14時00分の頭痛 ミステリー

夫婦で花屋を営む葛西幸太郎と葛西莉奈。葛西は14時になると突発的に起こる頭痛に悩まされていた。頭痛の謎が解ける時、衝撃の事実がーー。シナリオ・センターの課題「時計」で書きました。
小坂智哉 13 0 0 11/27
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

【登場人物】

葛西幸太郎(32)花屋の店員
葛西莉奈(30)葛西の妻・花屋の店主
四方真理恵(32)和田健汰の恋人


--------------------- ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

【登場人物】

葛西幸太郎(32)花屋の店員
葛西莉奈(30)葛西の妻・花屋の店主
四方真理恵(32)和田健汰の恋人


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

○花屋・外観

  都会の街角にある花屋。
  客で賑わっている。

○同・店内

  葛西幸太郎(32)、花を見ている客に声をかける。
  客は、左手薬指の指輪を大事そうに触っている。
葛西「お客様は、どういったものをお探しで?」
客「新居の部屋が殺風景なので、花でも置こうと思って。何か明るくなるようなものがいいのですが」
葛西「左様ですか。お客様は新婚で?」
客「ええ。よくお分かりで」
葛西「でしたら、デンファレなんて如何でしょう」
葛西、デンファレを取り出す。
客「デンファレ? 綺麗な花ですね」
葛西「花言葉は『お似合いの二人』」
客「まあ、素敵」
  葛西莉奈(30)、レジ打ちをしている。
  接客をしている葛西の様子を見て、優しく微笑みかける。
  壁に掛けられた鳩時計が14時を指すと同時に、カッコウの音色が鳴り響く。
葛西「なので、こういっ……、(頭を抱えて)ぐあっ……」

○フラッシュ・横断歩道

  地面に流れる血。
  バンパーが凹んだ車。

○元の花屋・店内

  葛西、フラつき、棚にぶち当たると商品の赤いバラが床に落ちる。
  客は驚いて、心配そうに声かける。
客「あ、あの! どうなさいました?」
  莉奈、慌てて駆け寄り
莉奈「お客様、すみません。幸太郎は裏で休んでて」
葛西「ああ……すまん」
葛西、辿々しく奥の扉へと入っていく。
客「大丈夫ですか?」
莉奈「主人は、昔からひどい頭痛持ちで。薬飲んで、しばらく安静にしてたら、落ち着くんで、気にしないでください」

○同・バックヤード

  葛西、市販の頭痛薬を口に含むと、蛇口から直接水を流し込む。
  蛇口の水を止め、部屋の隅に蹲る。

○葛西家・リビング(夜)

  ソファーに座り、天井を眺めている葛西。
  そこへ、莉奈がやって来る。
莉奈「もう体調は大丈夫?」
葛西「一応。なんなんだ、一体。毎回、同じ光景が見える」
莉奈「光景?」
葛西「断片的に見えるんだ。地面に流れた血と、車が」
莉奈、葛西から目を背ける。
葛西「もしかして、莉奈。何か知ってるのか?」
莉奈「(ため息をつき)そろそろ、本当のことを言わなきゃね」
葛西「俺の記憶が無い理由?」
莉奈「うん。言いづらいことだったから」
葛西「覚悟はできている。頼むから、教えてくれ」
莉奈「幸太郎はある会社の営業部に勤めてた。だけど、その会社がかなりのブラックでね。上司からのパワハラと、過労死ラインを超えた残業で、追い詰められてしまって、あなたは道路に飛び出したの」
葛西「まさか、それで……」
莉奈「(頷く)車に撥ねられて、頭を強く打ったショックで、記憶障害が出てしまった」
  葛西、泣いて莉奈に抱きつく。
葛西「本当に面倒ばかりかけてごめん」
莉奈「いいのいいの。私は、好きな人のためだったら、何でもできるから」
葛西「ありがとう」

○道(朝)

  葛西、反対方向からやって来る四方真理恵(32)の横を通り過ぎる。
真理恵「今のは……健汰……」
  真理恵、引き返し、葛西の腕を掴む。
真理恵「健汰!」
  葛西、振り返ると同時に、真理恵は抱きつく。
真理恵「あなたに、会いたかった。今まで、どこにいたの?」
  葛西、真理恵を引き剥がす。
葛西「ちょっ……いきなり、誰ですか?」
真理恵「え? 私のこと覚えてない?」
葛西「はい。初めて会いましたが」
真理恵「顔も声も全く一緒なのに。あなた、名前は?」
葛西「葛西幸太郎です」
真理恵「はぁ……。なーんだ、人違いか」
葛西「あなたは?」
真理恵「双子かと思うくらい、行方不明の恋人にそっくりだったから。ほら」
  真理恵、スマホの写真を見せる。
  そこには、真理恵とその隣には、葛西にそっくりな男が映っている。
葛西「本当だ」
真理恵「名前は和田健汰って言ってね、優しかったんだ」
葛西「早く彼氏さんが帰ってくること祈ってます」
真理恵「ありがとう。驚かせちゃって、ごめんなさい」
葛西「じゃ」
  真理恵、葛西の立ち去る後ろ姿を眺めている。

○横断歩道

  葛西、赤信号が変わるのを待っている。
  反対側に、赤い花束を持つ男が立っている。
  青信号に変わる。
  葛西が足を出した時、街頭のからくり時計が14時を指す。
  カッコウの音色と共に、時計の文字盤が開き、中から人形が出てくる。
  葛西、頭を抱えて蹲る。
葛西「ううっ……」

○(回想)同

  葛西、嬉しそうに赤いバラの花束を手に持ち渡っている。
  葛西、ポケットからスマホを取り出すと、画面には13時59分の表示。
  真理恵に電話をする。
葛西「ごめん、少し遅れる」
  そこへ、スピードを上げた車が葛西を撥ねる。
  血を流し、地面に倒れている葛西。彼の手元には花束と、真理恵と通話中のスマホが落ちている。
真理恵の声「健汰? 今の音なに? どうしたの!」
  意識朦朧とした葛西の視界に、14時を指すからくり時計が入る。
  カッコウの音色と共に、中から人形が出てくる。
  車から降り、ハイヒールを鳴らして近づいてくる女。
  花束を踏みつけ、ほくそ笑む、その女は莉奈。
(回想終わり)

○同

  葛西、痛みを堪えて顔を上げる。
葛西「まさか、そんな。全て……思い出した」

○葛西家・リビング

  リュックを背負い、二階から降りてくる葛西。
  その時、莉奈が帰ってくる。
莉奈「ただいま。どこ行くの?」
葛西「自分の家にさ」
莉奈「え?」
葛西、莉奈の両肩を掴み強く揺さぶる。
葛西「あの日のこと、君の仕業だったのか」
莉奈「何の話? 急にどうしたの? まだ具合でも悪いんじゃ……」
葛西「君は俺を轢いて、記憶喪失にしたんだ。いや、もしかすると殺すつもりだった。違うか!」
莉奈「なに寝ぼけたことを。さっぱり分からない」
葛西「俺の本当の名は、葛西幸太郎なんかじゃ無い。和田健汰だ」
莉奈「(ため息をつき)あーあ、思い出しちゃったか」
葛西「俺にした話は嘘だったんだな」
莉奈「信じるなんてバカな男ね。かの武将はこう言った。鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギスって」
葛西「やはり。俺を付き纏っていたのは君だったか」
莉奈「やっと分かったんだ。先輩って、相変わらず鈍い人」
莉奈、葛西の胸板を触る。
葛西「俺は前に伝えたはずだ。君とは付き合えないって。だから、ここでお別れだ」
  葛西、莉奈を突き放す。
  葛西、出て行こうとすると
莉奈「待って、あなたへのプレゼントがある」
  莉奈、キャビネットから黒いバラの花束を葛西に渡す。
葛西「これは……黒いバラ……」
  莉奈、葛西の耳元で囁く。
莉奈「花言葉は、あなたはあくまで私のもの」
  葛西、花束を投げつけると、莉奈を突き飛ばし出て行く。

(終わり)

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。