線路-第4回恵那峡映画祭 脚本部門応募作品- 恋愛

大樹、昇太、奈々未は幼馴染。物語は昇太と奈々未の結婚式からはじまる。3人で電車に乗っていると急停車、街が停電となる。3人は線路の上を歩く。奈々未はレールの上を歩き出し、危ないから手をつなごうと大樹に言う。大樹は、ずっと奈々未のことが好きだった。手をつなぐ大樹と奈々未。真っ暗な線路の上で、月光が奈々未の横顔を照らす。大樹はその横顔を見つめる。物語は、停電が復旧して歩きはじめる3人で終わる。
Parade556 49 0 0 10/04
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

...続きを読む
「線路-第4回恵那峡映画祭 脚本部門応募作品-」(PDFファイル:145.69 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「線路-第4回恵那峡映画祭 脚本部門応募作品-」(PDFファイル:145.69 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。