結ぶ想いは思い出の中に ファンタジー

世界的ピアニストである新井秀一と結婚した智花。 2人の間には秀一の連れ子である祐樹がおり、3人で幸せに暮らしていた。 だが秀一が急死してしまい日々が一変する。 取り残された2人は智花の実家で暮らすことになるが、智花自身は秀一の死を受け入れられずにいた。 そんな時、骨董品店の店主である塚本と出会う。 塚本は思い出を映すブックシェルフを所有していた。 そこで智花は秀一と初めて会った日の思い出に触れることになる。
土橋 真人 43 0 0 06/01
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

...続きを読む
「結ぶ想いは思い出の中に」(PDFファイル:438.55 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「結ぶ想いは思い出の中に」(PDFファイル:438.55 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。