#5 見よ、勇者は帰る 恋愛

キャバ嬢が男に逃げられ仕事もクビになったけど、異世界に転生できないので遺跡発掘の人になった件
竹田行人 10 0 0 11/03
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「見よ、勇者は帰る」


登場人物
栗田百合(26)ホステス
高野範義(63)土木会社代表
高野幸恵(65)高野の妻


==================== ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「見よ、勇者は帰る」


登場人物
栗田百合(26)ホステス
高野範義(63)土木会社代表
高野幸恵(65)高野の妻


========================================


○ライフパーク武蔵野台・203号室・中(夕)
   がらんどう。
   栗田百合(26)、立っている。
   部屋の中央に1枚の書き置き。
   百合、書き置きを拾う。
孝の声「百合へ オレは男のロマンを追いかけることにした 借りた金は出世払いで必ず返す アディオス 孝」
   百合、書き置きを握りつぶす。

○クラブ「スイートメモリー」・店内(夜)
   店内はほぼ満席。
黒服「ようこそ。スイートメモリーへ」
   黒服、客を迎え入れている。
   百合、ドレス姿で席に着く。
   高野範義(63)と社長、百合を見る。
百合「マロンでーす。お願いしまーす」
   百合、社長に名刺を渡す。
高野「社長。出資の件なんですが」
社長「そんな話は後々。マロンちゃんか」
高野「いや。しかし」
社長「くどいよ」
高野「すみません」
   社長、百合を眺めた後、腰に手を回す。
百合「あ。いや。ここはそういうお店では」
社長「ま。ま。固いこと言わずにさ。女性ってのは、男のロマンだから」
百合「男の。ロマン」
社長「そう。男の」
   百合、社長の胸倉を掴み、持ち上げる。
高野「おおっ!」
百合「舐めんな!」
   百合、右ストレートの構え。

○同・裏口・外(夜)
   雨が降っている。
   百合、黒服に放り投げられる。
   ドアが閉められる。
百合「とりあえずネカフェでシャワー」
   百合に差し出される傘。
   高野、百合に傘を差し出している。
百合「あ。さっきの」
高野「あんた。なんかスポーツやってただろ」
百合「え」
高野「座った状態から片腕だけで男を持ち上げる。かなりの腕力だ」
百合「ああ。競技ボート。やってました」
高野「ボートか。そうかそうか」
百合「あの」
高野「あんた。ウチで働かないか」
   百合と高野、目を見合わせる。

○三島堂百貨店開発予定地
   更地のあちこちに掘り返した跡がある。
   一角にプレハブ。
百合の声「遺跡発掘、ですか」
   「高野土木興業」の看板。

○同・プレハブ・内
   ロッカーが並んでいる。
   百合と高野、向かい合っている。
高野「そう。ここは弥生時代の集落の跡だ」
百合「じゃあ、恐竜の化石とか」
   百合と高野、目を見合わせる。
高野「ここでは主に銅鏡を探してる」
百合「どうきょう」
高野「まぁ。いい。とりあえず。行こう」
   高野、立ち上がる。

○同・住居跡
   百合と高野、掘り返された住居跡に立っている。
   足元のバケツに土器のかけらが溜められている。
高野「あそこだけ色が違うだろ」
百合「え? ああ。はい」
   掘り返した住居跡の中に、四角く明るい色の土が残っている。
高野「住居の中で火を焚いていたところだ」
百合「へぇ」
高野「想像するんだ」
   百合と高野、周囲を見渡す。
   弥生時代の風景が重なる。
   弥生人、火を焚いた上に土器を置き、野草を煮ている。
高野「ロマンだろ」
   弥生時代の子どもたち、追いかけっこのようなことをしている。
百合「ロマンなんて、くそくらえです。そんなもの追いかけて何になるんですか」
   現代の風景に戻る。
百合「周りの人間は、いい迷惑です」
   百合、高野に背を向けて歩いて行く。
   高野、百合の背中を見送る。
     ×  ×  ×
   百合、大量に土が載った一輪車を押している。
百合「き。つ」
   載積場に辿りつき、土を捨てる百合。
   百合、現場の外に目をやる。
   高野、高野幸恵(65)と並んで現場を見ている。
百合「何アレ。さぼり」
   高野、幸恵に話しかけている。
   幸恵、笑顔で頷きながら聞いている。

○同・プレハブ・外(夕)
   百合、水道で手を洗っている。
   爪にまで土が詰まっている百合の手。
   幸恵、百合の方へ歩いてくる。
幸恵「なかなか取れないのよね」
百合「え。あ。さっきの」
幸恵「高野の家内の幸恵と申します」
百合「ああ。どうも。栗田、百合と言います」
幸恵「ウチの人からあなたのこと聞いたら、一度お話してみたくなったの。今よろしいかしら」
百合「え。ええ。私でよかったら」
幸恵「あなた、片手でクマと闘えるんですって? すごいわねぇ」
百合「えー。闘えません。あのオヤジなに言ってんだ」
幸恵「そうなの。残念」
百合「すみません。ご期待に沿えなくて」
幸恵「いいのよ。あの。どこかに座って」
   幸恵の手が宙を泳ぐ。
百合「え」
幸恵「ごめんなさいね。私、目が見えなくて」
百合「ああ。じゃあ。手引きますね」
   百合、幸恵の手を取る。
幸恵「ありがとう」
   百合、幸恵の手を引き、プレハブの前に連れていく。
百合「ここ。そのまま腰掛けてください」
幸恵「ありがとう。ありがとう」
   百合と幸恵、座る。
百合「あれ。でもさっき。高野さんと現場見てましたよね」
幸恵「あら。見てらしたの」
百合「すみません」
幸恵「いいのよ。別に。ウチの人。よくああやって私に現場を見せるの」
百合「でも」
幸恵「あの人が話すと私にも見える気がするから不思議なのよ。あの人のロマンを見てるのね。きっと」
百合「ロマン。ですか」
幸恵「どうかなさって」
百合「孝。私の彼氏も。その。男のロマンのために出て行っちゃいました」
幸恵「そういうものよ。男の人は。おバカなの。でも。そこがいいのよ」
百合「そうなんですかねぇ」
幸恵「10年くらい前なの。私の目が見えなくなったの」
百合「そうなんですか」
幸恵「なんだか。なんにもする気がなくなってしまって。見えないから身だしなみなんかもボロボロで」
百合「そうですか」
幸恵「そんな時。ウチの人が言ったの。鏡を見ろって」
百合「え」
幸恵「見たって見えないって。私言ったの。そうしたら。昔から男はロマンを見て、女は鏡を見てたんだ。って」
百合「男はロマン。女は鏡」
幸恵「おバカでしょう」
百合「はい。あ。いや。その」
幸恵「でも。そういうおバカに救われることもあるのよね」
   幸恵、微笑んでいる。

○同・住居跡
   百合、掘り進めている。
   高野、百合に歩み寄る。
高野「精が出るな」
百合「バカじゃないですか」
高野「なに」
百合「なにが男はロマン。女は鏡ですか。現実を見てください」
高野「あんた。幸恵と話したのか」
百合「実際資金繰り、困ってるんですよね。 ロマンはお金になりませんよ」
   百合と高野、目を見合わせる。
百合「銅鏡だかなんだか知りませんけど、見つけてスポンサーに売り込まないと」
高野「あ。ああ」
   百合、掘り続ける。
   高野、スコップを持つ。
   金属音。
   百合と高野、目を見合わせる。

○PC画面
   ニュースサイトページ。
   銅鏡を持つ百合と高野と幸恵の写真。
   3人とも満面の笑み。
百合の声「あの。この記事なんですけど。見出し。なんとかなりませんか」
   記事の見出しは「ロマンを掘る女」。

               〈おわり〉

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。