流星を掴んで SF

マグヌスはメテオール星のフィロン王国の王子。六年前にマグヌスは人工流星衛生という人工的に流星を降らすことができる人工衛生のアイデアを出した。幸せな人が少ない地球に願いを持って貰うために人工流星衛生を考えついた。そして、アイデアを基に開発が進み、完成した。その実験をメテオール星で行った。だが、人工流星衛生の実験事故により友人で片思いのヘレンが亡くなった。マグヌスはヘレンを守れず、絶望する日々を送ったが、ヘレンのアンドロイドと地球でマグヌスのアンドロイドは出会う。
こたろう 50 1 0 03/13
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

...続きを読む
「流星を掴んで」(PDFファイル:475.17 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「流星を掴んで」(PDFファイル:475.17 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。