フユチャーザマシン SF

未来の時空軸の旅をする。機械を作った。 ある日、凄まじい機械ができた。 私は、時間の旅をしている。
荻野潤一 17 0 0 02/05
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

ある日起きたら、凄まじい機械があった。私が作ったのだ。
ふと気づくと、日常が変わっていた。身につけているものが全て機械に変わっていた。
私は驚いた。昨日作っていた機械が熟成され ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

ある日起きたら、凄まじい機械があった。私が作ったのだ。
ふと気づくと、日常が変わっていた。身につけているものが全て機械に変わっていた。
私は驚いた。昨日作っていた機械が熟成されて機械が変わってできていた。
私が、書いた小説が、浮かび上がった。これはどうしようと、水につけた。
文字が天高くのぼっていった。
不思議だ。不思議だ。宇宙人が天でつぶやいた。
宇宙銀河の果てに、動き出した。小説の文字が動き出した。
文字が喋っている。文字が整列して、文章になった。
懐中時計のようだ。実際は、懐中時計ではなく、新しい機械であった。
文字が整列して、タイム機械と描かれた。
私は、文字の旅に出かけた。螺旋状に文字が文章になって、トンネルをくぐった。

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。