靴底を減らして… ドラマ

上田だが、人一番正義感が強く、仕事熱心だが、刑事なのに気が弱くドジなのが玉に瑕。そ んな上田が覚醒剤や麻薬の取り締まるに亡き父の無念を引き継ぎ、覚醒剤の売買人を捕ま え、そして、父を殺した犯人を見つける物語となっている。
こたろう 47 1 0 12/01
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人 物
 上田真司(30)神奈川県警察本部刑事部組織犯罪対策本部薬物銃器対策課・巡査長
 谷崎雅也(40)神奈川県警察本部刑事部組織犯罪対策本部薬物銃器対策課・警部補。上田の相 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人 物
 上田真司(30)神奈川県警察本部刑事部組織犯罪対策本部薬物銃器対策課・巡査長
 谷崎雅也(40)神奈川県警察本部刑事部組織犯罪対策本部薬物銃器対策課・警部補。上田の相方
 刑事
 課長
 売買人1
 売買人2

○同・扉前(夜)
   大勢の警官達が扉の周りで取り囲んでいる。谷崎雅也(40)、扉を蹴破る。
谷崎「(大声で)確保!」
   大勢の警官達が一斉に入り込む。
   上田真司(30)、押されて、転ぶ。靴底は擦れている。

○同・部屋内(夜)
   警官達が売買人達を取り押さえる。
   谷崎、売買人1を取り押さえる。
   売買人2、扉へ走る。
   扉前で転んでいる主人公。
谷崎「おい、上田、そいつを捕まえろ!」
   上田、オロオロとしながら立ち上がる。
上田「あわわ」
売買人2「そこ、どけ」
   売買人2、殴りかかる。
   上田、目を瞑る。だが、売買人2を一本背負で床に叩きつける。
売買人2「ぐはっ!」
上田「うわあ、ご、ごめんなさい」
谷崎「(大声)謝るな!」
上田「ひぃ、ごめんなさい」
谷崎「たくっ…(零れた白い粉を指差し)おい、その粉を至急調べろ」
刑事「はい」
   ☓   ☓   ☓
刑事「だめです、こいつは唯の小麦粉です…」
谷崎「な、なんだと…そんなはずは…」
売買人1「(不敵に笑う)ははは、小麦粉を渡していたのが何が悪い、早く離せ」
谷崎「くそっ」
上田「そ、そんな…」

○神奈川県警本部・薬物銃器対策課内(朝)
   課長、机をドンと叩く。
   ビクッとする、上田。
   隣に谷崎がビシッと立っている。
課長「おい、またか!これで何度目だ?麻薬売買の情報を掴んでいながら、なぜ空ばかり遭遇す
 る?」
上田「(おどおどと)こ、今度こ…」
課長「何度、今度こそを聞かさられればいいんだ、私は?もっとまともな捜査してこい」
   上田、深くお辞儀して、
上田「も、申し訳ございません」
課長「谷崎ももっとちゃんと、上田を見とけ」
   谷崎、軽く会釈して
谷崎「申し訳ございません、課長。今度はガセじゃないネタを持ってきます」
課長「頼んだぞ、お前ら。次、ガセを掴ませられたら、減給か異動を考えておるぞ」
上田「そ、それだけは…」
課長「なら、しっかりしろ。もっと靴底をすり減らして、捜査しろ」
上田「は、は、はい…」
課長「以上、もうどっかいけ」
課長、手でシッシッと払う。
谷崎「失礼します」
   谷崎、上田の腕を掴んで、引きずるように引っ張る。

○同・休憩室
   上田、ベンチに座り、項垂れている。
   谷崎、缶コーヒーを渡し、隣に座る。
   谷崎、プルを開け、グイッと飲む。
上田「ぼ、ぼく、この職は向いていないんですかなぁ…」
谷崎「上田さ…親父さんの無念を晴らすんではなかったのか?今やめたら、水の泡だ」
上田「そ、そうですが…」
谷崎「なあ、なんかおかしくないか?どうも情報が漏れているとしか思えないんだ。お前なりに
 入念に捜査しているのは知っている、でもこうも5回とも空振りになるのはおかしい。なんか、
 あるぞ、これ」
上田、食い入るように見つめ、
上田「そ、そうですよね!聞き込みとかしていても手応えはあったのに、裏がありますよ、絶
 対」
   谷崎、上田の肩をポンと叩く。
谷崎「お前が捜査を頑張ってるのは知っている、俺は何が起きてるか、調べてみる。お前はいつ
 も通り、売人の聞き込みをしろ。こっちは任せておけ」
上田「す、すみません、お手数をお掛けします」
   上田、何度もお辞儀をする
谷崎「(笑う)謝らなくてもいい、年は上だけど、相棒なんだから、色々頼れ」
上田「は、はい!」

○繁華街(夕方)
   客引きの男性、気怠そう。
   上田、メモを取りながら、
上田「(指を指す)あそこの廃ビルに人の出入りが頻繁にあるってことてですか?」
男性「あぁ、そうっすよ。てか、もういいっすか?仕事あるし」
上田「あっ、すみません。ご協力ありがとうございました」
   男性、がに股で人混みへ入っていく。
   上田、覚悟を決めたような表情で、
上田「(声が裏返って)よーし、行くぞ!」

○繁華街の廃ビル・扉前
   上田、曲がり角の奥で隠れ、扉を見つめる。腕時計を見る。短針が5を指す。
   ☓   ☓   ☓
   腕時計の短針は7からズレた箇所を指す。
   ☓   ☓   ☓
   腕時計の短針は9を指す。上田、疲れた表情。
   売買人1が歩いてくる。
   上田、角から少し顔を覗かす。
   売買人1、扉を開け、入っていく。
上田「き、聞き込みどおりだ…この前の逮捕しそこねた、売買人だ、ん?」
   谷崎、歩いてくる。
上田「た、谷崎さん?」
   谷崎、扉を開け、入っていく。
   上田、忍び足で扉に近づく。
売買人1の声「いやー、この前はあざっす、あんたの前情報がなかったら、捕まってましたわ、
 これ情報料っす」
   上田、扉に耳を当てる。
谷崎の声「あー、サンキュ。金じゃなくて、薬がよかったが、金も底をついてきたから、今回は
 これで」
   上田、青ざめる。
上田「た、谷崎さん、そ、そんな…」
売買人1の声「そんなに薬やってたら、警察でバレますよ。あんたに捕まっら、情報貰えなくな
 るし、こっちも困るんすよ」
谷崎の声「ははは、バレるわけ無いだろう、俺の相方はトロくて鈍くさいこら、気づきっこない
 ない」
売買人1の声「(笑い声)頼みましたよ」
谷崎の声「(笑い声)ははは」
   上田、一粒涙を流し、その場をゆっくり離れようとするが、滑って転ぶ。靴底を減ってい
   る。
上田「うわぁ」
売買人1の声「誰かいるのか!?」
   上田、慌てて起き上がり、走る。
   谷崎、扉を強く開ける。
   遠くからカツカツと音がする。
谷崎「(大声で)誰だ!」
   売買人1、谷崎の脇から出てくる。
売買人1「クソ、話聞かれたかもしれない、追いかけるぞ」
谷崎「おう」
   谷崎と売買人1、青筋を立て、走る。

○繁華街・廃ビル前(夜)
   谷崎、売買人1、あたりを見渡す。
谷崎「おれはこっち、お前はあっちへ行け」
売買人1「おう」
   谷崎、売買人1、反対方向に走リ出す。

○繁華街(夜)
   上田、徐々にスピードを落とし、足を止める。
   上田、息を切らし、後ろを振り返る。
   人達が歩いてる。安堵の表情。
   上田、息を整え、あるき出す。
谷崎の声「おい、どけ」
   上田、ビクッと後ろを振り向く。
   谷崎、人を避け、走ってくる。
   上田、慌てて辺りを見渡す。路地を見つける。路地に入り、身を潜める。
   谷崎、路地を通過する。
   上田、路地から顔を出し、谷崎の背中を見る。安堵の表情。
   上田、谷崎と反対方向に歩き出す。
谷崎「おい、上田じゃないか」
   上田、ビクッと後ろを振り向く。
   谷崎、上田の肩を組む。
上田「(引き攣った顔で)き、奇遇ですね。非番でしたはずですか、こんなところで飲みです
 か?」
谷崎「(笑顔で)そうなところ。いやー上田、こんなところまで、捜査か?仕事熱心だね」
上田「あ、ありがとうございます。い、今さっき終わりまして、今日はもう帰ろうかなと思って
 まして…」
谷崎「そうか、そうか。話変わるけど、そこの廃ビル知っているか?おっと肩に砂みたいなのが
 付いてるぞ」
   谷崎、右手で上田の肩の砂を払う。
上田「(目をそらす)ははは、廃ビル?気づかなかったですね…」
   谷崎、ポケットに左手を突っ込み、ポケットナイフを取り出す。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。