床暖房設置物語 ~月面基地編~ ギャグ

満田朋哉(26)の勤める会社は、月面基地への床暖房設置工事を受注した。ただし、その工事に行くためには過酷な宇宙飛行訓練を受ける必要があって……。
マヤマ 山本 21 0 0 04/30
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

<登場人物>
満田 朋哉(16)(26)下請け業者社員
明智 美香(25)空調機メーカー社員
新海 朗(32)(42)下請け業者社長



<本編> 
○民家・外観 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

<登場人物>
満田 朋哉(16)(26)下請け業者社員
明智 美香(25)空調機メーカー社員
新海 朗(32)(42)下請け業者社長



<本編> 
○民家・外観
   施工業者のトラックが停まっている。

○同・リビング
   床暖房の設置作業を行う満田朋哉(26)ら作業員達。
満田「ほい、次のパネルちょうだい」
満田M「床暖房」
    ×     ×     ×
   作業が完了した室内。子供達が寝転がるなどしている。
満田M「それは家の中の小さなオアシス」

○事務所・外観
   駐車場にトラックが停まっている。花壇には花が咲いている。
満田M「俺は、そんな小さなオアシスを作る」

○同・オフィス
   満田ら従業員の前に立つ新海朗(42)。
満田M「小さな小さな仕事をしている」
新海「みんな。月に行きたくはないか?」
満田「はい?」

○メインタイトル『床暖房設置物語 ~月面基地編~』

○(ニュース映像)
   月面に建設された基地。
美香の声「人類による宇宙開発の新たなる拠点・国際月面基地が完成したのが、約一年前」

○(イメージ)月面基地
   暑がったり、寒がったりする多国籍の宇宙飛行士達。
美香の声「しかし月面の気温は、昼間は一一〇度、夜はマイナス一七〇度。暑くて寒い。空調設備をフル活用して、昼間は何とか凌いでいるけど、夜はきつい」
   会話をする多国籍の宇宙飛行士達。
美香の声「(映像の宇宙飛行士達が話しているかのように)『おいおい、この寒さ何とかならないのかよ』『これ以上、暖房かける訳にもいかないだろ?』『じゃあ、床暖房を導入しよう』『それいいね』」

○事務所・オフィス
   明智美香(25)の話を聴く満田ら従業員達と、美香の隣に立つ新海。
美香「……という訳で、弊社の床暖房システムをご購入いただき」
新海「その設置作業をウチが請け負った、という話だ。いつもの事だろ? 作業場所が『月』な事以外は」
満田「そこが問題なんスけどね」
美香「ご安心ください。交通費は弊社が負担いたしますし、私も通訳兼弊社代表として帯同いたしますので」
新海「行きたいだろう? 月だぞ?」
満田「……まぁ、俺は社長がそう言うなら」
   頷く従業員達。
満田「で、いつ行くんスか? さすがに今日明日って話じゃないっスよね?」
美香「当然です。まずは宇宙に行くための準備をしていただきます」
満田「準備?」

○宇宙センター・外観

○同・中
   ランニングマシン上で走る満田、新海、美香ら。倒れ込む満田。周囲には同じく倒れ込んだ従業員達の姿。
満田「きっつ……」
    ×     ×     ×
   重力加速度訓練を受ける満田、新海、美香ら。失神する従業員も多数おり、満田も終えた頃にはフラフラ。
満田「何だ、これ……」

○事務所・更衣室
   着替えをする満田ら従業員達。疲労困憊の様子。人数も減っている。

○宇宙センター・中
   座学を受ける満田、新海、美香ら。睡魔と戦う満田。
    ×     ×     ×
   閉鎖環境訓練を行う満田、新海、美香ら。耐えられず発狂する従業員も出てくる。

○事務所・外観(夜)

○同・更衣室(夜)
   着替えを終える満田。周囲を見回すと満田以外の全てのロッカーが空。

○同・オフィス(夜)
   席の上にある退職届の山を見つめる新海。そこにやってくる満田。
満田「社長、お疲れ様っス」
新海「……なぁ、朋哉。俺、間違ってんのかな?」
満田「え?」
新海「俺は子供の頃、宇宙飛行士になるのが夢でな。でも、みんなは違う。もしかして俺は自分の夢を、『月に行きたい』って夢を、押し付けてるだけなのかな?」
満田「……かもしんないっスね。訓練、きついっスもん」
新海「そうか……」
満田「でもね、社長。世の中には、自分一人じゃ夢見つけらんない人間もいるんスよ」
   笑う満田。
満田「そういう人間からしたら、むしろありがたいっス」
新海「朋哉……」
満田「じゃあ、お先っス」
   出ていく満田。

○同・前(夜)
   出てくる満田。空を見上げる。尚、花壇の花は枯れている。
満田の声「上等だ、こら!」

○(回想)満田の実家
   母親と口論する満田(16)。
満田「こんな家、二度と帰るか!」

○(回想)事務所・前
   大荷物を抱え、花壇に腰掛ける満田。その肩を叩く新海(32)。
新海「小僧、家出か?」
満田「……関係ねぇだろ」
新海「行く所ないなら、ウチに来るか?」
満田「え?」
新海「ウチでいい夢、見させてやるよ」
   笑う新海。

○同・同(夜)
   空を見上げる満田、月に手を伸ばす。
満田「待ってろよ。月」

○公園(夜)
   走ったり、筋トレをしたりする満田。

○宇宙センター・中
   ランニングマシン上で走る満田、新海、美香。走り切る満田。

○寮・満田の部屋(夜)
   勉強する満田。

○宇宙センター・中
   宇宙船の操縦シミュレーターを使って訓練する満田。的確にスイッチを選ぶ。
    ×     ×     ×
   座学を受ける満田、新海、美香。

○事務所・前
   花壇の花に水をやる新海。

○同・オフィス
   分厚い手袋を手にチューブを配管する練習をする満田と、アドバイスする新海。

○宇宙センター・中
   宇宙服を着て、水中でチューブを配管や床下での作業の訓練をする満田。見事にこなす。
    ×     ×     ×
   重力加速度訓練を受ける満田、新海、美香。耐えきる満田の姿を見て笑みを浮かべる美香。

○雪原(夜)
   サバイバル訓練を受ける満田、新海ら。焚火を囲みながら寒さに震える。

○同(朝)
   美香や多国籍の訓練スタッフが待つ拠点に、無事に戻ってくる満田、新海ら。

○宇宙センター・発射場
   スペースシャトルの打ち上げ準備中。
    ×     ×     ×
   宇宙服姿で並んで歩く満田、新海、美香(『アルマゲドン』風)。
満田の声「あ、もしもし、おふくろ?」

○(回想)寮・満田の部屋(夜)
   スマホで通話する満田。
満田「俺、今度宇宙に行く事になったわ」

○宇宙センター・発射場
   発射されるスペースシャトル。
満田の声「お土産、楽しみにしといて」

○事務所・外観
   花壇には花が咲いている。
                  (完)

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。