立松と報道戦争 ドラマ

立松は不倫記事を未華子からのリークから書いていたが、5 年前の因縁の大河内と密会 していることがわかる。その時、立松は昔大河内から受けた報復されたことに恐怖する が、二人が何をしているか気になり、隠れて、内容を聞く。立松は現在、普段は威圧的 で短気な性格であるが、昔に受けた報復に対する恐怖で尻込みするが、再度大河内の身 辺を洗い出すため動き出す。
こたろう 20 1 0 11/22
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人 物
立松和弘(45)週刊文秋の記者
小柳未華子(51)青山芸能プロ所属。女優
新山学(55)週刊文秋編集長
八木清代(25)青山芸能プロ所属。女優
大河内衛(60)東 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人 物
立松和弘(45)週刊文秋の記者
小柳未華子(51)青山芸能プロ所属。女優
新山学(55)週刊文秋編集長
八木清代(25)青山芸能プロ所属。女優
大河内衛(60)東京テレビ取締役
若頭

◯帝東ホテル・会議室前(昼)
   「八木清代(25)不倫記者会見会場」と書かれた立て看板が立っている。

◯同・会議室内(昼)
   立松和弘(45)、睨みながら、左手で持ったボールペンを膝にペチペチと叩いている。
立松「世間の人、ファンの人に何か一言ありましたら、お伝え下さい」
 立松の周りには大勢の記者達がノートPCに一心不乱にキーボードをカチャカチャと打ち
   込んでいる。
   八木清代(25)が壇上の机の前で少し俯き気味に、
清代「(少し棒読み)私は相手方の家族の関係を壊したことをしたことはもちろん、ファンの皆さん
 も裏切りました…(頭を下げる)」
立松「(威圧気味に)あとは?」
清代「…(長い沈黙)。(号泣)本当にすみませんでした」
立松「おいおいおい、相手の家族の関係を壊しといて、泣いて詫びるだけで済まそうと思ってい
 るわけ?テンプレート通りというか、あんたの言葉ではないというか。もっと言うことはない
 んですか?誠意はないんですか?」
   大勢の記者がこそこそ話をし、横目で立松を見ている。
清代「ど、どうすれば…?」
立松「土下座でもしたら?」
   大勢の記者がざわつく。
   清音、目を大きく開き、悲しい表情や不安な表情を繰り返す。ゆっくり机の横まで歩き、
   ゆっくり腰を下ろし、正座する。床に手を置き、深々と頭を下げる。
清代「も、申し訳ございませんでした」
   大勢の記者が一心不乱にカメラを構え、
   会場中がフラッシュで光り輝く。
   立松、悲しく、虚無な表情で清代をじっと見て、カメラで一枚撮影する。

○週刊文秋編集室(夕)
   書類だらけの机が島のように並べられている。ほとんど、席を空けているが、立松と他に
   一人、机に突っ伏して寝ている。
   立松、椅子の背もたれにもたれて、机に足を置いて寝ている。袖まくりされた右腕には
   痛々しい手術跡が見られる。
   新山学(55)、扉から入ってき、立松に近づく。
   立松、新山を横目で睨むように見る。
新山「今回もいいスクープだったわ。ははは、以前、読売新聞の社会部で汚職事件を追ってた正
 義感の塊だった奴とは思えないな」
立松「昔のことはよしてくださいな。まぁボーナス弾んでくださいな」
新山「まぁ上にかけあっておくわ。今のスクープの連続でうちの週刊誌はうなぎ登りだが…そ
 の…他方では不倫記事ばかり、書いてて恥ずかしいのか?とかクレームが多いんだ…だから申
 し訳ないが、次からは不倫以外のスクープをとってきてくれないか?」
   立松、ドンと立ち上がり、新山に迫る。
立松「はぁ?それはおれがここでは用無しになったって、遠回しに言っているのか?」
新山、落ち着けと言わんばかりに両手を前に出す。
新山「いや、そうではない。お前の記事はよく取材されて、真実味もある。それは評価してい
 る。しかし、もう今の世の中、不倫記事だけでは食っていけないようになりつつある。方針変
 更と思ってくれ。ただ、これからも不倫記事ばかり書くようなら、ここにはいられないかも
 ね」
立松「俺のスクープでどれだけ、儲けられたと思う。世間がどう思っているか知らんが、不倫記
 事は書くぞ」
新山「ちょっと落ち着け。お前はここに必要だ、お前を切らせないでくれ。今日はもう帰ってい
 いから、少し頭を冷やしてくれ…あっでも小柳未華子の不倫スクープなら考えるかも」
   立松、舌打ちし、机の脚を蹴る。どかどかと歩いて出て行く。

○立松自宅・リビングダイニング(夜)
   小柳未華子(51)、キッチンでお酒を作っている。
   立松、ソファーで足を組んで、新聞を読んでる。
未華子「今日、八木清代の不倫記者会見でまた暴れたらしいね」
   立松、後ろ向かず、横目で、
立松「おれなんかにネタ渡したりして、いいのか、お前ん所の事務所の後輩だろう?」
未華子「いいのいいの、あの子最近現場行っても態度悪いし、スタッフから苦情が多いの。いい
 お灸になったと思うわ」
立松「(薄気味悪い笑顔で)お前も意地悪やな。まぁ、おれはお金が貰えるからいいけどな」
未華子「それにね、あの子、私にも態度悪いし、裏で悪口言ってたし、嫌いだったんだよね。あ
 りがとう、すっきりしたわ。」
立松「まぁおれはスクープ取れるしでいいんだけどな。またいいネタあったら教えて」
未華子「あっ、そのことなんだけど…もうネタがあっても、教えることできくなってきて…」
   バッと後ろを振り向く、立松。
立松「はぁ?どうゆうことだ?」
未華子「(そわそわと)まぁ、その、こう立て続けにうちの事務所のタレントがスクープされてき
 て…事務所側が勘付き始めてきたんだ…」
   キッチンから慌てて出てくる未華子。
立松「そんなこと、関係ないぜ。(顔の前で両手を合わせて)いいだろう、ネタがあったらくれよ」
未華子「(頭を下げて)ごめん、もう協力できなさそう…」
   未華子、ソファーに置いたバックを持って、
未華子「じゃ、今日は帰るわ。また埋め合わせさせて」
   バッと駆け出して、扉を開けて出ていく未華子。
立松「(怒気を混じりながら)おい、待て」
立松、仏頂面でゴミ箱を蹴飛ばす。
立松「クソッ!今に見てやがれ…」

◯ハイアットセントリック銀座玄関前(夜)
   一眼レフカメラを首にかけ、電柱の影に隠れている立松。口に加えたタバコが煙が空に向
   う。
立松「クソッ、未華子め、おれを無下にしやがって。お前の俳優人生を滅茶苦茶にしてやる 
 ぜ…」
   ☓   ☓   ☓
   立松、加えタバコで腕を組み、指をとんとんさせている。
立松「遅えな、今日はここにいると聞いたん
 だがな、ガセか!?」
   ☓   ☓   ☓
   立松の足元には何本のタバコが落ちている。
   ☓   ☓   ☓
立松「ん?未華子か?」
   自動ドアから凛とした佇まいで現れる
   マスクとサングラスで変装した未華子。
   スゥーと角を曲がっていく未華子。
立松「やっといたか。あいつ、変装しているが、すぐに分かったぞ」
   火が付いたタバコを靴で踏んで消す立松。
立松「でも一人か。男はどこだ?」
   追いかける立松。
☓   ☓   ☓
   立松、角を曲がると、未華子が黒いセダンに乗り込む姿を見る。
   すっと電柱の影に隠れる立松。
   バックドアを開け、大河内衛(60)と話し込んでいる未華子。
立松「だ、だれだ?あいつ」
   カメラを構え、ズームさせた画面を見る立松。
   画面には大河内の横顔が映る。
   目の瞳孔が開き、驚きの表情の立松。
立松「こ、こいつは…大河内」
   カメラを手から離し、右腕を押さえ、がくがくと震える。
   大河内、車から降りる。
立松「おいおいおい、大河内は青山芸能プロまで手を出し始めたのか…」
   立松、手が震えながらも、カメラで二人を撮影する。
   未華子が大河内の腕を組んで、ホテルに入っていく。
   立松、バケットハットとマスクを付けて、こっそり入っていく。

◯同・ロビー(夜)
   未華子と大河内、対面で座り、話している。
   大河内の後ろ席に静々と座る、立松。
   机の上に置いてあるボイスレコーダーを大河内達に向けている。
大河内「(意気揚々と)いつもの通り、明日は枕を用意してくれ」
立松「(小声で)やはり」
   立松、ガクガクと震える右腕を掴む。
   立松の前の席に若頭が座る。
   若頭、ハンカチが被せられた銃身を立
   松の前に重々しく構える。
若頭「(にかっと微笑む)まさか、お前がいるとはな」
◯同・会議室内(昼)
   立松和弘(45)、睨みながら、左手で持ったボールペンを膝にペチペチと叩いている。
立松「世間の人、ファンの人に何か一言ありましたら、お伝え下さい」
 立松の周りには大勢の記者達がノートPCに一心不乱にキーボードをカチャカチャと打ち
   込んでいる。
   八木清代(25)が壇上の机の前で少し俯き気味に、
清代「(少し棒読み)私は相手方の家族の関係を壊したことをしたことはもちろん、ファンの皆さん
 も裏切りました…(頭を下げる)」
立松「(威圧気味に)あとは?」
清代「…(長い沈黙)。(号泣)本当にすみませんでした」
立松「おいおいおい、相手の家族の関係を壊しといて、泣いて詫びるだけで済まそうと思ってい
 るわけ?テンプレート通りというか、あんたの言葉ではないというか。もっと言うことはない
 んですか?誠意はないんですか?」
   大勢の記者がこそこそ話をし、横目で立松を見ている。
清代「ど、どうすれば…?」
立松「土下座でもしたら?」
   大勢の記者がざわつく。
   清音、目を大きく開き、悲しい表情や不安な表情を繰り返す。ゆっくり机の横まで歩き、
   ゆっくり腰を下ろし、正座する。床に手を置き、深々と頭を下げる。
清代「も、申し訳ございませんでした」
   大勢の記者が一心不乱にカメラを構え、
   会場中がフラッシュで光り輝く。
   立松、悲しく、虚無な表情で清代をじっと見て、カメラで一枚撮影する。

○週刊文秋編集室(夕)
   書類だらけの机が島のように並べられている。ほとんど、席を空けているが、立松と他に
   一人、机に突っ伏して寝ている。
   立松、椅子の背もたれにもたれて、机に足を置いて寝ている。袖まくりされた右腕には
   痛々しい手術跡が見られる。
   新山学(55)、扉から入ってき、立松に近づく。
   立松、新山を横目で睨むように見る。
新山「今回もいいスクープだったわ。ははは、以前、読売新聞の社会部で汚職事件を追ってた正
 義感の塊だった奴とは思えないな」
立松「昔のことはよしてくださいな。まぁボーナス弾んでくださいな」
新山「まぁ上にかけあっておくわ。今のスクープの連続でうちの週刊誌はうなぎ登りだが…そ
 の…他方では不倫記事ばかり、書いてて恥ずかしいのか?とかクレームが多いんだ…だから申
 し訳ないが、次からは不倫以外のスクープをとってきてくれないか?」
   立松、ドンと立ち上がり、新山に迫る。
立松「はぁ?それはおれがここでは用無しになったって、遠回しに言っているのか?」
新山、落ち着けと言わんばかりに両手を前に出す。
新山「いや、そうではない。お前の記事はよく取材されて、真実味もある。それは評価してい
 る。しかし、もう今の世の中、不倫記事だけでは食っていけないようになりつつある。方針変
 更と思ってくれ。ただ、これからも不倫記事ばかり書くようなら、ここにはいられないかも
 ね」
立松「俺のスクープでどれだけ、儲けられたと思う。世間がどう思っているか知らんが、不倫記
 事は書くぞ」
新山「ちょっと落ち着け。お前はここに必要だ、お前を切らせないでくれ。今日はもう帰ってい
 いから、少し頭を冷やしてくれ…あっでも小柳未華子の不倫スクープなら考えるかも」
   立松、舌打ちし、机の脚を蹴る。どかどかと歩いて出て行く。

○立松自宅・リビングダイニング(夜)
   小柳未華子(51)、キッチンでお酒を作っている。
   立松、ソファーで足を組んで、新聞を読んでる。
未華子「今日、八木清代の不倫記者会見でまた暴れたらしいね」
   立松、後ろ向かず、横目で、
立松「おれなんかにネタ渡したりして、いいのか、お前ん所の事務所の後輩だろう?」
未華子「いいのいいの、あの子最近現場行っても態度悪いし、スタッフから苦情が多いの。いい
 お灸になったと思うわ」
立松「(薄気味悪い笑顔で)お前も意地悪やな。まぁ、おれはお金が貰えるからいいけどな」
未華子「それにね、あの子、私にも態度悪いし、裏で悪口言ってたし、嫌いだったんだよね。あ
 りがとう、すっきりしたわ。」
立松「まぁおれはスクープ取れるしでいいんだけどな。またいいネタあったら教えて」
未華子「あっ、そのことなんだけど…もうネタがあっても、教えることできくなってきて…」
   バッと後ろを振り向く、立松。
立松「はぁ?どうゆうことだ?」
未華子「(そわそわと)まぁ、その、こう立て続けにうちの事務所のタレントがスクープされてき
 て…事務所側が勘付き始めてきたんだ…」
   キッチンから慌てて出てくる未華子。
立松「そんなこと、関係ないぜ。(顔の前で両手を合わせて)いいだろう、ネタがあったらくれよ」
未華子「(頭を下げて)ごめん、もう協力できなさそう…」
   未華子、ソファーに置いたバックを持って、
未華子「じゃ、今日は帰るわ。また埋め合わせさせて」
   バッと駆け出して、扉を開けて出ていく未華子。
立松「(怒気を混じりながら)おい、待て」
立松、仏頂面でゴミ箱を蹴飛ばす。
立松「クソッ!今に見てやがれ…」

◯ハイアットセントリック銀座玄関前(夜)
   一眼レフカメラを首にかけ、電柱の影に隠れている立松。口に加えたタバコが煙が空に向
   う。
立松「クソッ、未華子め、おれを無下にしやがって。お前の俳優人生を滅茶苦茶にしてやる 
 ぜ…」
   ☓   ☓   ☓
   立松、加えタバコで腕を組み、指をとんとんさせている。
立松「遅えな、今日はここにいると聞いたん
 だがな、ガセか!?」
   ☓   ☓   ☓
   立松の足元には何本のタバコが落ちている。
   ☓   ☓   ☓
立松「ん?未華子か?」
   自動ドアから凛とした佇まいで現れる
   マスクとサングラスで変装した未華子。
   スゥーと角を曲がっていく未華子。
立松「やっといたか。あいつ、変装しているが、すぐに分かったぞ」
   火が付いたタバコを靴で踏んで消す立松。
立松「でも一人か。男はどこだ?」
   追いかける立松。
☓   ☓   ☓
   立松、角を曲がると、未華子が黒いセダンに乗り込む姿を見る。
   すっと電柱の影に隠れる立松。
   バックドアを開け、大河内衛(60)と話し込んでいる未華子。
立松「だ、だれだ?あいつ」
   カメラを構え、ズームさせた画面を見る立松。
   画面には大河内の横顔が映る。
   目の瞳孔が開き、驚きの表情の立松。
立松「こ、こいつは…大河内」
   カメラを手から離し、右腕を押さえ、がくがくと震える。
   大河内、車から降りる。
立松「おいおいおい、大河内は青山芸能プロまで手を出し始めたのか…」
   立松、手が震えながらも、カメラで二人を撮影する。
   未華子が大河内の腕を組んで、ホテルに入っていく。
   立松、バケットハットとマスクを付けて、こっそり入っていく。

◯同・ロビー(夜)
   未華子と大河内、対面で座り、話している。
   大河内の後ろ席に静々と座る、立松。
   机の上に置いてあるボイスレコーダーを大河内達に向けている。
大河内「(意気揚々と)いつもの通り、明日は枕を用意してくれ」
立松「(小声で)やはり」
   立松、ガクガクと震える右腕を掴む。
   立松の前の席に若頭が座る。
   若頭、ハンカチが被せられた銃身を立
   松の前に重々しく構える。
若頭「(にかっと微笑む)まさか、お前がいるとはな」
◯同・会議室内(昼)
   立松和弘(45)、睨みながら、左手で持ったボールペンを膝にペチペチと叩いている。
立松「世間の人、ファンの人に何か一言ありましたら、お伝え下さい」
 立松の周りには大勢の記者達がノートPCに一心不乱にキーボードをカチャカチャと打ち
   込んでいる。
   八木清代(25)が壇上の机の前で少し俯き気味に、
清代「(少し棒読み)私は相手方の家族の関係を壊したことをしたことはもちろん、ファンの皆さん
 も裏切りました…(頭を下げる)」
立松「(威圧気味に)あとは?」
清代「…(長い沈黙)。(号泣)本当にすみませんでした」
立松「おいおいおい、相手の家族の関係を壊しといて、泣いて詫びるだけで済まそうと思ってい
 るわけ?テンプレート通りというか、あんたの言葉ではないというか。もっと言うことはない
 んですか?誠意はないんですか?」
   大勢の記者がこそこそ話をし、横目で立松を見ている。
清代「ど、どうすれば…?」
立松「土下座でもしたら?」
   大勢の記者がざわつく。
   清音、目を大きく開き、悲しい表情や不安な表情を繰り返す。ゆっくり机の横まで歩き、
   ゆっくり腰を下ろし、正座する。床に手を置き、深々と頭を下げる。
清代「も、申し訳ございませんでした」
   大勢の記者が一心不乱にカメラを構え、
   会場中がフラッシュで光り輝く。
   立松、悲しく、虚無な表情で清代をじっと見て、カメラで一枚撮影する。

○週刊文秋編集室(夕)
   書類だらけの机が島のように並べられている。ほとんど、席を空けているが、立松と他に
   一人、机に突っ伏して寝ている。
   立松、椅子の背もたれにもたれて、机に足を置いて寝ている。袖まくりされた右腕には
   痛々しい手術跡が見られる。
   新山学(55)、扉から入ってき、立松に近づく。
   立松、新山を横目で睨むように見る。
新山「今回もいいスクープだったわ。ははは、以前、読売新聞の社会部で汚職事件を追ってた正
 義感の塊だった奴とは思えないな」
立松「昔のことはよしてくださいな。まぁボーナス弾んでくださいな」
新山「まぁ上にかけあっておくわ。今のスクープの連続でうちの週刊誌はうなぎ登りだが…そ
 の…他方では不倫記事ばかり、書いてて恥ずかしいのか?とかクレームが多いんだ…だから申
 し訳ないが、次からは不倫以外のスクープをとってきてくれないか?」
   立松、ドンと立ち上がり、新山に迫る。
立松「はぁ?それはおれがここでは用無しになったって、遠回しに言っているのか?」
新山、落ち着けと言わんばかりに両手を前に出す。
新山「いや、そうではない。お前の記事はよく取材されて、真実味もある。それは評価してい
 る。しかし、もう今の世の中、不倫記事だけでは食っていけないようになりつつある。方針変
 更と思ってくれ。ただ、これからも不倫記事ばかり書くようなら、ここにはいられないかも
 ね」
立松「俺のスクープでどれだけ、儲けられたと思う。世間がどう思っているか知らんが、不倫記
 事は書くぞ」
新山「ちょっと落ち着け。お前はここに必要だ、お前を切らせないでくれ。今日はもう帰ってい
 いから、少し頭を冷やしてくれ…あっでも小柳未華子の不倫スクープなら考えるかも」
   立松、舌打ちし、机の脚を蹴る。どかどかと歩いて出て行く。

○立松自宅・リビングダイニング(夜)
   小柳未華子(51)、キッチンでお酒を作っている。
   立松、ソファーで足を組んで、新聞を読んでる。
未華子「今日、八木清代の不倫記者会見でまた暴れたらしいね」
   立松、後ろ向かず、横目で、
立松「おれなんかにネタ渡したりして、いいのか、お前ん所の事務所の後輩だろう?」
未華子「いいのいいの、あの子最近現場行っても態度悪いし、スタッフから苦情が多いの。いい
 お灸になったと思うわ」
立松「(薄気味悪い笑顔で)お前も意地悪やな。まぁ、おれはお金が貰えるからいいけどな」
未華子「それにね、あの子、私にも態度悪いし、裏で悪口言ってたし、嫌いだったんだよね。あ
 りがとう、すっきりしたわ。」
立松「まぁおれはスクープ取れるしでいいんだけどな。またいいネタあったら教えて」
未華子「あっ、そのことなんだけど…もうネタがあっても、教えることできくなってきて…」
   バッと後ろを振り向く、立松。
立松「はぁ?どうゆうことだ?」
未華子「(そわそわと)まぁ、その、こう立て続けにうちの事務所のタレントがスクープされてき
 て…事務所側が勘付き始めてきたんだ…」
   キッチンから慌てて出てくる未華子。
立松「そんなこと、関係ないぜ。(顔の前で両手を合わせて)いいだろう、ネタがあったらくれよ」
未華子「(頭を下げて)ごめん、もう協力できなさそう…」
   未華子、ソファーに置いたバックを持って、
未華子「じゃ、今日は帰るわ。また埋め合わせさせて」
   バッと駆け出して、扉を開けて出ていく未華子。
立松「(怒気を混じりながら)おい、待て」
立松、仏頂面でゴミ箱を蹴飛ばす。
立松「クソッ!今に見てやがれ…」

◯ハイアットセントリック銀座玄関前(夜)
   一眼レフカメラを首にかけ、電柱の影に隠れている立松。口に加えたタバコが煙が空に向
   う。
立松「クソッ、未華子め、おれを無下にしやがって。お前の俳優人生を滅茶苦茶にしてやる 
 ぜ…」
   ☓   ☓   ☓
   立松、加えタバコで腕を組み、指をとんとんさせている。
立松「遅えな、今日はここにいると聞いたん
 だがな、ガセか!?」
   ☓   ☓   ☓
   立松の足元には何本のタバコが落ちている。
   ☓   ☓   ☓
立松「ん?未華子か?」
   自動ドアから凛とした佇まいで現れる
   マスクとサングラスで変装した未華子。
   スゥーと角を曲がっていく未華子。
立松「やっといたか。あいつ、変装しているが、すぐに分かったぞ」
   火が付いたタバコを靴で踏んで消す立松。
立松「でも一人か。男はどこだ?」
   追いかける立松。
☓   ☓   ☓
   立松、角を曲がると、未華子が黒いセダンに乗り込む姿を見る。
   すっと電柱の影に隠れる立松。
   バックドアを開け、大河内衛(60)と話し込んでいる未華子。
立松「だ、だれだ?あいつ」
   カメラを構え、ズームさせた画面を見る立松。
   画面には大河内の横顔が映る。
   目の瞳孔が開き、驚きの表情の立松。
立松「こ、こいつは…大河内」
   カメラを手から離し、右腕を押さえ、がくがくと震える。
   大河内、車から降りる。
立松「おいおいおい、大河内は青山芸能プロまで手を出し始めたのか…」
   立松、手が震えながらも、カメラで二人を撮影する。
   未華子が大河内の腕を組んで、ホテルに入っていく。
   立松、バケットハットとマスクを付けて、こっそり入っていく。

◯同・ロビー(夜)
   未華子と大河内、対面で座り、話している。
   大河内の後ろ席に静々と座る、立松。
   机の上に置いてあるボイスレコーダーを大河内達に向けている。
大河内「(意気揚々と)いつもの通り、明日は枕を用意してくれ」
立松「(小声で)やはり」
   立松、ガクガクと震える右腕を掴む。
   立松の前の席に若頭が座る。
   若頭、ハンカチが被せられた銃身を立
   松の前に重々しく構える。
若頭「(にかっと微笑む)まさか、お前がいるとはな」

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。