時間のパラドックス SF

ある日歩いていると、時間の入り口が出てきた。
荻野潤一 16 0 0 02/23
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

ある日歩いていると、時間の入り口が出てきた。
私は、時間の入り口に入った。そこは、不思議な街だった。
宇宙人が住んでいる街であった。私は、宇宙人と会話した。
地面の入り口には ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

ある日歩いていると、時間の入り口が出てきた。
私は、時間の入り口に入った。そこは、不思議な街だった。
宇宙人が住んでいる街であった。私は、宇宙人と会話した。
地面の入り口には、地底の入り口もあった。
地底にも、住人がいるのかと不思議に思った。
現代では、地下鉄のあるのだから、何ら不思議ではない。
空飛ぶ家もあった。電話機のディスプレイに、9999年と書いてあった。
私は、時間機械の開発をしていた。私は、昔の通知表を見た。
そこには、時間光学10と書いてあった。
不思議な日々、私は、惑星に、旅をしようと言ったら、惑星が動いた。
太陽系が動いているのを見て、不思議に思った。
雷がなった。時間の果てにある宇宙に来ていた。
宇宙人はどうなるのか、というのを考えたこともあった。
宇宙人翻訳機械というものも作った。

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントを投稿するには会員登録・ログインが必要です。