新訳七夕物語 -新棚機津女- 恋愛

たとえば小さな白い点に少女の指先が触れようとする時のような。それが星だとか心だとか誰かの指先であるとか。そんな光輝く一瞬の瞬きで消えてしまいそうな儚くも力強いものを恋とよぶ。ある日の事である。 真っ黒い空に少女は両手を伸ばした。宙に浮かんだ羽衣は白い輝きを繊維に織り込み。ふわりと綺羅星は広く散開していく。
Yuki Shohei 22 0 0 04/11
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

...続きを読む
「新訳七夕物語 -新棚機津女-」(PDFファイル:348.83 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

「新訳七夕物語 -新棚機津女-」(PDFファイル:348.83 KB)
ダウンロード
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。