年下の男(百演・採用作品) コメディ

レプロエンターテインメント「百演」に応募・採用されたコント作品です。 女子大生のひよりと春菜の2人は、後輩の男子・神木進之介の思わせぶりな態度や言動に翻弄されていたが、同級生の不二子に諭され、ようやく冷静さを取り戻す。しかし不二子は、、、
井出眞諭 133 0 0 11/24
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

登場人物
 ひより(20)女子大生
 不二子(20)女子大生
 春菜(20)女子大生
------------------------------------------- ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

登場人物
 ひより(20)女子大生
 不二子(20)女子大生
 春菜(20)女子大生
----------------------------------------------------------------------------------
本文
   舞台心で、ひよりと不二子。
ひより「マジなにあいつ」
不二子「ひより、どうしたのよ?」
ひより「1年の神木進之介」
不二子「あぁ、あのかわいい男の子?」
ひより「かわいくない。ぜんっぜんかわいく
 ない」
不二子「なに、神木くんがどうかしたの?」
ひより「不二子、聞いてくれる?」
不二子「なになになに」
ひより「あいつさ、『女なんて、あれ? 痩
 せました? とか、髪切りました? って
 言っときゃ、だいたいご機嫌になるんす
 よ』とか言ってんのあいつ」
不二子「は? はぁ?」
ひより「は? でしょ?!」
不二子「はぁ? なにあいつ」
ひより「そんでさ、あたしが聞いてたのぜん
 ぜん気づいてなかったみたいでさ、さっそ
 くよ? あれ? ひよりさん、太りました
 ぁ? とか言ってんの。マジくそでしょ」
不二子「え、待って待って待って。え?」
ひより「太ってねーわ! こっちは2キロ痩
 せたんだよ!」
不二子「ちょっと、ひより落ち着いて!」
ひより「毎日毎日、トクホしか飲んでねーん
 だよ、こっちはよぉ!」
   袖から春菜がくる。
春菜「ちょっと、ひよりどうしたの? お腹
 減ったの?」
ひより「減ってねぇし!」
春菜「なんかあった?」
不二子「春菜ごめん、今ね、ひよりね、お腹
 空いてるみたい」
ひより「だから、お腹は空いてないの!」
春菜「まぁいいじゃんいいじゃん。それより
 さ、どう? わかる?」
不二子「なにが」
春菜「や、だからさ、ほら」
   春菜、手で髪の毛をなびかせる。
ひより「……」
不二子「……」
ひより「え、そこ、ちっこい虫いるの?」
春菜「いないわよ! そうじゃなくてほら」
不二子「え、なに? もうわかんない」
春菜「ふっふっふー。『あれ? シャンプー
 変えました?』って言われちゃった」
ひより「……」
不二子「……」
ひより・不二子「神木だな?」
春菜「そお、神木く~ん」
ひより「シャンプーかえたの?」
春菜「変えてないわよ」
不二子「はぁ? 何自慢なのそれ?」
春菜「や、だからぁ、神木くんいつもあたし
 の匂い意識して嗅いでるって事でしょ?  
 言わないよ普通。18かそこらの小僧が、 
 シャンプー変えました? って言う?」
ひより「言わないかな? 言うかもよ」
不二子「言わないね」
春菜「もぉ、どうしよう!」
ひより「どうもしねぇよ」
春菜「あとね、それからね」
不二子「まだあんの?」
春菜「春菜さんって、部屋とかもすげー綺麗
 そうですよねぇ、だって! どうする? 
 どうするどうするど~する~? 見たいの
 かな? あたしの部屋、見たいのかな?」
不二子「もう落ち着いてよ」
ひより「まぁたしかに春菜って、掃除大好き
 だもんね」
春菜「当たり前じゃない。常に部屋を綺麗に
 しておけば、いつだって、狙ってる男子を
 部屋に呼べちゃうんだから」
不二子「ねぇ春菜」
春菜「なぁに?」
不二子「あんた影でなんて呼ばれてるか知っ
 てる?」
春菜「え……なんて呼ばれてるの?」
ひより「ダイソン」
   間。
春菜「……ダイソン」
不二子「あれ、それって最初に言い出したの
 神木くんじゃなかった?」
ひより「あ、そうだ、神木だった」
春菜「ダイソン……悪くないかも」
ひより「春菜、いい加減、目ぇさましなよ。
 影でダイソンて言われてんだよ」
春菜「ひよりだって、神木くんに影でけっこ
 う言われてるよ。知らないの?」
ひより「うそ、なんて?」
春菜「トクホの女」
ひより「え……トクホの女? あいつそれ知
 ってて、なんであたしに太りました? っ
 て聞いたわけ?」
不二子「単純にひよりに興味ないってことじ
 ゃない?」
ひより「なにそれ、あ~もうくやしい~!」
不二子「もういいじゃん。神木くんの言うこ
 となんかいちいち気にすることないよ」
ひより「だよね。ダイソンよりマシだしね」
春菜「あ~あ、なんだかあたしもだんだんバ
 カらしくなってきた」
不二子「それじゃ、あたし神木くんと学園祭
 の打ち合わせしてくるから、またね」 
ひより「え、そうなの?」
春菜「よろしくね」
   不二子、デカいサングラスをかけて颯
   爽と歩いていく。
春菜「……あのサングラス、この前も神木く
 んにスルーされてたよね?」
ひより「神木に女優きどりって言われてた」
   
   暗転。

この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。