愛情回復プログラム ドラマ

曽根圭一(39)と曽根京香(33)の夫婦関係は、同じベッドで寝てもおやすみという言葉を交わすことのないほどに冷え切っていた。そこで、京香は愛情回復プログラムを圭一に使うことを決めた。ある夜、キャバクラから帰ってきた圭一に薬を飲ませ、通販で買った愛情回復プログラムを使った。効果はてきめんであったため、京香は次に何を使うかを考えている。
高川理晴 10 0 0 05/30
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

    愛情回復プログラム
        2020.05.30









⚪︎曽根宅 寝室 (夜)
   ダブルベッドの上で、互いに背をむけて横に ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

    愛情回復プログラム
        2020.05.30









⚪︎曽根宅 寝室 (夜)
   ダブルベッドの上で、互いに背をむけて横になっている、曽根圭一(39)と、曽根京香(33)。   
京香「おやすみ」
   圭一は無言でスマホを見ている。
   時計の針は、11時半を指している。
   × × ×
   時計の針は深夜3時15分を指している。
   京香が起き上がり、寝室を出て行く。
   その振動で目を開く圭一。
   だが、すぐに眠る。

⚪︎水嶋製作所 製造工場 (昼)
   精密機械の製造工場。
   作業服姿の曽根が、機器の作動を確認している。
   作業服姿の辻浦守(27)に声をかける。
曽根「どうだ」
辻浦「少し、この辺りのデータが気になります」
   辻浦、手に持っていたタブレット端末を曽根に見せる。
   タブレット端末にはグラフが表示されており、その波形が乱高下している。
   曽根、目を細める。
辻浦「拡大しますね」
   辻浦、言いながら、タブレットを操作してグラフを拡大する。
曽根「老眼なんて、自分はならないんじゃないか、と思ってたんだがなァ」
辻浦「うちの親父も昔そんなこと言ってましたよ」
曽根「ははは。ああ、これはこの計測機の誤作動だな」
   曽根、グラフのある箇所を指さし、辻浦に状況を説明する。

⚪︎同 社員食堂 (昼)
   広い部屋に、いくつかのテーブルが並んでいる。
   曽根と辻浦と他数人がテーブルを囲んでいる。曽根、辻浦の前にはカレーライス。
曽根「辻浦、そう言えば、さっきのはもう報告したか」
辻浦「ああ、その件については他のところでも報告があったそうです。最近誤作動が多いらしくて。聞いてませんでした? 」
曽根「いや、初耳だな」
   曽根、カレーライスを口に運ぶ。
   曽根、眉をひそめる。
   曽根、もう一度カレーを口に入れる。
   曽根、眉をひそめる。
   曽根、カレーをじっと見つめる。
曽根「なぁ、辻浦」
   辻浦、カレーを食べる手を止めて、曽根を見る。
曽根「味するか? 」
辻浦「味ですか? いつも通りまずいですよ」
   曽根、眉をひそめている。
曽根「一口もらっていいか?  」
   辻浦、軽くうなずく。
   曽根、辻浦のカレーをすくい、口に入れる。
辻浦「何か、違いますか? 」
曽根「いや、同じだ。味がしない」

⚪︎曽根宅 リビング (昼)
   京香がノートパソコンを見ている。
   パソコンには通販サイトが表示されている。
   売られているのは、何かの電子部品。
   パソコンの隣に置かれたスマホには、グラフが表示されている。
   グラフの線は、乱高下している。

⚪︎水嶋製作所 更衣室 (夕)
   着替えを終えた男たちが、お疲れ様です、と言いながら出て行く。
   曽根と辻浦が着替えている。
辻浦「ほんと、大丈夫ですか」
   曽根、顔色が悪い。
曽根「多分風邪かなんかだろう」
辻浦「病院ちゃんといってくださいね」
曽根「ああ」

⚪︎同 駐車場 (夕)
   運転席に座る曽根。
   スマホにラインのメッセージが来ている。
   送信者は、まみ@プラチナ。
まみのライン「今日これそう? 」
曽根のライン「いくよー♡。早くまみちゃんに会いたいなあ」
まみのライン「やったー。お店で待ってるね」
   曽根、クルマのバックミラーで自分の顔をチェックする。
   再びラインのメッセージがくる。
   送信者は京香。
京香のライン「今日は遅くなる? 」
曽根のライン「ごめん、残業」
京香のライン「晩ご飯は? 」
曽根のライン「食べて帰るよ」
   既読がつくのを確認して、曽根はスマホを置き、エンジンをスタートする。

⚪︎曽根宅 玄関(夕)
   京香が荷物を受け取っている。
   荷物はダンボール箱が大小4つ。
   配達員が頭を下げて、出て行く。
京香「これで全部ね」

⚪︎同 寝室 (夜)
   ベッドの上で、京香が寝ている。
   玄関のドアが開く音がする。

⚪︎同 リビング (夜)
   ソファにぐったりと横たわっている曽根。
   寝巻き姿の京香が入ってくる。
京香「また飲んできたのね」
   曽根、小さくうめく。
   京香、キッチンでグラスに水を注いでいる。
京香「まみ、だっけ?」
   曽根、ぼんやりとした目を少し開く。
京香「キャバクラ、ガールズバー、それとも風俗? 」
曽根「いや」
   京香、グラスの水に、何かの粉を溶かしている。
京香「お水飲むでしょ」
   京香、グラスを曽根に差し出す。
曽根「怒ってるのか」
   京香、無表情で首を振る。
京香「もう怒ってない」
曽根「そうか」
   曽根、ほっとしてグラスの水を飲み干す。
曽根「怒ってないのか、なら」
   曽根、体がグラリと傾き、ソファから落ちる。
   床に倒れ込む曽根。意識はない。
京香「もう怒ってないの。だって、今のあなたは、故障しているだけだから」
   京香、突っ伏した曽根を仰向けに起こす。
   × × ×
   京香、ダンボールを開き、中から説明書を取り出す。
   愛情回復プログラム、と書かれている。
   × × ×
   京香、はんだごてと、ドライバーを曽根の周囲に並べている。
   時計の針は、1時5分を指している。
   京香、ビニール袋に包まれた部品を取り出す。
   ドライバーの先端を、曽根の眉間に近づけていく。

⚪︎同 玄関 (朝)
   スーツを着た曽根が革靴を履いている。
   その後ろに、エプロン姿の京香がいる。
京香「今日は早く帰ってくる? 」
曽根「帰れると思うよ。夕食は肉が食いたいな」
京香「わかった」
   靴を履き終えた曽根が立ち上がり、京香とキスする。
曽根「それじゃ、行ってくるよ」
京香「行ってらっしゃい」

⚪︎水嶋製作所 事務室 (昼)
   課長のプレートの置かれた机に、曽根が座っている。
   辻浦が書類を持って近づいてくる。
辻浦「昨日の計測機の故障申請ですが」
曽根「ありがとう」
   辻浦の書類は細かい字で書かれているが、それを普通に読んでいる曽根。
辻浦「コンタクトにしたんですか? 」
曽根「コンタクト? いや、してないが」
   曽根のスマホにラインのメッセージがくる。
   送信者はまみ@プラチナ。
まみのライン「昨日は来てくれて嬉しかった♡ 明日もきてほしいなー」
   曽根、スマホを操作して、まみのメッセージを削除する。

⚪︎曽根宅 リビング(28)
   京香がパソコンを開いている。
   京香、収入向上プログラム、と書かれた商品をクリックする。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。