人見知り卒業の日常 舞台

私は、人見知りではなかった 人見という機械を考えていた。
荻野潤一 25 0 0 04/10
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人見知りくん
1日どうする
卒業か人見知りを

私は主人公に問いかけた。
どうやら、演技をしていたようだ
目が動くのはとてもいいこと。
目の演技も欠かせない。

...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人見知りくん
1日どうする
卒業か人見知りを

私は主人公に問いかけた。
どうやら、演技をしていたようだ
目が動くのはとてもいいこと。
目の演技も欠かせない。

役柄になるのに不思議と考える。
胃腸役のものや目役のものもいる。
不思議だ。
私は長生きをしたいものだ。

宇宙人役も大変。
alienという薬を飲んだ。
薬剤師として生きる私は、薬の製造をしていた。
どんな病気を治すには、薬の構造式を変えてみると、違う薬になる。


薬をデザインと、病気のデザインが合うと治る。
不思議なものだ。

私は、漢方薬の構造式を調べた。
構造式を変えるには、どうしたらいいかを考え、病気を治す薬を作った。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。