今年の新卒 ドラマ

舞台は都内の大手販売企業。バブル時代はそこそこ名を馳せた企業で一定の認知度はあるものの現在は、業績不振に喘いでいる。 そんな斜陽企業なため、毎年新卒の採用数は減り続けている中、今年も新たに100名の新卒が入社してきた。 主人公は新卒の内の1人で超一流大学の経済学部出身。一応大手の看板を掲げている企業に就職したものの、彼らが目の当たりにしたのは、旧態依然の企業文化が根強い職場環境であった。そんな環境に反発しつつも真に優秀な若者達が会社を建て直す痛快企業ドラマ
太郎坊 95 0 0 04/22
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

第1話 タイトル「近頃の若者は」
主人公 有馬秀一
某有名大の経済学部を卒業した秀才。合理的思考の持ち主で無駄なことや意味の無い慣習が嫌いな現代っ子。大学時代に専攻していたのは ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

第1話 タイトル「近頃の若者は」
主人公 有馬秀一
某有名大の経済学部を卒業した秀才。合理的思考の持ち主で無駄なことや意味の無い慣習が嫌いな現代っ子。大学時代に専攻していたのは行動経済学。
主人公の同期 本山元(はじめ)
主人公と同期で入社した某有名大学の法学部を卒業したこちらも秀才。
法律に関する知識が豊富であり、何かと周りに目を付けられがちな秀一を心配しており、得意の法律で秀一を助ける。
主人公の同期 近見源太郎
大学までスポーツをしてきたバリバリの体育会系。上下関係を重んじ、いかなる理不尽にも難なく耐えるため、上からの評価は高い世渡り上手。
現代っ子な秀一を軽蔑している。

神山恵
秀一達の2年先輩の女性社員。気が強く仕事ができる。何かと秀一ら新卒達に手を焼いているが、とある上司からセクハラの被害に遭っている。

村田透
秀一が配属された部署の上司。
当初は幹部候補として入社したものの若い頃に当時の上司と馬が合わず、出世コースから外れて今や会社のお払い箱を集めたような部署で勤務している。3人の子どもを持つ父であり、子ども達は父が大手の企業の社員であることを誇りに思っている。

内容
入社式を終えた新卒達は、すぐに都内の山奥にある研修施設にて新入社員研修へと連れて行かれる。そこでは学生気分の一掃を胸に竹刀を片手に仁王立ちする新卒教育担当者が待っていた。
彼らは朝からの挨拶の声だしと足を揃えての駆け足。名刺の渡し方から飲み会の作法まで叩き込まれる中。あまりの理不尽さと無意味さに遂に教官に対し口答えをしてしまい新入社員研修は最低ランクの評価を貰うことなる。その結果、早くもお払い箱同然の働かない中年の巣窟と化した出世コースとは程遠いとある部への配属が決まった…

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。