週刊誌の記事。写真は東京のユニフォームを着た吉野(34)。

○ホームスタジアム・グラウンド
   マイクの前に立つ吉野(35)。
   スタンドに掲げられた「お疲れ様 永遠のキャプテン・吉野恵楠」の横断幕。
   何か言おうと口を開くも、感極まって言葉に詰まる吉野。
    ×     ×     ×
   讃汰(15)から花束を受け取る吉野。傍らには真澄(36)もいる。

○マンション・吉野家・寝室
   勉強をする吉野。

○大学・前
   「入学式」と書かれた看板の前に立つ吉野。

○同・教室
   真面目に授業を受ける吉野。

○雑誌の紙面
   「大学入学の元サッカー日本代表・吉野恵楠氏。政界転身か!?」の見出しが載った週刊誌の記事。

○小学校・前
   選挙ポスターが並ぶ看板。その中に吉野(41)の選挙ポスター。

○走る選挙カー
   「よしの恵楠」と書かれている。
ウグイス嬢の声「吉野恵楠、吉野恵楠でございます」

○繁華街
   「よしの恵楠」と書かれたタスキを肩にかけ、握手して回る吉野。

○選挙事務所
   万歳三唱する支援者たち。頭を下げる吉野、真澄(42)。

○国会議事堂・外観

○同・正面玄関
   初当院する吉野。

○繁華街(夜)
   祭りが行われている。方々に挨拶してまわる吉野。この辺りから徐々に白髭が目立つようになる。

○クラブハウス・記者会見場
   「第1回 吉野恵楠賞 授賞式」と書かれた看板。
   受賞した選手にトロフィーを渡す吉野。

○首相官邸・階段
   任命式を終え、記念撮影のために並ぶ閣僚たち。その中に居る吉野。

○講演会会場
   「吉野恵楠文科相講演会」と書かれた看板。
   講演する吉野。

○民家・前(夜)
   火災が発生している。野次馬も多数。
   周囲の制止を振り切り、火の中に飛び込んでいく吉野。

○パソコン画面
   「政界のサンタクロース・吉野文科相。火災現場で人命救助」の見出しと、吉野が子供を抱えて民家から出てくる画像が付いた記事。

○高級料亭
   議員と酒を交わす吉野。

○繁華街(夜)
   クリスマスイブの夜。

○首相公邸・吉野の部屋(朝)
   目を覚ます吉野(57)。枕元に置かれた靴下を手に取る。靴下の下に置かれた手紙には「サンタクロース殿 金と権力をください」と書かれている。靴下の中は空。しかし、満足げに笑う吉野。窓の前に立つ。

○同・外
   部屋の窓の前に立つ吉野。ズームアウトしていくと、場所が首相公邸である事がわかる。

○同・廊下
   支度を整える吉野と見送りに立つ真澄(58)。
真澄「行ってらっしゃい。吉野総理」
   頷き、出ていく吉野。

○首相官邸・エントランスホール
   記者たちが集まる中、歩いてくる吉野。
   記者たちからの「総理」の声に手を挙げて答え、そのまま奥に向かう吉野。

○総理執務室
   席に座り新聞記事に目を通す吉野。記事には「吉野内閣 支持率80%」の文字。満足げな吉野。
   そこに駆け込んでくる讃汰(37)。
讃汰「父さん、大変だ」
   目を向けない吉野。
讃汰「……総理」
   顔を上げる吉野。
讃汰「もう、今はそんな呼び名に拘ってる場合じゃないんだって。大変なんだよ。コレ、見てみ」
   手に持った週刊誌を見せる讃汰。そこには「吉野首相 不正献金疑惑浮上」の見出し。
吉野「(驚き)!?」
                   (完)

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。