僕は僕らしく、彼は彼らしく ドラマ

双子の兄・司が交通事故で死亡し、何も感じない翼。司は人気アイドルであり、死亡 したのを隠そうと両親と芸能事務所代表の高尾。それも死亡した司と翼を入れ替える作 戦である。そして、翼は自分ではなくなるため快く思っておらず、それに嫌いな司に対 しても死者の冒涜と考える。
こたろう 18 1 0 11/11
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

人 物
堤翼(17)堤家次男。司の弟。司と双子の兄弟
堤高雄(47)翼の父
堤翔子(47)翼の母
高尾祐二(55)高尾芸能プロダクション代表
堤司(17)翼の兄。交通事 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

人 物
堤翼(17)堤家次男。司の弟。司と双子の兄弟
堤高雄(47)翼の父
堤翔子(47)翼の母
高尾祐二(55)高尾芸能プロダクション代表
堤司(17)翼の兄。交通事故で死亡
記者
女性の親族
女の子の親族
僧侶

○高岡病院・集中治療室(夜)
   堤司(17)がベッドで横たわっている。目をつぶっている。
   堤高雄(47)と堤翔子(47)は司の手を握り、膝をついて、号泣している。
   堤翼(17)は高雄と翔子の後ろで呆然と立っている。
   翔子、嗚咽を漏らしながら、
翔子「こんなのはあんまりよ」
   高雄、司の手をぎゅっと握る。
高雄「お前はこれからも一杯稼ぐ筈だったのに、親不孝者だ」
   堤、ギュッと両の拳を握る。
   高尾祐二(55)、ドアを勢いよく開ける。
   高尾、ぜぇぜぇと息を切らしている。
   堤、高尾、翔子が高尾に注目する。
   高尾、下を指差しながら、
高尾「おい、どこで情報を流したか分からないが、マスコミが下に来ている」
   高雄と翔子が同時に「何」と叫ぶ。
高尾「クソッ、このままでは司が交通事故で死んだって世間に広まってしまう。間違えだったと
 言わなければ、アイドル司は終わってしまう」
   翔子、高尾の肩を掴み、
翔子「でも、今誤報と言っても、いつかバレるわ」
高尾「それは大丈夫、代理で誰か立てる。そうすればアイドル司が健在する。だが問題は誰にす
 るかだ」
   高雄、腕組みをする。
   高雄、堤の顔を見る。
高雄「そうだ、翼がいる。こいつが司の代わりになればいい」
   翔子、高尾が笑顔になる。
高尾「双子だし、顔、背丈は司とほぼ同じこれならばれない。それに今の所、司に双子の兄弟が
 いることは世間にバレていない、うってつけだ」
   堤、慌てた表情で、
堤「な、なぜそんな話に。ぼ、僕は司の代わりなんてできないよ。それに世間は騙せても他の親
 戚はどうするんだ」
   高雄、堤の肩をガシッと掴み、
高雄「それは大丈夫だ、お前は死んだことにし、今から司となれ。そうすれば、世間も親戚も騙
 せる。いいな、お前はもう翼を名乗るな」
   堤、その場に座り込む。
高尾「君が死んだことにすることによってマスコミも追っかけてこないはずだ。これで安心だ。
 まだまだ稼げるぞ」
   高尾、不敵な笑いをする。
   翔子、涙をハンカチで拭く。
翔子「(笑顔で)これで私達の方も安泰だね、お父さん」
高尾「(笑顔で)そうだな、ははは。まだまだ稼いで貰わなくちゃ困る困る」
   堤、一粒涙が右頬を伝う。
   高雄、翔子、高雄が高笑いする。
◯同・玄関(夜)
   記者、スマホを耳に当ててる。
記者「どうも、堤司の死亡は誤報でその弟が死んだらしい。弟が居たなんて初めてしったわ」
   記者、うんうんと言う。
記者「おれも怪しいと思うんだ、勘だけど。もう少し探ってみるわ。じゃ、切るわ、お疲れ様」
   記者、スマホを耳から話し、指で画面をタッチする。
   記者、病院を見上げて、去っていく。

◯のじり葬儀店・ロビー(夜)
   「堤翼儀葬儀式場」と書かれた看板が立ってある。
   翔子の前を会釈しながら、通過していく人達。翔子、暗い顔で会釈する。
   記者、翔子の前に立ち止まり、
記者「(会釈して)お悔やみ申し上げます」
翔子「(会釈して)ありがとうございます」
   堤、人の流れを眺めている。
   堤の前に女性親族と手を繋いだ女の子の親族が立ち止まり、会釈する。
堤「(会釈して)本日はありがとうございます」
女性親族「翼くんのこと驚いたわ。交通事故なんだって?あんまりだわ。いつも娘と遊んでくれ
 て、優しく他人思いでいい子だったのに」
堤「今の言葉、翼に聞かせてあげたかった。僕は胸がすく思いです」
女性親族「あら?司くん、いつの間にそんな大人っぽいこと言えるようになったのだね」
堤「(目を逸し)え、ええ」
女姓親族「お父さんとお母さん、支えてあげていってね、ではまた」
   堤、会釈する。
   女性親族が女の子親族の手を取り、歩いていく。女の子親族、転ぶ。
   堤、慌てて、女の子親族を抱き上げて立たせる。
   女性親族、笑顔で
女の子親族「ありがとう」
   堤、女の子親族頭を手でポンポンとし、
堤「いいえ」
   女の子親族、女性親族まで走って行く。
女の子親族「司お兄ちゃん、優しくなったね」
女性親族「そ、そうだね。多分、大人になったんだよ」
  堤、二人を見つめる。

◯同・斎場(夜)
   僧侶、棺桶前でお経を読んでいる。
   僧侶、お経を読みながら手を差し出す。
   焼香前に参列者が並んでいく。
   焼香台の右隣に高雄と堤が並んで立つ。
   焼香が終わり長く拝む高尾。高雄と堤に向かい、お辞儀をする高尾。
   高雄、堤、深くお辞儀する。
   高尾、顔を上げ、小さく口角を上げる。
   堤、両拳をギュッと握る。右掌に爪が食い込んだ血の跡がある。
   記者、焼香台前で抹香を摘み、額の前まで持っていく。
   記者、横目でちらっと堤を見る。
   記者、抹香を香炉にパラパラと落とす。
   左手の数珠を右掌に合わせて合掌する。
   記者、高雄と堤に一礼をし、ゆっくりと歩いて席に戻る。
   ☓  ☓  ☓
   高雄、マイクスタンド前に立ち、一礼をする。一同、一礼する。
   堤、俯いたまま親族席に座っている。
   高雄、一呼吸を入れ、
高雄「本日は、ご多用にもかかわらず、亡き息子翼のために、お通夜にご参列くださいまして誠
 にありがとうございます。翼もこのように皆様に見守られまして、喜んでいることと存じま
 す」
   一同、固唾を呑んで座っている。
高雄「翼は人が困っていると助けたくなる優しく、堅実な子でした」
   堤、上の空。
高雄「双子ですが、性格が全然違いました。司みたいにスター性はなかった、ですが、翼は人に
 頼られる性質がありました」
   堤、膝上の拳をギュッと握る。
高雄「この前も私の父の介護を頼まれ、何も嫌な顔せず父の世話をしに行ってくれました」
   堤、目をギュッと瞑り、拳がガタガタ震えている。
高雄「私はそんな翼の姿を見て、誇りに思いました。私はこれからも翼のことを忘れないよ…」
   堤、バッと立ち上がり、
堤「(大声で)もう止めよう」
   一同、堤に注目が集まる。
   翔子、堤の裾を引っ張り、
翔子「きゅ、急にど、どうしたの?司?」
   堤、翔子の手を払い、
堤「僕は司ではない、翼だ」
   一同、ざわざわする。
   記者、ノートを出し、不敵に笑う。
堤「今日の式は実は司の式のためだった。だけど、おとうさん、おかあさん、そしてそこにいる高尾さんが僕と司の死を入れ替える悪巧みをしたのです」
   堤、高尾を指差す。
   一同。ざわざわする。
   高尾。唇を噛み、血が流れる。
高雄「おい、だまれ。翔子、つか…翼を外に出せ」
   翔子、堤の腕を掴み、
翔子「こっち来…」
   堤、思いっきり腕を払う。
堤「うるさい、それに今更翼で貫き通すな。何度でもいる、僕が翼だ」
   高雄、堤に駆け寄り、胸倉を掴む。
高雄「(怒りながら)おい、なんてことしてくれたんだ、おい」
堤「うるさい、僕はもううんざりだ。あんた達の行動には。これじゃ、司も報われない。僕は司
 のことは苦手いや嫌いだったけど、これは司へ顔向けできない。侮辱だ。あんた達の私利私欲
 のために死んでも司を使われて、静かに眠れないよ」
   堤、涙を流す。
   記者、ノートに走り書きをする。
記者「(小声で)スクープだ。堤司は実は死亡していた。それも兄が成り代わっていたとは、最
 初からおかしいと思っていたしね」
   高雄、震えている。
高雄「く、くそ、俺達の作戦が台無しだ…」
堤「もう、知らない。これでいいんだ。それにお父さんは知らないけれど、司はもう芸能をやめ
 たいと一度呟いていたんだ。死んでも芸能人させるのは酷だよ」
   高雄、歯を食いしばる。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。