第四象限の命題 -Wink Killer サブテクスト 新庄司 編- ミステリー

刑事の千里は捜査のために訪れた病院の屋上で解剖医の新庄と世間話を始める。 話はやがて迷宮の入り口に向かっていく。
竹田行人 75 0 0 07/11
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「第四象限の命題」


登場人物
新庄司(28)医師
藤倉千里(28)刑事

========================================

...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「第四象限の命題」


登場人物
新庄司(28)医師
藤倉千里(28)刑事

========================================


○帝和大学付属病院・外観
   鉄筋7階建ての建物。
   壁に「帝和大学付属病院」の文字。

○同・屋上
   物干し竿が並んでいて、大量のシーツが干されている。
   新庄司(28)、白衣を着て柵に寄りかかり、街を眺めている。
千里の声「新庄先生」
   藤倉千里(28)、紙コップを両手に持ち、新庄に歩み寄る。
新庄「ああ。藤倉さん」
千里「コーヒー。全部入りです」
新庄「ありがとうございます」
   新庄、千里から紙コップを受け取る。
新庄「お仕事ですか?」
千里「ええ。先日の解剖所見のことで教授にご意見を伺ってきたところです」
新庄「刑事さんも大変ですね」
千里「いえ。仕事ですから」
   千里、柵に寄りかかる。
千里「あの。教授から聞きました。今朝の解剖のこと」
新庄「ああ」
千里「虐待だったそうですね」
新庄「ええ。先ほど警察にも報告を」
千里「はい。生活安全課が動いてます」
新庄「そうですか」
   学校のチャイムが小さく聞こえる。
千里「あの」
新庄「はい」
千里「えっと。その。あの」
新庄「なんでしょう?」
千里「あー! やっぱ無理!」
新庄「え?」
千里「教授に、新庄先生きっと凹んでるから元気付けてほしいって言われたんですけど。私そういうの苦手で」
   千里、新庄に向き直る。
千里「あの。元気。出してください」
   新庄、吹き出す。
千里「え」
新庄「いえ。元気。出します」
千里「よかった」
   子ども達の談笑が聞こえる。
新庄「小学校三年生の時。クラスでインコのつがいを飼っていたんです」
千里「え?」
新庄「思い出話です。卵が産まれて。クラスの皆がヒナを楽しみにしていました」
千里「私のクラスもメダカ飼ってました」
新庄「そうですか。ある日。インコの母親が自分の卵を割りました」
千里「え」
新庄「過度にストレスがかかると、そうなることもあるんだそうです」
千里「そうなんですか」
新庄「親なのに、なんで自分の子どもを大事にできないんだって。子ども心に思ったのを覚えています」
千里「新庄先生」
新庄「虐待のご遺体に出会うと、いつもあの日のことを思い出すんです。ああ。すみません。こんな話」
千里「いえ。たぶん優しすぎるんですよ。新庄先生は」
新庄「やさしすぎる?」
千里「優しすぎるから二〇年近く前のことにいまだに心を痛めてる」
新庄「やさしい。か。やさしいのかな?」
千里「優しいです」
新庄「それは、たとえば僕が人を殺したことがある。と言ってもですか?」
   風に煽られたシーツが音を立てる。
千里「え?」
新庄「たとえばの話です」
千里「いや。冗談きついですよ。新庄先生がそんなことするわけないじゃないですか」
新庄「そんなことするわけない」
千里「そうですよ」
新庄「藤倉さん。ジョハリの窓ってご存知ですか?」
千里「ジョハリの窓。いいえ」
新庄「心理学の考え方なんですけど」
   新庄、紙コップを千里に渡すと、白衣からメモを取り出し、新しいページに大きく田んぼの田の字のような四分割の正方形を描く。
新庄「心をこんな風に四つの象限、窓に分けて、左側二つを自分が知っている自分、右側二つを自分が知らない自分とします」
千里「はぁ」
新庄「で、今度は上下に見て、上段二つを他人が知っている自分、下段二つを他人が知らない自分、という風に考えるんです」
千里「なんか遺伝のアレみたいですね。ってことは左上のここが、自分も、他人も、知っている自分ってことですね」
新庄「ええ。右上の第二の象限が、自分は知らない、他人は知っている自分」
千里「左下は、自分は知っているけど他人は知らない自分。へぇ。おもしろい」
新庄「そして右下、第四象限。ここは、自分も、他人も、知らない自分」
千里「自分も、他人も、知らない自分」
新庄「そこにはいると思うんです」
千里「いるって。なにが?」
新庄「やさしくない僕が」
   新庄、メモの第四象限を塗りつぶしていく。
千里「なに言ってんですか。私こう見えて刑事ですよ。いい人かどうかは見ればわかります。新庄先生は、いい人です」
新庄「ありがとうございます」
千里「いえいえ。これ。お返しします」
   千里、新庄に紙コップを渡す。
新庄「ありがとうございます。藤倉さんはどうして刑事になったんですか?」
千里「え?」
新庄「解剖医は、たくさんの刑事さんに会います。でも藤倉さんは雰囲気が柔らかいので。なにか違うのかな、と思って」
千里「あー。ウチ。姉妹多くて。私長女だったし。給料がそこそこ良くて安定した仕事に就きたかったんです」
新庄「現実的ですね」
千里「ああ。すみません。だからムネアツな。正義とか大義とか理想とか? 正直よくわからないんです」
新庄「だから違うんですかね」
千里「かもしれませんね。新庄先生はどうして解剖医に?」
   風に煽られたシーツが音を立てる。
新庄「別に解剖医じゃなくても。もっと言えば医者じゃなくてもよかったんです。周りがすごいって言ってくれる職業なら」
千里「なんか意外です」
新庄「そうですか?」
千里「はい。もっと理想とか、信念とか、こう、確固としたものがあって、解剖医をされているんだと思ってました」
新庄「すみません」
千里「いえ。全然。私もそうですから。似てますね」
新庄「え」
千里「似てますね。私たち」
   風に煽られたシーツが音を立てる。
新庄「違いますよ」
千里「え?」
新庄「僕と藤倉さんは全然違います」
千里「新庄先生」
新庄「僕の実家。すごく田舎なんですよ」
千里「そうなんですか」
新庄「そんな中。父は地元のテレビ局に勤めていて。なんというか。周囲の雰囲気とは不釣り合いにチャラチャラしていました」
千里「新庄先生とは真逆ですね」
新庄「どうでしょう。父は絶えず母と喧嘩していて。そして。外に恋人がいました」
千里「不倫。ですか」
新庄「といっても田舎のことです。僕は父の恋人とも、よく顔を合わせていました」
千里「なんか。フクザツですね」
新庄「よくその状況に耐えていたなと自分でも思います」
   夕方の時報が小さく聞こえる。
新庄「ある日。小学校近くの川で放課後。偶然父の恋人と会った時、聞いたんです。父と結婚する気はあるのかって」
千里「その方はなんて」
新庄「そうしたいと答えました」
千里「そうですか」
新庄「でも。私がほしいのはあなたのお父さんだけ。あなたはいらない。そう言われたんです。その時思いました」
   新庄、紙コップを握りつぶす。
新庄「いらないのは。お前だ」
千里「新庄先生」
新庄「だから。もう誰にもいらないと言われないように。人が羨むような職業に就きたい。そう思ったんです」
   新庄の手からコーヒーの雫が滴り落ちている。
千里「ひとつ。聞いてもいいですか?」
新庄「なんでしょう?」
千里「その。お父様の恋人の方は、その後どうなったんですか?」
新庄「僕と話した翌日。溺死体で発見されました」
千里「え」
新庄「警察の調べでは酔っ払って橋の上で足を滑らせ川に落ちたのではないかということでした」
千里「それは」
新庄「不幸な事故だったようです」
   新庄の白衣の袖口、コーヒーで黒く汚れている。
千里「不幸な事故」
   千里、新庄を見つめている。

〈おわり〉

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。