背負う~僕は自転車に乗れない~ ドラマ

少年は手紙を認める。それは宛名の人物へか、はたまた過去の自分へか。
長森 要 24 0 0 06/19
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「背負う~僕は自転車に乗れない~」

登場人物
・少年(19):大学2回生。



◯少年の部屋

机の上、スマホと筆箱と封筒、3万円が置かれている。

...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「背負う~僕は自転車に乗れない~」

登場人物
・少年(19):大学2回生。



◯少年の部屋

机の上、スマホと筆箱と封筒、3万円が置かれている。

少年(19)、手紙を書いている。

その目は微かに曇っている。

少年 「」

書き終える少年、手紙を折る。

封筒を手に取り、宛先を確認する。

封筒に手紙と3万円を入れる少年。

スマホが鳴る。画面には「お母さん」。

少年 「はい。うん元気。え、どうしたの。あ、今から出るとこ。今日は授業昼からだから」

少年、リュックを持って荷物を詰める。

封筒を手に取る少年。

少年 「あ、うん、書いた。郵便局も寄ってく。…大丈夫。これからはちゃんと自分で出したいから、うん」

少年、封筒もリュックに入れる。

少年 「…そうだね、年末は帰る。あ、あと成人式だ。10日だっけ…わかった、じゃあ」

少年、電話を切って、外へ出ようとする。

少年 「あ、定期…」

少年、パスケースを探して手に取り、リュックを背負う。

少年 「」

少年、外へ出る。

(了)

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。