セイギノミカタ 中編 (2005年) コメディ

新聞記者の青年とヤクザの娘。 ロミオとジュリエットも匙を投げる2人の恋の行方やいかに! 因縁の相手が登場!
竹田行人 6 0 0 09/24
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「セイギノミカタ 中編」(2005年)


登場人物
沢木優(23)朝売新聞社員
大谷薫(23)優の恋人
大谷勲(50)薫の父・大谷組組長
大谷美智子(52)薫の母
...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「セイギノミカタ 中編」(2005年)


登場人物
沢木優(23)朝売新聞社員
大谷薫(23)優の恋人
大谷勲(50)薫の父・大谷組組長
大谷美智子(52)薫の母
大谷聡美(20)薫の妹
亀山忠(23)優の同級生・便利屋
小山田義郎(63)国会議員
市山剛志(57)市山組組長


========================================


○日本料理屋「こまち」・外観(夜)
   石畳で一間の道。
   両側は竹垣。
   門があり、足元に「日本料理 こまち」の銘が入った置き灯籠。

○同・蔦の間(夜)
   畳敷きの12畳間。
   障子の下半分がガラスになっていて、縁側廊下の向こうにししおどしのある日本庭園が設えられている。
   向かい合った膳が2つ用意されている。
   小山田義郎(63)と市山剛志(57)、膳を挟んで向かい合って座っている。
   膳の上にはお銚子と鮒ずし。
   小山田、お猪口を差し出す。
   市山、お銚子を取り、注ぐ。
小山田「あの時といい。今回といい。市山さんのところにはお世話になりますね」
市山「いえいえ。こちらこそ。小山田先生には良くしていただいてますから」
   小山田と市山、微笑み合う。
小山田「サワキ。ユウくん。ですか」
   小山田、日本酒を一口。
小山田「少し。気になりますね」
   ししおどしが岩を打つ。

○タイトル「セイギノミカタ 中編」

○大谷家・正門
   正門の脇には「大谷組」の看板。

○同・客間
   沢木優(23)と大谷薫(23)、机の前に並んで座っている。
   大谷勲(50)と大谷美智子(52)、沢木と薫の向かいに座っている。
   薫、勲を睨んでいる。
沢木「薫。お父様に向かってそんな」
勲「私は君のお父さんじゃない」
沢木「すみません」
美智子「薫。今日はすき焼きにするから、手伝って」
薫「春菊抜いていいなら手伝う」
美智子「体にいいのよ。春菊。沢木さんも呼ばれてってくださいな」
沢木「いや。でも」
薫「そうして。いいよねお父さん」
勲「食事に他人がいるのには慣れてる」
薫「ユウくんは他人じゃない。このわからずやのコンコンチキのピンカラシャン」
沢木「え。最後のなに」
美智子「あら。言わない? ピンカラシャン」
沢木「いや。初めて聞きました」
美智子「そう。ああ。そう言えば私も嫁いできて初めて聞いたわね」
沢木「ですよねぇ。どこかの方言」
薫「話がズレてる!」
沢木「すみません」
   勲、立ち上がる。

○同・客間外廊下
   大谷聡美(20)、客間に近付き、障子を少し開けて中を覗き込む。
聡美「へぇ。なかなかいい男じゃん。ねぇ。便利屋さん。ちょっと」
   聡美、手招きをする。
   亀山忠(23)、聡美の後ろにつく。
亀山「ちょっと。聡美お嬢さん。やっぱよくないですよ。こういうの」
聡美「し。静かに。偵察偵察。今回お姉ちゃんが失敗すれば、あたしの幸せも遠のくんだから」
亀山「聡美お嬢さんの幸せは、もうずっと前からこの亀山がお約束して」
聡美「はいはいわかったわかったありがとね。で。静かにね」
勲の声「とにかく。私は反対だ」
薫の声「お父さん!」
   勲、障子を開ける。

○同・客間
   聡美と亀山、客間になだれ込んでくる。
薫「聡美」
沢木「カメ」
亀山「ユウ」
   沢木と亀山、目を見合わせる。
勲「便利屋。馴染みか」
亀山「はい。小、中と一緒でした。へー。優が薫お嬢様の婚約者。へー」
薫「そう。2人知り合いだったんだね」
勲「で。なんでお前たちはそこにいたんだ」
沢木「カメが。便利屋が。なんでここに」
薫「え。と。え。考えたことなかった。でももう半分家族みたいにずっといる」
勲「表の仕事をやってもらうためだ」
沢木「表の。仕事」
聡美「へー。そーだったんだ」
亀山「聡美お嬢さんまで。自分をなんだと思ってたんですか」
聡美「え。便利屋さんは。便利屋さん」
薫「ねぇ」
聡美「うん」
   薫と聡美、目を見合わせる。
亀山「ええぇ」
勲「で。なんでお前たちはそこにいたんだ」
聡美「沢木さんは、お仕事は何をしてらっしゃるんですか。美貌の妹。聡美です」
沢木「あ。はじめまして。え。と。ああ。朝売新聞で記者をやっています」
聡美「朝売! 大手! 手堅い! カッコいい! 大手! 巨悪を暴くんですね!」
薫「なんで大手2回言ったの」
聡美「大事なとこだから」
沢木「いや。僕の仕事は投書欄ですから」
薫「経済面の裏ね」
亀山「投書欄で何の記事書くんだ」
沢木「まだ記事なんか書かせてもらえないよ。読者からの投書に返事書くんだ」
勲「で。なんでお前たちはそこにいたんだ」
美智子「お仕事。地味ねぇ」
   一同、美智子に目をやる。

○同・縁側(夜)
   月が浮かんでいる。
   板張りの廊下。
   沢木と亀山、将棋を指している。
   亀山、駒を進める。
亀山「初戦敗退」
   沢木、駒を進める。
沢木「敗者復活」
   亀山、駒を進める。
亀山「五里霧中」
   沢木、駒を進める。
沢木「七転八起」
   亀山、駒を進める。
亀山「再起不能」
沢木「うわっ。やられた。今の待った」
亀山「待たねえよ」
   携帯電話のバイブ音。
沢木「悪い。はい沢木です。ああ。宮澤さん。いつもお世話に。え。先生が。私にですか。はい。わかりました。すぐ伺います」
   沢木、携帯を切る。
亀山「上手いこと言っとく」
沢木「さんきゅ。利子まけとく」
   沢木、出ていく。
   亀山、沢木の背中を見送る。
亀山「利子取るつもりだったのかよ」
美智子の声「あら。将棋」
   美智子、亀山に歩み寄る。
亀山「ああ。すんません。借りてました」
美智子「いいわよいちいち」
   美智子、盤面を見て、亀山の前に座ると駒を進める。
美智子「いいわね。男の友情って」
   亀山、駒を進める。
亀山「そうですか」
   美智子、駒を進める。
美智子「いい人ね。沢木さん」
   亀山、駒を進める。
亀山「優しいだけが取り柄です。アイツは」
   美智子、駒を進める。
美智子「似てるわ。なんとなく」
   亀山、駒を進める。
亀山「え。誰とですか」
   美智子、駒を進める。
美智子「王手」
   亀山と美智子、目を見合わせる。
   雨が降り始める。
美智子「あら。雨」
亀山「ああ。そういや言ってましたね」
   亀山と美智子、空を見上げる。
   亀山、駒を動かす。
   美智子、亀山の動かした駒を戻す。
   亀山と美智子、目を見合わせる。

○日本料理屋「こまち」・外(夜)
   雨が降っている。
   小山田の秘書・宮澤、傘を手に門の外で立っている。
   沢木、傘を手に宮澤に歩み寄る。
沢木「宮澤さん。遅くなってすみません。今回はなにかと動いてくださって本当に」
宮澤「先生はまだ先客との会食中です」
沢木「はぁ。あの。先客というのは」
宮澤「お知りにならない方が」
   沢木と宮澤、目を見合わせる。

○同・物陰(夜)
   雨が降っている。
   人影、沢木と宮澤の様子をうかがっている。
宮澤「先生にお知らせしてまいりますので。こちらで少しお待ちください」
沢木「はい。ありがとうございます」
   宮澤、中に消える。
   人影、沢木に駆け寄る。
沢木「え。ちょ」
   鈍い打撃音。

〈後編へ続く〉

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。