夢を叶えるために、夢を見た【2話】 ドラマ

1話の続き。主人公、正人は夢の中に出てきた女性、鈴木有沙に出会う。
鈴木淳矢 52 0 0 04/13
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

第2話 「正人とありさ」

ありさのバイト先へ訪れ、正人はありさがバイトしている店の外で待っていた。
ありさのバイトが終わり、2人は出会ったあの公園にアイスコーヒーを持ちなが ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

第2話 「正人とありさ」

ありさのバイト先へ訪れ、正人はありさがバイトしている店の外で待っていた。
ありさのバイトが終わり、2人は出会ったあの公園にアイスコーヒーを持ちながら来ていた。

ありさ)「まさか本当に来てくださるとは思いませんでしたよ、私のバイト先に」

正人)「いえ、せっかくだなと思ったし、それに暇だったので笑。あ、アイスコーヒーありがとうございます!」

ありさ)「いえいえ!ハンカチと来てくださったお礼です。そういえば、正人さんは何をしていらっしゃる方なんですか?」

正人)「一応、フリーでライターの仕事をしてます。」

ありさ)「へえ!ライターのお仕事されてるんですか?なんか記事とか書いたりするお仕事ですか?」
正人)「まあ、そんなところです。本当はもっとやりたいものがあるんですけど、、」

ありさ)「やりたいこと、、ですか?」

正人)「ありささんにはもしかしたら興味ないかもしれないんですけど、アニメの小説を書きたいんです。いわゆる、、、」

ありさ)「ライトノベルですね!」

ありさが食い気味に返した。

ありさ)「正人さん、アニメお好きなんですね!」

正人)「え?もしかしてありささんも?」

ありさ)「はい!好きですよ!深夜アニメとかよく見てますし。それに、、、私も正人さんと同じですし。」

正人)「同じってどういうことですか?」

ありさ)「そのままの意味です。私も、ライトノベルを書くので。」

正人)「ええ!ほんとですか!?」

ありさ)「はい、3年前にアニメになった”嫁が勇者になって私が魔王になりました”ってアニメご存知です?」

正人)「もちろん!”嫁勇者”は僕いつもリアルタイムで見てました!!」

ありさ)「あれ、私が作者なんです」

正人)「えええええええ!!!!」

驚いた。まさかこんなところに大型新人作家がいたなんて。しかも、”嫁勇者”は過去、このライトノベルがすごい!というライトノベルで由緒正しい賞でも3位に輝いている。

正人)「す、すごい、、ていうことはミツバチ花さんってことですよね?」

ありさは嬉しそうに答える。

ありさ)「そうです、ミツバチ花という名前で活動してます。」

正人)「いや、驚いた。まさか大型新人ライトノベル作家に会えるなんて。そして、どうしてすごい方がどうしてカフェのバイトなんてしてるんです?」

ありさ)「いや、ヒットしたのはあれだけですし、この先続くか分かりませんから、、」

正人)「なるほど、そうですよね。」

ありさ)「でも、私もいつかライトノベルだけで生活していきたいんです。そういう意味合いで私は正人さんと一緒です。」

正人)「いや、すごいですよ、一回でもヒットしてるのは。僕なんてまだ物語一つも書けずにいる。才能とかそれ以前に一歩が踏み出せないんです。母親の前では夢があるとか言ってますけど、、」

ありさ)「私だってそうでした。どうせ才能ないとか、やったとしても誰にも評価されずに終わるんだろうって。けど、本気でやりたいって思った時、どうでも良くなったんです。それからはガムシャラにやりました。そしたら、私の作品が選ばれた。見てくれる人がいるんだって感動しました。だからこそ、思ったんです。この仕事を一生の仕事にしたいって。」

正人)「ありささんはやっぱり僕よりすごいです。勇気も持って、才能も持っている。」

ありさ)「そんなの、誰にも分かるものじゃないですよ。私だって勇気が初めからあったわけじゃありません。才能なんて私にあるかどうかは知りません。1番大事なのは、これをやりたいかどうかです。やりたい気持ちが本物なら勇気が出るはずです。」

正人)「ありがとうございます。僕、頑張ります!そうですよね、やりたい気持ちですよね!」

ありさ)「そうですよ、やりたい気持ちを持てば正人さんだって遅くはないです。」

正人)「僕、早速家に帰って書いてきます!」

そう言って、正人はベンチから勢いよく立って家に帰ろうとする。
それを引き止めるように声をかけるありさ。

ありさ)「あの!正人さん!」

正人)「はい」

ありさ)「明日、よかったら私の家に来ませんか?」

正人)「え?いいんですか?」

ありさ)「同じ同業者ですし、よかったらぜひと思ったのですが、、」

正人)「ぜひ!行かせてください!!」

ありさが正人に駆け寄る。

ありさ)「なので!よかったらLine交換しませんか?」

正人)「あ、はい!交換しましょう!」

2人はLineを交換してそれぞれの家に帰る。

夜。正人は自分の部屋にいた。
Lineをじっと見つめる正人。ありさのトークルームを開いたままで、ありさにLineを送るべきかどうか迷っている。
その時、ありさからLineがきた。

「明日、夕方とかどうですか?」とありさからLineがきた。
少しだけ嬉しく思いながら、「仕事もあるので17時くらいになりそうです」と返信した。
了解です、家の住所送ります!また明日!そして、スタンプでおやすみなさいと返事がきて、正人はまた明日!そして同じようにスタンプを返した。

明日が楽しみだ。そう思いながら、正人はすぐに寝た。
ベットに入って正人は思った。

正人) (そういえば、夢、見なくなったな。)

第二話 完
第三話へと続く。

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。