僕は関係を進展させることを決意する ドラマ

小中とゴミ虫と呼ばれ続けた主人公、鳴上遼は無事、二年に進学することができ、入学式以前より好きだった七瀬咲良ととある事情で知り合った一つ年上の宇佐谷羽奏と高校に入りたての頃、姉が働く喫茶店で知り合った萱島仁子と天真爛漫で悪戯好きな青空姉妹と写真部という部活に所属しながらそれぞれ関係を進展させて行く。そんな恋多き主人公は、翌年の一月一日、一体誰をどのような形で選ぶのか、これは一人の男子高校生を巡って女子校生たちがそれぞれに遠慮しながらも想いを告げてゆくドキドキが止まらない青春ラブコメ物語である。
小鷹 心 21 0 0 06/18
本棚のご利用には ログイン が必要です。

第一稿

登場人物
鳴上遼(一ノ瀬遼)(16・17・4・14・15・21) 高校生
七瀬咲良(16・17・4・21) 高校生
宇佐谷羽奏(17・18・15・22) 高校生
萱島 ...続きを読む
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
 

登場人物
鳴上遼(一ノ瀬遼)(16・17・4・14・15・21) 高校生
七瀬咲良(16・17・4・21) 高校生
宇佐谷羽奏(17・18・15・22) 高校生
萱島仁子(17・18・16・22) 高校生
青空天(15・16・20) 高校生
青空海(15・16・20) 高校生
鬼柳隆盛(16・17・21) 高校生
佐江戸渉(17・18・22) 高校生
君嶋蓮華(18・22) 高校生
一ノ瀬凛(鳴上凛)(25・26・30) 喫茶店定員
鳴上華(一ノ瀬華)(13・14・18) 中学生


鳴上涼香(一ノ瀬涼香)(43・44・48)主婦
一ノ瀬勇人(故 39)喫茶店店長
君嶋蓮(45)喫茶店店長
宇佐谷龍三(50・48)アパレル会社社長

取り巻き1〜6(16) 高校生
先生(38) 教師
保健医(28) 雇われ保健医
おばちゃん(58歳) 購買部にいる人。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯(回想)学校・教室(朝)
T「一年前の五月下旬」
ぽつぽつと何人か生徒がいる教室の後ろの扉側の席に座っている二人。
鳴上「(眠そうな声で)おはよう七瀬さん」
欠伸をする。目をぱちくりさせる。七瀬咲良(15歳)に挨拶する鳴上遼(15歳)
◯学校・教室(昼)
携帯を見る鳴上。
ハッとなって思い出す。
×        ×        ×
フラッシュバック。
佐江戸「明日から入部届け受付開始するから二年はこの間決められた役割を実行するように」
×        ×        ×
チャイムが鳴る。最小限の動きで挨拶する鳴上。急いで教室を出る。
◯学校・購買部(昼)
はぁはぁと息を切らして肩で息をする鳴上。
タオルと飲み物が入った袋を持って近付いてくるおばちゃん(58歳)。
鳴上「はぁはぁ……。おばちゃん。いくら?」
おばちゃん「四つ合わせて960円だね」
タオルを受け取って汗を拭く。聞いて財布からお金を出して渡す鳴上。
◯学校・写真部部室(昼)
鳴上「毎年恒例なんですかそれ」
女王様の格好をしている宇佐谷羽奏(17歳)。
縛り上げられてる佐江戸渉(17歳)。
宇佐谷「恒例行事? 勘違いしてはダメ。この男がまた約束をすっぽかしたから縛り上げているだけですよっ!」
縛り上げられてる佐江戸。鞭で叩く宇佐谷。
紅潮させる佐江戸、ヒィィィィ!と言う。
鳴上「もうすぐ新入部員来るから程々にお願いしますよ宇佐谷先輩」
はぁと溜息をつく鳴上。愚痴るように言う。
鳴上「宇佐谷先輩。そういえばなんですけど、仁子来るんですか?」
宇佐谷「どうかしら。あの子は知らない人が来る場所には顔を出すことはないから。たぶん、寮の自分の部屋でここの映像見てるんじゃないかしら?」
×        ×        ×
携帯が鳴る。メッセージを確認する鳴上。
『もうそろそろそっちにつく。コーラ、私のコップに入れとけよ』
と、萱島仁子(17歳)からメッセージが届いてる。
急いでコーラが入ったペットボトルを取り出す鳴上。

閉じる
この脚本を購入・交渉したいなら
buyするには会員登録・ログインが必要です。
※ ライターにメールを送ります。
※ buyしても購入確定ではありません。
本棚のご利用には ログイン が必要です。

コメント

  • まだコメントが投稿されていません。
コメントをするには会員登録・ログインが必要です。