友達の唄 学園

佐伯優香16歳。美少女ゆえに男子から連日告白され、女子からは妬まれる日々。浅野和樹(16)と仲良くなり、優香は和樹の勧めで胸の内の憎しみの言葉を夜空に向かい大声で叫ぶ。 (「妹の姉」後日談))
kaz_fey 74 0 0 01/26
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「友達の唄」

 人 物

佐伯優香(16)高校1年生
浅野和樹(16)そのクラスメート
矢部葵(16)そのクラスメート
佐伯佳奈(18)優香の姉
担任教師

...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「友達の唄」

 人 物

佐伯優香(16)高校1年生
浅野和樹(16)そのクラスメート
矢部葵(16)そのクラスメート
佐伯佳奈(18)優香の姉
担任教師


○葉山南高校・正門

門柱に『葉山南高等学校』のプレート。

○同・職員室・中

浅野和樹(16)が担任教師に近付く。

担任教師が和樹に大きな封筒を手渡す。

担任教師「クラスの皆にはもう言ったのか?」

和樹「いえ、まだ言ってないです」

担任教師「そっかぁ。でも寂しくなるなぁ」

和樹「俺、そういうの慣れてますから」

○同・1年C組教室・中

大きな二重の瞳。鼻がスッとして整った顔の佐伯優香(16)がヘッドホンをして1人で弁当を食べている。斜め前の席に和樹が戻ってくる。優香がチラッと見る。和樹、鞄に大きな封筒をしまい、取り出した小説を読み始める。

クラスの男子達がチラチラと優香を見ている。矢部葵(16)が男子達の視線の先にいる優香を冷たい目で見ている。

○同・図書室・中(夕)

和樹、空いている席に座ると、大きな封筒を鞄から取り出す。

封筒には『宮城県立石越高校』の文字。

 ×   ×   ×

和樹、帰り支度をして席を立つ。

窓の外、雨が降り出す。

○同・廊下(夕)

男子生徒が優香に告白している。優香、深く頭を下げ、足早にその場を離れる。

○同・下駄箱前(夕)

和樹がぼんやりと外の雨脚を見ている。

優香がやって来て和樹に気付く。ドギマギした口調で、和樹に声をかける。

優香「浅野君、まだ居たんだ。どしたの?」

和樹、優香の声に振り返る。

和樹「えっ?あぁ佐伯かぁ。いや、雨降って来ちゃったなぁって」

優香「傘は?持ってないの?」

和樹、苦笑いしながら、

和樹「うん。天気予報は見るべきだよね」

優香、和樹と目を合わせず、小声で、

優香「あ、あの、もし嫌じゃなければ、その」

○道路(夕)

1つ傘の下、並んで歩く優香と和樹。

和樹「入れてくれてありがと。でも大丈夫?」

優香、ポーっとして頬が紅潮している。

優香「……えっ?大丈夫って?何が?」

和樹「いや、あの、ほら、佐伯にはファンが多いみたいだからさ。この状況は……」

優香「えっ?大丈夫、大丈夫。全然、大丈夫」

優香が傘を持つ手を振り、水滴が飛び散る。優香、慌てて謝る。和樹、小さく笑う。優香も小さく笑う。

 ×   ×   ×

和樹「佐伯って、いつも何聴いてるの?」

優香「えっ?」

和樹「お昼、いつもヘッドホンしてるじゃん」

優香「あぁ、うん。好きなジャンルは色々。でもね、一番好きなのはバンプ」

和樹「バンプ・オブ・チキンのこと?」

優香「そう!浅野君も聴いたりする?」

和樹「『天体観測』知ってるくらいかなぁ」

優香「知ってるんだ!でもね、他にも良い曲いっぱいあるんだよ!『友達の唄』とか『ray』とか、もう本当にいっぱい!」

優香、声のテンションを上げてバンプを語り続ける。和樹、興味有り気に、

和樹「そんなに良い曲多いんだったら、佐伯を信じて、今度聴いてみようかなぁ」

優香「本当!だったら私、全部持ってるから今度持ってくるよ!浅野君も聴いてみて!」

○土手(夕)

オレンジのグラデーションが綺麗な雲。

遊歩道を並んで歩く優香と和樹。

優香、バンプのCDを和樹に手渡す。

○葉山南高校・1年C組教室・中

優香、ヘッドホンをして一人で弁当を食べながら、斜め前の和樹をチラチラと見る。和樹もヘッドホンをしている。

○土手(夕)

遊歩道を並んで歩く優香と和樹。

和樹、優香に小説を手渡す。

○葉山南高校・1年C組教室・中

優香、ヘッドホンをして一人で弁当を食べながら、小説を読んでいる。

和樹がチラッと優香の方を振り返る。

優香と目が合う。2人で小さく微笑む。

○マンション・外観(夜)

5階建て。築年数を感じさせる外壁。

○同・佐伯家・玄関・外(夜)

玄関扉に『佐伯』と書かれた手製のプレート。

○同・キッチン(夜)

優香がチョコを作っている。佐伯佳奈(18)が部屋から出てくる。

佳奈「あんたねぇ。私が受験地獄の真っ最中だってのに、そんな甘い匂いさせて!もしかしてバレンタインの手作りチョコとか?」

優香「あっ、お姉ちゃん。毒見して、毒見」

優香、佳奈の口にチョコを放り込む。

佳奈「まぁチョコで振られる事はないかもね。でもさぁ、あんたが男の子にチョコって、誰?前から気になってた子?教えなさいよ」

佳奈、優香をくすぐる。優香、逃れようとする。次第に、じゃれ合う姉妹。

○土手(夕)

遊歩道を並んで歩く優香と和樹。

立ち止って2人ともスマホを取り出す。スマホをシャカシャカする。

優香と和樹を、遠くから見ている葵。

○葉山南高校・屋上

男子生徒が優香に告白している。優香、深く頭を下げ、足早にその場を離れる。

○同・1年C組教室・中

ヘッドホンをして小説を読んでいる和樹に近付き、話し掛ける葵。

葵「和樹君、何聴いてるの?」

和樹「えっ、何?」

和樹、ヘッドホンをはずす。

和樹「珍しいじゃん。話し掛けてくるなんて」

葵「えーっ、そんなことないじゃん」

優香が教室に戻って来る。和樹と話している葵に気付く。葵、思わせ振りな笑顔を優香に見せ、和樹から離れる。

○土手(朝)

T.2月14日

遊歩道沿いの土に霜柱が立っている。

○葉山南高校・1年C組教室・中

優香は席に着き、机の上に置いた鞄の中のチョコを手で触っている。和樹が教室に入って来て席に着く。

葵が和樹の席に来て、これ見よがしに和樹にチョコを手渡すと甘えた声で伝える。

葵「和樹君。私の気持ち受け取って下さい!」

和樹、呆気に取られる。

葵「和樹君、これ、義理チョコじゃないよ!」

優香、和樹と葵のやり取りを見つめる。

和樹が葵に答える。

和樹「ゴメン。受け取れない」

葵「えーっ、何で?」

和樹「っていうか、俺、矢部の事知らないし」

葵「……」

葵、教室を見渡して大声で話す。

葵「あーあ。振られちゃったぁ。やっぱり和樹君も見た目重視な男子かぁ。やっぱり女子は『顔』ってことね。なんか、がっかり」

教室内の視線が和樹に集中する。和樹、言い返そうとして止める。

優香、葵を見る。葵と目が合う。

葵の目は笑っている。

優香、肩を震わせ机に視線を落とす。

優香、小さく擦れた涙声で呟く。

優香「私達の大切な……、絶対許せない」

○マンション・優香の部屋・中(夕)

ベッドでうつ伏せの優香。

枕元のスマホに和樹からのメッセージ。

『土手で待ってる』の文字。

○土手(夜)

遊歩道に並んで立つ、優香と和樹。

優香「浅野君。今日は本当、ごめんなさい」

和樹「何で佐伯が?。悪いのは矢部だろ」

優香「そうだけど、浅野君を嫌な気持ちに」

浅野、遮るように話す。

和樹「佐伯。俺は矢部の事、大っ嫌い。ムカつく。消えちゃえばいいのにって思う。佐伯は?」

優香「そんなの、私だって同じ気持ちだよ」

和樹「じゃあ、そう言っちゃえば良い」

和樹、夜空に向かって大声で叫ぶ。

和樹「矢部!ムカつくんだよ!消えちまえ!」

和樹、優香を促す。

和樹「佐伯。大声で言っちゃえよ。叫べよ」

優香、和樹を見つめる。

頷いて、大きく息を吸い込み、夜空に向かって叫ぶ。

優香「矢部!あんたの事、絶対に許さない!」

和樹「矢部!お前ムカつくんだよ!」

優香「消えちゃえ!矢部!ブス女!」

優香と和樹、大声で夜空に叫び続ける。

優香「人を見た目で判断する奴。皆消えちゃえ!」

和樹「親父!お前のせいでいつも俺はな!」

和樹が優香を見つめる。

優香、慣れない大声に時折り咳込むが、叫び続ける。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。