虹色の花とパラレルワールド SF

図書館で魔法の本に出会ったリナは、パラレルワールドに連れて行かれます。そこでは想像力が現実になり、リナは色々なことを楽しみます。しかし、帰る道を忘れてしまいます。リナは虹色の花の助けで図書館に戻りますが、本は普通の絵本に変わってしまっていました。
松岡 伸幸 38 0 0 05/13
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

本好きの女の子リナは、図書館で「パラレルワールドへの旅」という魔法の本に出会います。その本を開くと、リナは虹色の光に包まれて別の世界に連れて行かれます。そこは色とりどりの花や木や動 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

本好きの女の子リナは、図書館で「パラレルワールドへの旅」という魔法の本に出会います。その本を開くと、リナは虹色の光に包まれて別の世界に連れて行かれます。そこは色とりどりの花や木や動物がいて、空には七色の月が浮かぶ不思議な世界でした。リナはその世界で自分の想像力が現実になることを知り、空を飛んだり水中で息をしたり動物と話したりします。リナは楽しくて仕方ありませんでしたが、お母さんのことを思い出して帰ろうとします。しかし、リナはどこから来たのかわからなくなってしまいます。リナは不安になって泣きそうになりますが、足元に虹色の花を見つけます。その花はリナに話しかけて、図書館に連れて行ってくれると言います。リナはその花に感謝してから図書館に戻りますが、本は普通の絵本に変わってしまっていました。リナはお母さんにパラレルワールドのことを話しますが、信じてもらえませんでした。でもリナはまたパラレルワールドに行きたいと思います。

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。