俺は推しメンのために、走ることになった コメディ

私立チョコバナナ学園の中年限定ライブに参戦するため、上京した主人公42歳。だが、不運にも電車は故障と連結作業一時間の遅れ。ライブ開始まで、残り9分。主人公はとにかく走ることにした。
浅見貴弘 11 0 0 09/09
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

〇駅の改札口(夜)
   スーツ姿のサラリーマンや、学生たち
   が改札から出てくる。
   その中に、トートバッグを提げた諸橋
   寛太(42)の姿。イラついた顔つき ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

〇駅の改札口(夜)
   スーツ姿のサラリーマンや、学生たち
   が改札から出てくる。
   その中に、トートバッグを提げた諸橋
   寛太(42)の姿。イラついた顔つきで、
   汗を拭いている。
   諸橋、トートバッグからチケットを取
   り出す。

〇チケットの内容
   『12/24 地下アイドル法人主催 私立チ
   ョコバナナ学園 酸いも甘いもかみ分
   けた中年限定ナイト2018 in zappa
   Start//18:10~』と印字されている。
   
〇駅の改札口(夜)
   諸橋、スマホで時間を確認している。
   
〇諸橋のスマホ画面
   デジタル時計は『17:51』

〇駅の改札口(夜)
諸橋「故障と連結の負の連鎖、俺は呪われ
 ているのか!」
   と、チケットをしまい、スマホにイヤ
   フォンを挿す。イヤフォンからは『私
   立チョコバナナ学園』の曲が流れ始める。
   スマホの画面を見つめ、
諸橋「ユイチョコ、今、会いに行く!」
   と、頷いている諸橋。

〇諸橋のスマホ画面
   ユイチョコ(18)の待受け画像。
   
〇駅の改札口(夜)
   諸橋の背後から帰宅ラッシュの人波が
   押し寄せ、もみくちゃにされる。
   諸橋のトートバッグが一瞬、人波に飲
   み込まれるが、すぐに引き寄せ、肩か
   ら提げる。
諸橋「どいてください!」
   と、人波をかき分け走り出す諸橋。
   
〇田舎道(夜)
   田んぼが広がっている田舎道。
   田んぼでは、防犯避けのサーチライト
   がついたり、消えたりしている。
   諸橋、スマホ画面でマップアプリを確
   認している。
諸橋「間に合わない~そんなの嫌だ!」
   諸橋、汗を拭きながら走っている。
諸橋「?」
   と、イヤフォン曲に混ざって、変な
   奇声が入っていることに気づく諸橋。
諸橋「気持ちわる!」
   と、夜道を見渡しながら、走っている
   諸橋。振り返ると、田んぼのサーチラ
   イトに人型のシルエットが浮かんでい
   ることに気がつく諸橋。
諸橋「(呟く)誰?」
   と、突然諸橋に向かって、走り始める
   シルエット。
諸橋「!」
シルエット「……いませ~ん」
   と、甲高い女の声。
諸橋「か、鎌⁉」
   人型シルエットの手には、小さな鎌ら
   しきシルエット。
   諸橋、かつてないほどのスピードで走
   り出す。
諸橋「死にたくな~い、ユイチョコに会うま
 では死ぬわけにはいかないんだ!」
   と、振り返る諸橋。
   シルエット、徐々に諸橋との距離を詰
   めてくる。
諸橋「うぉ~」
   再び前を向き、走る諸橋。

〇ライブハウス・ZAPPA(夜)
   諸橋、ライブハウスに辿り着く。
   出入口で立っているスタッフA。
諸橋「(息切れしながら)これ」
   と、イヤフォンを外して、トートバッ
   グからチケットを取り出し、スタッフ
   Aに渡す諸橋。
   諸橋、トートバッグの重みで、その場
   にへたり込む。
諸橋「おんも?」
   トートバッグの中を見ると、クレープ
   料理キット一式が入ってる。
諸橋「どういうこと?」
女の声「ありがとうございました!」
   ライブハウスに向かって走ってくる、
   ノーメイクのユイチョコ、手にはクレ
   ープ用のミニトンボ。
諸橋「あ、ユイチョコ!」
   元気よく立ち上がる諸橋、満面の笑み。
ユイチョコ「本当に助かりました。おかげで
 ライブに間に合いました! 是非、特別席
 で。(スタッフに向かって)案内してあげ
 てください」
諸橋「特別席?」
ユイチョコ「おじさまに、小道具を運んでい
 ただおかげで、あたしは身一つで会場に辿
 りつけました」
諸橋「じゃあ、お役に、立てたの? 俺」
ユイチョコ「はい!」
諸橋「生きててよかった!」
ユイチョコ「ライブ、楽しんでいってくださ
 いね。あたしも頑張ります!」
   ユイチョコ、ライブハウスの搬入口へ入
   っていく。
諸橋「あれ、いつ、小道具なんか運んだっけ」
   諸橋、トートバッグを見つめる。

〇諸橋のトートバッグ
   『私立チョコバナナ学園』のロゴが大きく
   プリントされている。
                  (了)

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。