オール・サマー・ロング ドラマ

藤井鉄平(32)は海岸沿いの小さなガソリンスタンドの店長。美人の来客や、花火大会、地域FMにリクエストした楽曲がラジオから流れる日々。この夏を楽しもうとしている。
kaz_fey 48 0 0 01/25
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

「オール・サマー・ロング」

人 物

藤井鉄平(32)ガソリンスタンド店長
安達健人(21)アルバイト
志村美帆(25)サーファーガール
富永マキ(35)地域FM ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「オール・サマー・ロング」

人 物

藤井鉄平(32)ガソリンスタンド店長
安達健人(21)アルバイト
志村美帆(25)サーファーガール
富永マキ(35)地域FMラジオ DJ


○県道

片道一車線の曲がりくねった道、ホンダの軽自動車(N-ONE)が走っている。ボンネットと屋根に2本のストライプ。

○走るN-ONE・車内

折りたたんだ助手席にはサーフボード。

道沿いの景色、青い空。沸き立つ白い雲。車窓越しに後方に流れていく。

右手には小さな浜辺。海面が光り輝く。

ボンネットから白煙が上がる。

運転する志村美帆(25)が焦る。

健康的な日焼け顔。

左手前方に小さなガソリンスタンドが見える。美帆、左折ウインカーを出す。

○ガソリンスタンド・給油スペース

車3台でいっぱいになりそうな狭い給油スペース。奥にはガラス張りの事務所。ガラス扉が開いている。

ガソリンスタンドに白煙を上げてN-ONEが入ってくる。

ツナギ姿の藤井鉄平(32)が事務所から出てくる。両手を挙げて大声で車を誘導する。

藤井「オーライオーライ。はい、OKでーす」

運転席側の窓が開く。美帆慌てている。

美帆「ス、スミマセン。助けて。煙がぁぁ」

藤井、慌てる美帆を見つめる。

窓から顔を入れ、計器類を覗き込むと神妙な顔付きで美帆に伝える。

藤井「なるほどねぇ、こりゃあお姉さんが悪いよ」

美帆「えぇ?私、なんかやらかしてます?」

困って苦笑いする美帆。

藤井、キーを回しエンジンを切る。

藤井「オーバーヒートしちゃったんだよ」

ニコニコと美帆に話し続ける。

藤井「お姉さん、綺麗でホットすぎるから」

藤井、言い終えると欲しがるような表情で美帆の反応を待つ。

美帆、間をあけて吹き出す。

藤井も笑いだす。

ボンネットの白煙が収まっていく。

○ガソリンスタンド・事務所前

安達健人(21)が藤井と美帆を見ている。

藤井と同じ、オリジナルのツナギ姿。

○ガソリンスタンド・出口付近

去っていくN-ONEを見送っている藤井。

健人、歩いてやって来て、隣に立つ。

事務所からラジオの音が聴こえてくる。

DJマキの声「皆さん、お元気ですか?今日も夏らしい、いい天気ですねー」

○地域FM局・DJブース・中

マイク前に座り、リクエストメッセージを読んでいる富永マキ(35)。

マキ「それでは今日の1曲目。常連リスナー、GS鉄平さんからのリクエストで、The Beach Boys、『Fun,Fun,Fun』」

○ガソリンスタンド・出口付近

ラジオから流れるマキの声を聴いて、藤井が小さくガッツポーズする。

藤井「さっすがマキさん。分かってるなぁー」

隣に立つ健人、笑いながら茶化す言葉。

健人「まーた、ナツメロリクエストですか?」

藤井「(笑って)ナツメロっていうな。またって言うな」

藤井、曲に合わせて適当に踊り始める。

健人、ふざけてエアギターで答える。

ガソリンスタンドに楽曲が流れ続ける。

○ガソリンスタンド・全景(夕)

オレンジ色のアスファルト。

給油スペースには複数台の車。

藤井と健人、忙しそうに動きまわる。

○海岸(早朝)

県道沿いに広がる砂浜。海上ではサーファー達が波乗りを楽しんでいる。

○同・海上(早朝)

美帆、サーフボードに跨って波を待つ。

乗る波を決めて、パドリングを始める。

来た波に乗ろうとするが失敗する。

○ガソリンスタンド・事務所ドア前

暇そうに立っている藤井と健人。

ストライプ柄のN-ONEが入ってくる。

助手席の窓が開く。

美帆「店長こんにちは。元気貰おうと思ってまた来ちゃいましたー」

藤井、嬉しそうにN-ONEに近寄る。

健人、肩をすくめる仕草。

○ガソリンスタンド・出口付近

N-ONEを見送る藤井と健人。

藤井「美帆ちゃんがさぁ、今度一緒にドライブ行きましょう、だってさぁ。あはは」

健人、無表情に穏やかな口調で、

健人「そうですか、良かったですね、店長」

浮かれている藤井。

健人「今夜の花火大会も誘ったんですか?」

藤井「え?あぁ、今日は予定があるんだって」

健人、口角があがり、穏やかな口調で、

健人「そうですか。残念でしたね、店長」

海からの風が健人の前髪を揺らす。

○砂浜

ガソリンスタンド向かいの砂浜。

人々がそれぞれに場所取りしている。

○砂浜(夜)

多くの見物客で埋め尽くされている。

○ガソリンスタンド・給油スペース脇(夜)

ディレクターズ・チャアが2つ、間にテーブルを挟んで並んでいる。

それぞれに腰掛けている藤井と健人。

夜空の方を見ながら話している。

落ち着きない仕草をしている藤井。

藤井「あーっ、ワクワクするな」

健人「店長って、いつも悩み無さそうで、本当羨ましいです」

藤井「(笑って)なんだよ健人。お前、また俺の事ディスってんのか?」

健人「えっ、あ、……いや、違いますよ」

藤井、テーブルの缶ビールを一口飲む。

夜空を見上げたまま話し掛ける。

藤井「あれか、健人、お前、なんか若さゆえに悩んじゃったりしてんのか?」

健人「えっ?いや、そういうんじゃ」

開始の合図に、小さな花火が上がる。

藤井「まぁ、あれだよ、あれ。悩みってのは、そのほとんどが頭ん中の出来事って事だよ」

藤井、缶ビールを更に一口飲む。

藤井「頭ん中にあるうちは心配しなくていい」

海上から花火が打ち上がる。

頭上で破裂し、音がズシンと腹に響く。

呆けた表情で夜空を見つめる2人。

顔が明るく照らし出される。

飲みかけの缶ビールを健人に渡す藤井。

健人、受け取り、しばらく見つめる。

次々と上がる花火。砂浜で上がる歓声。

健人、横目でチラっと藤井を見る。

楽しそうな表情で夜空を見続けている。

健人、大事そうに両手で缶ビールを持ち、そっと口をつける。

頭上、ひときわ大きな花火が上がる。

眩い光の輪の中に2人が包み込まれる。

○ガソリンスタンド・全景

陽光が反射してアスファルトがキラキラと輝いている。

○ガソリンスタンド・給油スペース

ストライプ柄のN-ONEが入ってくる。

誘導後、運転席側に回り込む藤井。

藤井「いらっしゃい、美帆ちゃん」

美帆、藤井に会釈する。続けて助手席に座る女性に話し掛ける。

美帆「ね?いいでしょ?穴場って感じで」

藤井、助手席を覗き込み、ニヤける。

藤井「美帆ちゃん1人でもボンネットが煙吹くんだからさぁ、助手席に彼女まで乗っけちゃったら、この車、爆発しちゃうかもよ」

美帆、笑いながら藤井に伝える。

美帆「あはは、ありがとう店長。あのね、実はね、このひとね、私の彼女なの。店長には絶対紹介しときたいなっ、て思って」

藤井「(笑って)あっ、そうなんだ。彼女さん」

藤井、ゆっくりと状況を理解し始める。

助手席の女性、嬉しそうに微笑む。

センターコンソールの上で美帆と手をつないでいる。楽しそうな2人の表情。

○青空

○ガソリンスタンド・出口付近

N-ONEを見送る藤井と健人。

健人「今年の夏も、もう終わりですかね?」

藤井、遠くの一点を見つめている。

事務所からラジオが聴こえてくる。

DJマキの声「というわけで、今日もGS鉄平さんからのリクエストが来てますよ。いつもありがとうございます、元気でお仕事してますか?今日もThe BeachBoysからの1曲。鉄平さん、ブレませんね、最高です!それではリクエスト曲で『ALL SUMMER LONG』」

藤井、目を瞑って大きく深呼吸する。

首をコキコキと鳴らし、健人に答える。

藤井「健人君、何言ってんのかな?夏はさ、まだまだ終わらないよ。終わらせませんよ」

健人、藤井を見て微笑む。

ガソリンスタンドに楽曲が流れる。

藤井、笑いながら健人と肩を組む。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。